--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスを守れ韓国あらすじ、ボスを守れ2話

2011年08月04日 23:32

ボスを守れ韓国あらすじ、ボスを守れ2話

ボスを守れ韓国あらすじ2話、チェガンヒ、ボスチソンの秘書体験記‘爆笑’

ノウンソル(チェガンヒ)がチャジホン(チソン)の秘書としての仕事に突入した。
チャジホンはノウンソルを辞めさせるためにあらゆる方法を投入した。
8月4日放送されたSBS新しい水木韓国ドラマ‘ボスを守れ’(脚本グォンギヨウン/演出ソンジョンヒョン)の2回放送分、ボスを守れ2話でノウンソルは性格がかさついたボスチャジホンの秘書になって海千山千をすべて経験した。
チャジホンはノウンソルのスペックを確認して、堂々と気に入らない表情を隠さなかった。
チャムホンに“この程度のスペックであれば、天下り、またはあなたが植えて置いたスパイだ”とノウンソルの解雇を要求した。
ノウンソルは、“私は絶対に天下りでもスパイでもない。チャムホン本部長が私を選んだのは熱意と太っ腹がチャジホン本部長のような特異な方に適切だからと思うからだ”とし、"チャムホン本部長に忠誠する気持ちでチャジホン本部長に忠実を尽くす”と述べた。
チャジホンはしぶしぶノウンソルを採用した。
ノウンソルが自ら辞めるように悩まさせた。
チャジホンは、“私は繰り返し、口答えするのが大嫌いだ。一日に換気は三回して、芳香剤を使ってはいけない。香水は過ぎることなく爽やかに、エアコン、加湿器、空気清浄剤の管理に手抜きをするな。手の洗浄剤を常に準備しろ。”などの要件を吐き出した。

ボスを守れ韓国あらすじ、ボスを守れ2話 チソン チェガンヒ 
▲ボスを守れ韓国あらすじ、ボスを守れ2話 チソン チェガンヒ

チャジホンはノウンソルに“秘書はボスの顔だから、常に洗練された優雅な容姿を維持しなさい。その顔とそのヘアースタイル、その服を直ぐ捨てなさい。特に私は、そのヘアースタイル(お団子ヘアー:トンモリ)が一番嫌いだ”とし、“ボサブ一体ボスと師匠と父は、一つだ”と強調した。
ノウンソルはチャジホンの過剰な要求に従うために最善を尽くした。
しかし、チャジホンの過度な要求は絶えなかったしノウンソルは、“自分が悪魔なの?プラダ?なにを着る?。片手でも片付けられるのに、私はいつか必ずお返しをしてやる。”と、歯をかみ締めた。
続いて、ノウンソルはチャ会長(パクヨンギュ)から物理的な力を使ってもチャジホンを毎日、9時まで出勤させろと命じられた。
チャジホン定時出勤、定時退勤のプロジェクトに突入しながらノウンソルは、エキサイティングな実力発揮を予告した。
一方、ノウンソルはチャジホンとの初めての縁、自分のために広がったルームサロン件の実体を一歩遅れて知ったチャジホンが自分を探しているという事実に驚愕、ドラマ(ボスを守れ)の展開に興味を加えた。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/5-e75d262e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。