チソン 韓国俳優、韓流スター チソン プロフィール

2011年08月20日 18:43

チソン 韓流スター、韓国俳優 チソン プロフィール
人物紹介:韓国俳優 チソン
チソンは1男1女の長男で、ソウルで生まれた。
チソンは20歳の時、両親の離婚で温かい家庭をうらやましく思いながら青少年時代を送る。
元々夢は野球選手だったが父の反対に夢をたたむ。
その後、映画レーンマン(Rain Man)、ダスティン・ホフマンの自閉症患者の演技を見て演技者の夢を育てていたチソンは、教育専門家である父には内緒にして大学の入学願書を出すときも、政治外交学科に願書を出すと嘘をついて演劇映画科に願書を出したと言う。
頑固な父の目を避けてソウルに上京したチソンは、単独で演技者になるために大変な時間を過ごす。
1999年のチソンはSBSドラマ‘カイスト’のチュジャヒョンが好きな生徒役でデビューする。
その当時はあまり人目に立たないがTVと広告 (CM)を通じてスターに背伸びした彼は、2001年に
ドラマ‘華麗なる時代’で主役に大抜擢。

チソン 写真 
チソン 写真

2003年SBSドラマ‘オールイン 運命の愛’では、チェジョンウォン役で出演して韓流スターとして人気を得ることになる。
他にも‘ラストダンスは私と一緒に’、‘おいしいプロポーズ’、‘太陽の誘惑’ 、‘愛情の条件’ 、‘震える胸’ などのドラマに出演した。
映画には、‘口笛姫’、‘血の涙’などに出演し、2004年SBSドラマ‘ラストダンスは私と一緒’にでSBS演技大賞10代スター賞を受賞した。
2005年6月7日、論山陸軍訓練所に入隊。
入隊後、パク・クァンヒョン、ホン・ギョンイン、ムン・ヒジュンらと共に国防部傘下の国防広報院で国軍兵務広報大使を務めた。
2007年6月6日に除隊。
2007年、MBCドラマ‘ニューハート’で完全復帰。
2008年、映画‘宿命’に ソンスンホン、クォンサンウと出演。
2011年現在、SBS韓国水木ドラマの‘ボスを守れ’でコミカルな演技で熱演中だ。
水準級のピアノ演奏実力と歌の腕前を持っており、運動も上手い。

チソン 写真 
チソン 写真

チソン プロフィール
本名:クァクテグン
出身地:ソウル
生年月日:1977年02月27日
星座:魚座
家族事項:1男1女の長男
結婚:未婚
血液型:A型
身長、体重:178Cm、70Kg
学歴:水原大学校演劇映画科を卒業
趣味:スキー、歌、フィットネス、ボーリング、コンピュータゲーム
特技:野球、合気道
ニックネーム:アヒル(本名の頭文字がクァクでアヒルの鳴き声‘クワァクワァ’と似てる)
性格:自己主張が強いが、気さくで活発だが、その一方、人見知りが激しい。
理想型:自分の仕事をしながら他人を慈しむことができる 女性
好きな食べ物:何でも良く食べる、特にサラダ!
チャームポイント:目
酒量:焼酎1本またはビール1000cc
親しい芸能人:イミンウ、チョンミン
所属事務所:ナムアクターズ(namoo actors)
デビュ作:1999年に SBS ドラマ‘KAIST’、ガンデウク役(ロボットサッカー大会1編から出る)
出演作:‘オールイン’、‘王の女’ 、‘ 愛情の条件’など
受賞歴:2001年MBC演技大賞"新人賞"(おいしいプロポーズ、結婚の法則)
2001 SBS演技大賞"ニュースター賞"(輝かしい時代)
2003年SBS演技大賞"ドラマスペシャル部分演技賞"(オールイン)
2004年SBS演技大賞"10大スター賞"(ラストダンスは私と一緒に)
2008年 MBC演技大賞 ミニシリーズ部門 黄金演技賞(「ニューハート」)
広報大使:2003年社会福祉広報大使、大韓看護協会広報大使
2004年産業安全広報大使
2008年大韓胸部外科広報大使


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/45-88b73b8c
    この記事へのトラックバック