--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマ九家の書イスンギVSスジの切ない涙ベスト4

2013年06月24日 22:06

韓国ドラマ九家の書イスンギVSスジの切ない涙ベスト4

イスンギとスジの涙が視聴者を泣かせている。
九家の書最終回までたった2回放送分だけ残っているMBC月火特別企画韓国ドラマ九家の書の‘カンタムカップル’イスンギとスジが繰り広げた無欠点涙の演技、切ない涙ベスト4が話題だ。
イスンギとスジは、韓国ドラマ九家の書(カンウンギョン:脚本、シン·ウチョル、キム·ジョンヒョン:演出、サムファネットワークス:製作)で、半人半獣チェカンチと武芸教官タムヨウルの切ないラブラインを描いている状況。
幸せな時間もつかの間、別れを宣言して結局、涙を流してしまった‘カンタムカップル’が披露した純度100%涙の熱演は、どのような場面があったのかまとめてみた。

韓国ドラマ九家の書イスンギVSスジの切ない涙ベスト4 
韓国ドラマ九家の書イスンギVSスジの切ない涙ベスト4

韓国ドラマ九家の書11話:無形道館を出てゆくチェカンチ、別れに悲しいタムヨウル

タムヨウルはチェカンチがパクチョンジョ(イユビ)と一緒に無形道館を出て行くと言うと、自分には何も言わずに去ると怒って悲しんだ。
部屋に入ってしまったタムヨウルにチェカンチは申し訳なく、ありがとうと最後のあいさつを渡したタムヨウルは部屋の中で口を両手で防いで耐えなく涙を流した。
タムヨウルは自分がチェカンチに抱いていた感情が愛であったことをチェカンチとの別れで知った。
無形道館を出て行くチェカンチをつかまえることができないタムヨウルの切々たる涙が視聴者たちを泣かせた。

韓国ドラマ九家の書11話:無形道館を出てゆくチェカンチ、別れに悲しいタムヨウル 
韓国ドラマ九家の書11話:無形道館を出てゆくチェカンチ、別れに悲しいタムヨウル

韓国ドラマ九家の書18話:お互いの真心を確認したバックハグ

タムヨウルはチェカンチが自分の父クウォルリョン(チェジニョク)を剣で切った人がタムヨウルの父親であるタムピョンジュン(チョソンハ)という事実を知った後、タムピョンジュンを尋ねていたと言う知らせに無形道館へ走って行った。
手に血をたら流して出てくるチェカンチとぶつかったタムヨウルはチェカンチを見ぬふりをして通り過ぎた。
タムヨウルはタムピョンジュンからチェカンチがすべてを許したという話を聞いた後、自分の誤解であることを悟り、チェカンチを探していた。
チェカンチはタムヨウルがした行動と同じく、タムヨウルを無視し、タムヨウルは涙を流した。
瞬間、カンチが再び足を回して涙を流しているヨウルを後ろからバックハグして、“君がもの凄く好き”と本音を告白、見る人々の瞳を潤わせた。

韓国ドラマ九家の書18話:お互いの真心を確認したバックハグ 
韓国ドラマ九家の書18話:お互いの真心を確認したバックハグ

韓国ドラマ九家の書19話:母に会ったチェカンチとタムヨウルの再会

チェカンチは自分を産むや否や捨てた母に会って、自分を捨てた理由を尋ねたが、しっかりとした答えを聞かず、ただ足を向けた。
自分を救うために百年客館に侵入して縄で縛られているヨウルを見つけてきたカンチは、ヨウルの縛られた手を解くや否や込みあがって来る感情に包まれ、ヨウルを抱きしめて涙ぐんだ。
このようなカンチの切なさをまるですべてを知っているようにヨウルは、カンチの背中を撫でてあげて、カンチの痛みを一緒に感じて涙を流した。
二人の一言ない‘感情転移’涙の抱擁が視聴者たちの涙腺を刺激した。

韓国ドラマ九家の書19話:母に会ったチェカンチとタムヨウルの再会 
韓国ドラマ九家の書19話:母に会ったチェカンチとタムヨウルの再会

韓国ドラマ九家の書21話:母と別れたチェカンチと別れを決心したタムヨウルの雨中抱擁

チェカンチは李舜臣(ユドングン)から20年ぶりに会った母が父クウォルリョンを止めるために死を選択したという事実を聞き衝撃を受けた。
李舜臣の引き止めに母を再び会う事が出来ず、無形道館へ帰ってきたチェカンチは大雨の中傘を持って、自分を待っているタムヨウルを見つけた。
タムヨウルに会うや否やチェカンチの目から涙が流れ始め、タムヨウルを抱きしめてしまう。
しかし、この時、カンチに抱かれていたヨウルは、父から“カンチが九家の書を得るために見送るべきだ。”と言う忠告を考えていた状態。
抱きしめて泣いていた二人の涙が切なさをより深めて視聴者たちの胸を痛ませた。

韓国ドラマ九家の書21話:母と別れたチェカンチと別れを決心したタムヨウルの雨中抱擁 
韓国ドラマ九家の書21話:母と別れたチェカンチと別れを決心したタムヨウルの雨中抱擁

製作会社パクテヨン製作総括PDは、“イスンギとスジは、それぞれチェカンチとタムヨウルというキャラクターに完全に憑依されて涙演技を披露して視聴者たちを泣かせてしまった。”と言い、“真正性いっぱいの演技情熱から湧き出る心のこもった涙の演技が視聴者たちにとって感情の動揺を生じさせたようだ。九家の書最終回まであと2回残った九家の書を見守ってほしい。”と伝えた。
一方、韓国ドラマ九家の書22話放送では、チェカンチ(イスンギ)が愛する女性、タムヨウル(スジ)と結ばれない運命と言う事実を知るようになり別れを告げる姿が盛られた。
チェカンチが人間になりたい唯一の理由だったタムヨウルが、自分のために命を失うかもしれないという予言のため、別れようと宣言しながら、二人の愛がどんな結末を迎えるのか九家の書23話と九家の書24話が益々期待される。
韓国ドラマ九家の書23話は6月24日夜9時55分に放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/320-521152af
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。