--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄光の才人 ソンチャンミン、栄光の才人 ソンチャンミン キャスティング!

2011年08月22日 18:56

栄光の才人 ソンチャンミン、栄光の才人 ソンチャンミン 16年ぶりの復帰作!
俳優ソンチャンミンがKBS新水木韓国ドラマ‘栄光の才人(脚本:カンウンギョン、演出:イジョンソプ)’に出演する。
ソンチャンミンが、KBSドラマに出演するのは、1995年の韓国ドラマ‘風の息子’以来16年ぶりだ。
ソンチャンミンはKBS2水木韓国ドラマ‘姫の男’の後続ドラマで2011年10月12日初放送される‘栄光の才人’韓国ドラマのイジャンウの父であり、有名なスポーツ用品メーカーのカリスマ財閥の会長であり、プロ野球チームの球団オーナー、ソジェミョン役の配役が確定された。
‘栄光の才人’韓国ドラマで、ソジェミョンはスポーツ業界を牛耳る巨大商社の会長に巨大会社で 運営している野球チーム、巨大ドラゴンズの球団オーナーでもある。
勝負欲が強く、賭け事を仕出すとけりがつくまでベッティングする配布を持っているキャラクターで、自分が望むことは成さなければならない野心家だが、良い製品を作るための投資と努力を惜しまず、業界では人望が厚い人物だ

ソンチャンミン写真,栄光の才人にキャスティング!

俳優ソンチャンミンは平素持って生まれた野球狂で、特に‘製パン’という破格的な素材で、ウェルメ-ドドラマを作り上げた‘製パン王キムタック’の社団が団結して野球ドラマを作り出すという点で大きな信頼感を見せて‘栄光の才人’韓国ドラマの台本を見ていちも二もなく、作品出演を決定した。
俳優ソンチャンミンは、何よりも今回‘栄光の才人’を通じて、1995年KBS韓国ドラマ‘風の息子’以来16年ぶりにKBSテレビ劇場に復帰するだけに胸のときめきを現わしているという裏話だ。
‘栄光の才人’は、野球という媒介体を通じて傷多い主人公たちが自分たちの運命を克服し、成功に至るために障りない疾走を盛り出す予定だ。
‘栄光の才人’韓国ドラマは、2010年の50%に迫る視聴率で‘国民ドラマ’班列に上がった‘製パン王キムタック’のカンウンギョン作家とイジョンソプPDがもう一度意気投合して2011年の野球ドラマの歴史を新たに描き出して下半期テレビ劇場の期待作として注目を集めている。

ソンチャンミン写真,栄光の才人にキャスティング!

一方、デビュー40年目の貫禄の演技者ソンチャンミンは、テレビ劇場とスクリーンを行き来して見事な演技を繰り広げてきた状況だ。
今回の‘栄光の才人’韓国ドラマを通じてお目見えする冷酷なカリスマが感じられる財閥会長の変身に対する期待感が高まっている。
‘栄光の才人’ドラマ製作社、キムジョンハクプロダクション側は“‘栄光の才人’韓国ドラマでソジェミョン役は、すべての秘密の鍵を握る中心軸にドラマの流れを主導することになる”とし、“この役のためには、重量感と深みのある演技が必要だが演技デビュー40年目の貫禄を持っているソンチャンミンがその役を100%消化してくれるものと期待している”と明らかにした。
‘栄光の才人’は、野球という媒介体を通じて、プロ球団の入団後2軍に転落した野球選手、キムヨングァン(チョンジョンミョン)とナイチンゲールを夢見る看護助手、ユンジェイン(パクミニョン)のロマンスを描いたドラマで、キムヨングァンと、ユンジェインは、会長の息子インウ(イジャンウ)との三角関係を形成することになる。
‘栄光の才人’は、ベテラン級の中堅演技者チェミョンギルほか、チョンジョンミョン、パクミニョン、イジャンウなどの出演で早くから注目を集めている。
‘栄光の才人’韓国ドラマは、2011年10月12日初放送予定だ。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/47-60b5fb08
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。