--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ8話、チェガンヒ、チソン‘キス’

2011年08月28日 19:11

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ8話、‘キス’⑤

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ8話、チェガンヒ、チソン‘一人立ち’

このような状況の中でジホンウンウンソルなしで、一人立ちを準備していた。
公園に出て歌を歌うかと心臓の動きが早くなることが、パニック障害の場合とは異なるものだと言うウンソルの言葉を思い出しながら、運動もしていた。
この後ジホンは、“これから3分スピーチを始めます。私は今、努力中です。ノウンソルに頼らずに逞しくなるために。しかし、まだノウンソルがいないとダメです。反省して努力するからどこへも行かずにいてくれ。頼むよノウンソル”とビデオメッセージを送信した。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ8話 チソン チェカンヒ 
ボスを守れあらすじ、ボスを守れ8話 チソン チェカンヒ

ノウンソルは、“これがどこが3分スピーチなの。”と一人でにっこりしながら、感動して涙を浮かべた。
続いて、チャジホンは、直ぐ、ノウンソルに電話をかけ、“ノウンソル、感動を受けてない?”と確認してノウンソルに笑みを浮かばせた。
ウンソルは何もなかったように、感動してないと答えていた。
ジホンがウンソルにどこにいるかを聞き、会社にいると答えるウンソルに会社まで迎えに行くという言ったが、ウンソルは断った。
しかし、ジホンは“ノウンソル、足がいたいだろう。”と言って、電話を切ってしまった。
ウンソルはジホンが会社の前に着いたと言う連絡をもらい、エレベーターへ乗ろうとしたが、エレベーターの中にはチャ会長が乗っていた。
ウンソルはジホンにメッセージを送ろうとしたが、チャ会長の問い詰めにメッセージを送れなかった。
会社の前に出たチャ会長とウンソルの目の前にはウンソルを迎えに来たジホンが待っていた。
チャ会長はウンソルに“付き合うのは駄目だと言った。”と強調するが、ジホンがウンソルを引っ張って車に乗せた。
車に乗って落ち着いたジホンは腕が痛くないかなど、優しく聞いた。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ8話 チソン チェカンヒ 
ボスを守れあらすじ、ボスを守れ8話 チソン チェカンヒ

家までウンソルを送ったジホンは秘書を辞めると言ったウンソルに向けて“私が一生懸命に頑張るから。頼れる男になるから。少しだけ、もう少しだけ待ってくれ。好きになってくれることは望まないから秘書でもそばにいてくれ。”とウンソルを説得しようとした。
引き続き、ジホンは“その間、私はノウンソルをずっと好きでいるつもりだ。ノウンソルは客観的に”と言いながら、再び自分の心を現わし、これにノウンソルは、“どんな男が隙間があったら直ぐに、告白をしますか”とジホンの告白を止めた。
しかし、時も場所も関係ないジホンの告白がウンソルの心を揺るがしている状況。
ウンソルはジホンに“私が洗脳されたでしょう。私の心も、頭も知らないふりをしようとしても出来ないじゃないですか?”と言いながら“私の大脳の変形系にも本部長が刺されています。それは間違いないです。しかし、よく分かりません。ずっと気になり、心配になり、そうするのにそれが男としてなのか、でなければ、子供もような感じで打ち込まれたのかよく分かりません。”と打ち明けた。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ8話 チソン チェカンヒ 
スを守れあらすじ、ボスを守れ8話 チソン チェカンヒ

このようなウンソルの告白にジホンは慌てたような姿を見せたが、すぐジホンへの心が判断がつかないというウンソルに“確認したら良いだろ”と言いながら家に向かう彼女を引き止めて、甘いキスをした。
二人の短いキスシーンに視聴者たちは物足りなさを表わした。
ボスを守れの視聴者は“最後のキスシーンは本当に甘かった”“キスシーン、どうしてこんなに短いのか残念だ”“愛しき二人、キスも愛しかった”など、様々な意見を掲示板に載せた。
次回のボスを守れあらすじ、ボスを守れ9話、ボスを守れあらすじ9話をお楽しみに…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/80-a11b912b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。