--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘告白’ボスを守れ7話視聴率

2011年08月25日 17:31

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘告白’ボスを守れ7話視聴率

‘ボスを守れ’視聴率は16.3%、‘ボスを守れ’7話視聴率下落にも水木韓国ドラマ2位

SBS TV韓国ドラマ‘ボスを守れ’の視聴率が小幅下落した。
視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチの集計結果によれば去る8発24日に放送された‘ボスを守れ’6話は、全国一日視聴率16.3%を記録した。
これは、前回放送分、‘ボスを守れ’6話の17.8%より1.5%ポイント下落した数値だが、‘ボスを守れ’は、エキサイティングなストーリー展開で、連日好評を続けている。
8月24日の‘ボスを守れ’7話で秘書ノウンソル(チェカンヒ)は、自分の心が本部長チャジホン(チソン)に向かっていることに気付いて、‘ピンク’の関係を示唆した。
一方、同時間帯放送されたMBC TV韓国ドラマ‘負けたら終わり’は6.2%を、KBS 2TV韓国ドラマ‘姫の男’は18.6%をそれぞれ記録した。
ボスを守れあらすじ7話は4回に渡って掲載されるつもりです。
ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘告白’ではムウォン(JYJ,キムジェジュン)がチェガンヒへの心を告白するシーンとジホンとムウォンの戦いが主な内容になります。
ここからは、ボスを守れ7話あらすじパート1、ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘告白’です。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話、キムジェジュン、チェガンヒへ告白‘一緒にいると楽しい’

‘ボスを守れ’キムジェジュンがチェガンヒに好きだと告白した。
8月24日に放送されたSBS TV水木韓国ドラマ‘ボスを守れ’(グォンギヨウン;脚本、ソンジョンヒョン;演出)7回放送分、ボスを守れ7話で、チャムウォン(キムジェジュン)は、ノウンソル(チェガンヒ)に“ムヌニム(ムウォン+神様)は嫌い、人間に下ろして”と“男として近付いていく”と告白した。
これに当惑していたノウンソルは、“私が正しく理解しているならば、本部長が私を女性として考えていると言うことで…これは言わば…”と言いながら混乱だと表情を表わした。
すると、チャムウォンは“それは、即ち、ノウンソルさんが好きだと言う意味だ。”と“ノウンソルさんが好き。一緒にいると楽しい”と、もう一度自分の気持ちを表現した。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘告白’ キムジェジュン チェカンヒ 
ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘告白’ キムジェジュン チェカンヒ チソン

その瞬間、ノウンソルはチャジホンを思い出していたが、“急にこのような状況でなぜ?”と、慌てていた。
すると、チャムウォンはウンソルの発言を誤解して“このような状況で、突然に話しをしようとしたわけではない。私も戸惑うのは同じだから理解できる。”と言っては、“ノウンソルさんを好きだったけど、それがどのくらいか正確に知らなかった。”と説明した。
そう言っては、“しかし、予想できずに告白して見たら分かるような気もする。私が思っていたより、もっとノウンソルさんが好きだということを”と再度強調した。
ちょっと、どうすればよいのか戸惑っていたウンソルは、外に立っているチャジホン(チソン)を発見した。
そして、チャムウォンに“告白を受けたら、すぐにお答えするのが礼儀だが、簡単にできるものではなく、私がすぐ引っ張られて行く立場のようだ。”とこの状況を説明した。
チャジホンがいるという事実を知ることになったチャムウォンも“今日は色々と、突然で精神的に落ち着いてないから次回に席を用意するつもりだ。拒絶も、逃げもせず、今のように気楽に過ごしてほしい”とお願いした。
そして、ムウォンはウンソルに“引っ張られて出て行く前に帰って。”とウンソルを帰らせた。
急いで出てきたウンソルはジホンの前に立った。
ウンソルはジホンに一緒に会社へ戻ろうと誘ったが、ジホンはボスは私だから言うことを聞けと言って、ウンソルに会社へ戻ることを命じた。
チャジホンはノウンソルに事務所へ戻っていろと言った後、カフェに入っていた。
ジホンとムウォンを身を隠して見ていたウンソルは二人が落ち着いて座っているのを確認して会社へ向かったが、会社の前でもめている二人の社員を見たウンソルはジホンとムウォンが心配になって、カフェに向かった。
席に座ったジホンはチャムウォンに“君はエリートだろう。ノウンソルを諦めろ。”とし、挙句の果てには、“会社を君にやる”とまで言った。

ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘告白’ キムジェジュン チェカンヒ 
ボスを守れあらすじ、ボスを守れ7話‘告白’ キムジェジュン チェカンヒ

しかし、チャムウォンは“私がエリートなのは間違いないが、私も大変だ。”と言い、“私もノウンソルさんの励ましが必要だ”と主張した。
二人は話が上手く行かず、ムウォンが帰ろうと席を立った。
その時、後ろからジホンがムウォンのお尻を蹴って、ムウォンが床に倒れた。
その場面を見たウンソルは慌ててカフェへ入っていた。
起き上がったムウォンはジホンを殴ろうとしたが、場所がカフェであるため、静かな場所に行こうと言うが、ジホンは言うことを聞かない。
ノウンソルが急いで二人を止めて、状況が落ち着くと思ったが、帰ろうとするムウォンを再び蹴るジホン。
それでも、チャムウォンが反応しないとチャジホンはノウンソルに“こいつは人々の耳目を考え、ノウンソルのためにグを飛ばすことも出来ないやつだ。”と皮肉った。
耐えかねたチャムウォンは、最終的に拳をくらわした。
最終的にチャムウォンとチャジホンは混雑して戦いを繰り広げた。
ウンソルが止めようとしたが、力不足で、ウンソルは秘書室に連絡を入れ助けを求めた。
レストランの中で騒動が起きて、見ている人が写真を撮りはじめ、ノウンソルはジホンとムウォンの身分の露出を心配して二人の顔をテーブルクロスで包んだ。
ノウンソルと秘書陣たちは二人の安全を確保するために冷や汗をかいた。
一方、チャジホンとチャムウォンが戦いをしたという事実を知ることになったチャ会長(パクヨンギュ)は、二人がソナユン(ワンジヘ)のために戦いを繰り広げたと誤解していた。
ジホンの父、チャ会長がジホンがもっと打たれたかを確認する真面は親の気持ちを表してボスを守れの視聴者たちに楽しみを贈った。
ボスを守れ8話は8月25日に放送を予定している。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/70-3841bd5a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。