--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘過去’

2011年08月25日 17:38

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘過去’

ボスを守れあらすじ、ボスを守れあらすじ7話は4回に渡って掲載されますので、最後までよろしくお願いします。
ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話、チソン‘兄の死’では、ジホンのパニック障害の原因とジホンへのナユンの心が描かれています。
ここからはボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話、チソン‘兄の死’になります。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話、チソン‘兄の死’

‘ボスを守れ’チソンがワンジヘと会うことができない理由を明らかにした。
チャジホン(チソン)のパニック障害の理由が少しずつ明らかになりつつある。
8月24日に放送されたSBS TV水木韓国ドラマ‘ボスを守れ’(グォンギヨウン脚本、ソンジョンヒョン演出)7回放送分、ボスを守れ7話で、ソナユン(ワンジヘ)は、チャ会長(パクヨンギュ)に、自分の心がチャジホン(チソン)にある事実を明らかにした。
これに、チャ会長はチャジホン、ソナユン、ソナユン母親ファン館長(キムチョン)との食事の席を用意した。
しかし、この席でチャジホンはソナユンとの関係が完全に終了したことを明らかにした。
チャジホンは父の意図に不合理に思って“私、あのこと結婚できない。”と宣言した。
ジホンはチャ会長、“あの子が海外へ行った日、父の息子が死んだ”と言った。
これに、ファン館長は“チソクの事故をなぜ、私のナユンのせいにするの?”と言いながら、“それは事故だった。”と促した。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘過去’ チソン ワンジヘ 
ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘過去’ チソン ワンジヘ

続いて、チャジホンは“ナユンではなく、私のせいだ。理由も言うずに去って行く女を捕まえに行ったが、私の代わりに兄が死んだ”と“ナユンを見ていると思い浮かぶはずなのに、どうやって会えるか?”と自分を叱責した。
そのようにチャジホンは、先に席を蹴飛ばして出て来て、その後をナユンがついて出て来た。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘過去’ チソン ワンジヘ 
ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘過去’ チソン ワンジヘ チェカンヒ

急いで走ってきたせいで、ソナユンが転ぶことになり、チャジホンは見かねて彼女に近寄って何とか力を貸した。
そして、チャジホンは、“さっき言った言葉、ノウンソルを保護する言葉ではなく私の心だ”と再度強調した。
これに、ナユンは、“慣れれば大丈夫。毎日思い出すことはない。”とチャジホンを説得しようとしたが、チャジホンは“違う、ずっと思い出すだろう。私はその日のことを忘れることができない。わつぃが信じていた二人が私を裏切った日でもあるだろ。”と言って寂しく背を向けた。
ボスを守れ前回の放送でチャジホンはナユンが外国に去った日、空港で謎の電話を受け、パニック障害に苦しめられることになった。
失恋の傷と、突然の兄の死がパニック障害の原因と推測される。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘過去’ チソン チェカンヒ 
ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘過去’ チソン チェカンヒ

以来、会社に戻って来てノウンソル(チェガンヒ)を見たチャジホンは、“ノウンソルを見ていると悪い記憶が全て消えていく。”と話した。
そして、ジホンは“事前に許諾をもらう。ちょっとだけ抱かせて。”と言ってノウンソルを抱きしめた。
最初は嫌だとしていたノウンソルもチャジホンの甘えに渋々、“ちょっとだけです。”と言ってジホンを抱いていた。
すると、チャジホンは“ノウンソルはどこにも行かないで”とお願いし、ノウンソルは“本部長だけが私を解雇しなければ大丈夫。”と答えジホンに笑みを浮かばせた。
その後、チャジホンはノウンソルを抱っこして、心の安定を取り戻した。
しかし、チャ会長がチャジホンとチャムウォンが同時にノウンソルを好んでいるという事実を知ることになって、別の難関を予告した。
ボスを守れ8話は8月25日に放送を予定している。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/71-0542d57f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。