--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九家の書あらすじ20話!九家の書イスンギの微笑みの意味は?

2013年06月16日 21:50

九家の書あらすじ20話!九家の書イスンギの微笑みの意味は?
九家の書あらすじ20話!韓国ドラマ九家の書結末は?

韓国ドラマ九家の書結末!20年ぶりに皆が集まった家族は幸せになれるか?

九家の書最終話(九家の書24話)まで、4話を残している韓国ドラマ九家の書の最大の観戦ポイントは、まさに運命的な再会を通じて一箇所に集まったクウォルリョン(チェジンヒョク)、ソファ(ユンセア)、カンチ(イスンギ)家族がどのようにねじられた運命の糸を解くのかという点である。
記憶を失ってしまって千年悪鬼になってしまったクウォルリョン、そんなクウォルリョンに対抗して戦うことを決心したカンチ、そして、20年ぶりに夫と息子を向き合うソファまで。
3人の運命は悲しみ極まりない。
 さらに悪いことに、チョグァヌン(イソンジェ)の離間まで加わり、悲劇の暗雲がカンチの家族を飲み込もうとしている。

九家の書あらすじ20話!カンチの家族が一緒に・・・ 
九家の書あらすじ20話!カンチの家族が一緒に・・・

6月11日放送されたMBC月火韓国ドラマ九家の書20話では、初めてクウォルリョン、ソファ、カンチが一箇所に集まり、初めて対面する姿が描かれた。
しかし、それぞれ異なる事実を知っており、また誤解まで重なり、しばらくの間、三人の関係は葛藤の連続を避けることができなくなった。

韓国ドラマ九家の書結末!クウォルリョンはソファを思い出すのか?

死んだと思っていたクウォルリョンが生きているという事実に驚き、切なさと嬉しさを表現したソファ。
彼女はまだクウォルリョンの本当の正体を知らない。
なぜ、死んだクウォルリョンが再び人間界に姿を現したのか見当すらできず、彼は現在、すべての記憶を失って千年悪鬼になった事実も知らない。
現在、クウォルリョンはチョグァヌンの1.なかたがいのため、自分を千年悪鬼にさせた張本人がソファだと誤解される状況である。

九家の書あらすじ20話!ソファとウォルリョンの再会 
九家の書あらすじ20話!ソファとウォルリョンの再会

だから、ソファがもし自分の名前をクウォルリョンに知らせる瞬間、彼女の運命は風前の灯火の境遇に置かされる。
カンチ家族に悲劇の気運が感じられる理由は、何よりもクウォルリョンが記憶を失ったからである。
千年悪鬼になってすべてを諸滅させるために帰ってきたクウォルリョンであるが、わずか数日前までは彼には記憶があった。
ヨウル(スジ)を守るためにウォルリョンの前に立ったカンチの言葉を通じて、クウォルリョンは過去、自分がソファを守るために命をかけたことを思い出した。
カンチに命を預けた後、死んだソファの所へ戻りたいと望んでいた。

九家の書あらすじ20話!君は誰だ!私を知っているのか? 
九家の書あらすじ20話!君は誰だ!私を知っているのか?

しかし、クウォルリョンが知っていることとは違って、ソファは生きていた。
クウォルリョンの記憶が少しだけ残っていても、クウォルリョンとソファの間の誤解は、雪が溶けるように解けるだろうが、すでにクウォルリョンは、自分の名前以外は何も覚えていない。
さらに、自分とソファを引き離した元凶ともいえるチョグァヌンさえ覚えていない。
むしろ、チョグァヌンの言葉を信じて、自分を千年悪鬼にさせたの存在がソファだと信じている状況である。
ウォルリョンにとって、ソファは最初に殺さなければならない存在になってしまったのだ。
この家族は本当にウォルリョンがソファを殺すか、あるいはカンチがウォルリョンを殺すか、必ず誰が死ななければなら葛藤が解消されるのだろうか?
悲劇は避けられないだろうか?

悲劇的な運命に立ち向かうカンチの選択は?

九家の書あらすじ20話!カンチの涙、母を許す。 
九家の書あらすじ20話!カンチの涙、母を許す。

幸いなことはウォルリョンとソファの間にカンチという息子がいるということだ。
九家の書20話で、ウォルリョンを阻み、“もう駄目!これ以上、誰も殺さないで。私があなたを止める。”と叫んでいたカンチの姿はより意味深長である。
その理由は、ウォルリョンを殺さないといけない自分の運命を自分で克服し出して、皆が助ける方法を見つけたように見えたからだ。
韓国ドラマ九家の書20話でカンチはヨウルを通じて、ソファがどのくらいの時間、自分を責めて生きてきたか、そして、なぜ彼女はカンチを捨てたのか、その理由を聞いて、母を許すことにした。
また、大切な人を守るために、父のウォルリョンを自分の手で殺す決心までした。

九家の書あらすじ20話!皆を守るために・・・ 
九家の書あらすじ20話!皆を守るために・・・

タムピョンジュン(チョソンハ分)は、そのようなカンチの可能性を引き出すために、自分の命をかけてグクゴム(極剣)修練を進行した。
極剣修練とは、片方の命が尽きるまで戦いを繰り広げることだが、タムピョンジュンはもしカンチが自分に勝たなければ、ウォルリョンも相手にすることができないと判断し、カンチの手に死ぬ決心までした。
父を自分の手で殺さなければならない運命も過酷なのに、師匠まで倒さないといけないカンチ。
しかし、アシカは自分に寄って来る試練を素敵な方法で解決した。

九家の書あらすじ20話!極剣修練から答えを得たカンチ! 
九家の書あらすじ20話!極剣修練から答えを得たカンチ!

タムピョンジュンにとって剣とは、自分のすべてだと言う話を覚えていたカンチはタムピョンジュンを倒す代わりにタムピョンジュンの手に持たれた剣を落とす方法を選んだ。
タムピョンジュンも自分の敗北を受け入れ、カンチはタムピョンジュンの命も守って勝利をもらうことができた。
この時、カンチはタムピョンジュンに向かって明るく微笑んでいたが・・・
まるでウォルリョンを相手にするときに、あえて彼を殺さずに勝つことができる方法を見つけたようだった。
また、カンチは韓国ドラマ九家の書20話で、初めてブレスレットもヨウルもなしで、自分で人間の姿を維持するシーンを見せてくれた。
カンチがあれほど望んでいた人間に一歩近づいた瞬間だった。

九家の書あらすじ20話!カンチの笑顔が幸せな九家の書結末を語る? 
九家の書あらすじ20話!カンチの笑顔が幸せな九家の書結末を語る?

結局、ウォルリョン、ソファ、カンチ、この家族の悲劇史を防ぐためにはカンチの役割が重要である。
ウォルリョンからソファを守りきって、さらに自分の父親を殺さずに相手にしなければならない。
千年悪鬼に変わってしまったウォルリョンの記憶まで生かすことができれば、それで、ウォルリョンとソファが誤解を解くことができれば、この以上はないハッピーエンドになることができないだろう。
今まで、カンチは選択の時に簡単な方法ではなく、少し難しくても皆に利益になる選択を続けてきた。
ただし、父と立ち向かわなければならない悲劇的な運命を迎えたが、カンチは父を殺す道ではない、誰もが幸せに生きられる方法を見つけて、乗り越えられるようだ。
自分がヨウルに出会って幸せを見つけたように、カンチは父と母にもう一度チャンスを与えたいという気持ちかもしれない。
是非、この日のカンチが見せてくれた笑顔がこの家族を幸せに導く伏線になることを望む。
カンチとウォルリョンの戦いが描かれる韓国ドラマ九家の書21話は6月17日夜9時55分に放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/314-ef00bbb7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。