--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九家の書あらすじ15話予告!九家の書ユンセアの顔公開!

2013年05月27日 21:25

九家の書あらすじ15話予告!九家の書ユンセアの顔公開!
九家の書ユンセア顔公開!ユンソファが戻って来た!

九家の書ユンセアがついに顔を公開し、本格的な正体を現す。
現在、ユンセアはMBC月火特別企画韓国ドラマ九家の書(カン·ウンギョン:脚本、シン·ウチョル、キム·ジョンヒョン:演出)で宮本商団の実質的所有者であり、宮本団主の妻であるとジャホンミョンとして登場している状況。
来る5月27日放送される韓国ドラマ九家の書15話で、これまで顔を覆っていたベールを脱いで初めて自分の顔を披露する。
去る九家の書14話放送分でユンセアは、浴槽に入る後部の肩に刻まれたタトゥー華と4つの爪あとでユンソファが帰ってきたことを示唆した状態。
死んだと思ったユンソファの帰還が明らかになり、視聴者たちを衝撃に陥れた。

九家の書あらすじ15話予告!九家の書ユンセアの顔公開! 
九家の書あらすじ15話予告!九家の書ユンセアの顔公開!

千年小悪魔で再誕生したクウォルリョン(チェジンヒョク)に続き、ユンソファまで本格的な登場を予告しながら、これから繰り広げられる予測不可能なストーリー展開に緊張感を増幅させている。
特に、ユンソファの帰還は九家の書によりコシが強い緊張感を抱かせる見通しだ。
チョグァヌン(イソンジェ)の剣に倒れたユンソファが一体どのように生き残ったのか、生き残ったユンソファは、なぜ再び朝鮮に帰ってきたのか、ユンソファはなぜ家の敵であるチョグァヌンと手をつないで、着物姿をして現れたのかなど、ユンソファの再登場の絶え間ない疑問があふれているはず。
ユンソファが広げられる動きに視聴者たちの目と耳が集まっている。
製作会社バクテヨン製作総括PDは、“ユンセアは秘密を持っているジャホンミョン、即ち、戻って来たユンソファの役割に100%ぴったりのキャスティング”と言い、“神秘的な雰囲気からカリスマ溢れる雰囲気まで180度変わったユンソファのすべてを完璧に表現している。重要な鍵を握っているユンセアの活躍を期待してくれ。”と伝えた。
一方、韓国ドラマ九家の書14話では、タムヨウル(スジ)が父タムピョンジュン(チョソンハ)からパクテソ(ユヨンソク)との結婚を準備するようにと、突然の言葉を聞いて涙を流す姿が描かれた。
チェカンチ(イスンギ)の父であるクウォルリョンを剣で切ってしまったタムピョンジュンとしては半人半獣チェカンチとタムヨウルの間が深めていくことを見ていられなかったもの。
結局、タムヨウルがチェカンチとの愛をあきらめて、結婚を選択するのか関心が集められている。

九家の書ユンセアvsイヨニの爪跡とタトゥーを比較してみる

九家の書ユンセアの爪痕とタトゥーが逆転の鍵となった。
MBC月火韓国ドラマ九家の書に新たに登場したジャホンミョン(ユンセア)は、巨大な権力を持っているが、顔もしっかり隠れたまま秘密に包まれた人物に描かれた。
5月21日放送された九家の書14話で、ジャホンミョンの肩に残っている爪あととタトゥーが公開されて、ジャホンミョンが死んだと思ったチェカンチ(イスンギ)の母であり、クウォルリョン(チェジンヒョク)が愛した人、ユンソファ(イヨニ)であることが明らかになった。
華と文字のタトゥーはユンソファが弟を助けるために、春花館の妓女になることを決心した後、肩に焼き付けたもの。

九家の書ユンセアvsイヨニの爪跡とタトゥーを比較してみる 
九家の書ユンセアvsイヨニの爪跡とタトゥーを比較してみる

当時、ユンソファは真っ青な顔で口に白い布をくわえたまま、痛みをこらえながらタトゥーを刻んだ。
両班から妓女に転落した数奇な運命が切なさを描き出した場面だ。
爪痕はクウォルリョンによって生じたもの。
ユンソファは、クウォルリョンが神獣であることを知って彼を裏切り、タムピョンジュン(チョソンハ)と彼の手下たちをクウォルリョンの居場所月光園に連れて来た。
裏切られたと感じたクウォルリョンはユンソファの肩を握り締め恨みの目つきを送った。
ユンソファは、肩に傷を負って血を流した。
ジャホンミョンの肩のタトゥーと爪痕はユンソファの数奇な運命と切ない愛を込めているわけだ。
死んだと思ったユンソファの登場、消滅するために戻ってきたクウォルリョンの登場などが盛られて、韓国ドラマ九家の書がどの方向に展開するのか緊張感を高めている。

九家の書ユンセア入浴シーン、背中露出で正体現わした!

九家の書ユンセアが顔より背中を先に公開した。
5月21日放送されたMBC月火韓国ドラマ九家の書14話でジャホンミョンは、背中の露出で正体を現わした。
ジャホンミョンはチョンスリョン(チョンヘヨン)のオゴム(5つの太鼓)を鑑賞した後、“つまらないわね!多分一時は、見ものの腕前だったかもしれないが、今は気の毒に衰えてしまいました。”と日本語で悪評をした。
言葉を知っているチョンスリョンは、“申し訳ない”と謝罪したが、パクチョンジョ(イユビ)は、“10年ぶりに太鼓の棒を持ったにも関わらず素晴らしかった。どこが悪かったのか?”と反発した。

九家の書ユンセア入浴シーン、背中露出で正体現わした! 
九家の書ユンセア入浴シーン、背中露出で正体現わした!

これに、ジャホンミョンは、流暢な朝鮮語で不満だったのオゴム(5つ太鼓)に対して、いちいち取り上げて指摘した。
そのようなジャホンミョンの姿を見ていたチョグァヌン(イソンジェ)は、“もしかしたら朝鮮人ではないか”と疑問を抱いた。
次の日、チョンスリョンはジャホンミョンを尋ねて、パクチョンジョの無礼について謝罪した。
ジャホンミョンは、そのようなチョンスリョンに、“チョンヘンスとの個人的な出会いのため、意図的に無礼を言った。春花館にぜひ一度行ってみたい。”と打ち明けた。

チョンスリョンはとジャホンミョンの無礼に、“女性が春花館に入ってくる方法は二つだけだ。妓女になるか、オーナーになるか。”と忠告した。
ジャホンミョンが春花館に入る方法を工夫する間、チョグァヌンは、“団主が不慣れではない。どこで見たのかな”と言いながら、ジャホンミョンの正体を疑った。
その後、ジャホンミョンはお風呂に入るために背中を公開した。
ジャホンミョンの肩には、過去に官妓になるために、刻んだタトゥーと爪あとがあった。
爪痕は、過去、クウォルリョン(チェジンヒョク)が死ぬ前に残したもの。
ジャホンミョンの顔より背中が先に公開され、彼女がユンソファであることが明らかになった。

九家の書ユンセアがイヨニだった!妓女タトゥー‘衝撃な反転’
 
九家の書ユンセアが死んだと思ったイヨニの20年後という反転が広げられた。
ユンセアのタトゥーは、彼女が結局、イヨニと同一人物であることを証明した。
5月21日放送されたMBC月火韓国ドラマ九家の書14話では、日本商団の団主ジャホンミョンが春花館のチョンスリョンに接近していく中、肩にタトゥーがあることが公開された。
この日、ジャホンミョンの背中には入れ墨があったがこれは死んだと思ったユンソファ(イヨニ)のタトゥーと同じだった。
ソファは死ぬ前、チョグァヌンとの初夜を行う前、チョンスリョンの指示でタトゥーを刻んだ。

九家の書ユンセアがイヨニだった!妓女タトゥー‘衝撃な反転’ 
九家の書ユンセアがイヨニだった!妓女タトゥー‘衝撃な反転’

結局、天敵であるチョグァヌン(イソンジェ)に仕返しをするために立ったが、殺されたと思ったソファが死なずに生きていたという反転が行われた。
九家の書3話でソファは、剣に切られたが、目を閉じた姿は描かれなかったため、生きていることに余地はあった。
九家の書14話放送では、どのようにソファが生き残ったのか、なぜ20年ぶりに再び現れたのかについては扱われず、好奇心を刺激した。
九家の書14話でジャホンミョンはスリョンに接近するために、スリョンのオゴムについてわざわざ酷評をした。

宴会を台無しにしたことについて謝罪するためにスリョンがジャホンミョンを尋ねて、ジャホンミョンの黒い本音が少しずつ明らかになった。
ジャホンミョンはスリョンにいつか春花館に自分を招待してくれとしながら、秘密いっぱいの動きを見せている。
一方、韓国ドラマ九家の書は、半人半獣チェカンチが人間になるために孤軍奮闘する愉快な武侠活劇である。
人間にはなれないが、誰よりも人間的な生活を送るために努力するカンチを通じて、真の人間愛と自我とは何か考えてみる物語だ。

九家の書ユンセア登場で改革の風が吹く!

ユンセアの正体がイヨニであることが明らかになった。
5月21日放送されたMBC月火韓国ドラマ九家の書14話では、ジャホンミョン(ユンセア)の肩に刻まれたタトゥーと爪痕が公開されて、彼女がユンソファ(イヨニ)であることが判明された。
ジャホンミョンの肩のタトゥーは、過去ユンソファが官妓になる過程で強制的に刻まれたものであり、爪痕はクウォルリョン(チェジンヒョク)が死ぬ前に彼女の肩を掴んで残した傷跡だ。

ジャホンミョンとユンソファが同一人物だという事実はドラマに改革の風をもたらせた。
先に、ジャホンミョンは絶対悪であるチョグァヌン(イソンジェ)に復讐するために登場した。
過去、チョグァヌンはジャホンミョン(ソファ)の目の前で父親を殺害し、彼女の身近な人全てを殺した。
しかもチョグァヌンはジャホンミョン(ソファ)の父に逆謀罪を被せて、彼女の身分を両班から妓女に転落させた。

九家の書ユンセア登場で改革の風が吹く! 
韓国ドラマ九家の書結末!九家の書ユンセア登場で改革の風が吹く!

そのため、ジャホンミョンは、復讐のためにチョグァヌンの前にむやみに立ったが、かえって彼が振り回した剣に倒れてしまった。
しかし、ジャホンミョンは死ななかった。
まだ、ジャホンミョンがどのように命を失わなかったのかは明らかになってないが、彼女は生きていて、再びチョグァヌンの前に姿を現わすようになった。
やっと、ジャホンミョンは、自分のすべてを奪ったチョグァヌンの命を奪うために孤軍奮闘すると思われる。

しかし、ジャホンミョンの命も危うい。
これは、クウォルリョンも再登場したからだ。
過去、クウォルリョンとジャホンミョンは神獣と人間の境界を超越して婚姻を結ぶことになったが、人間と神獣と言う違いは、二人を悲劇に追い込んだ。
ジャホンミョンは九尾狐に姿を変えたクウォルリョンを見た後、夫から遠ざかり、そして、怪物として扱い、彼を軽蔑した。

韓国ドラマ九家の書チェジンヒョクとイヨニの結婚 
韓国ドラマ九家の書チェジンヒョクとイヨニの結婚

恐怖に包まれたジャホンミョンは九尾狐の目撃談を当局に知らせ、結局、クウォルリョンを危険に陥れた張本人になってしまった。
これは、クウォルリョンが人間に憎悪を抱くきっかけとなった。
千年悪魔になって戻ってきたクウォルリョンは、ソジョン法師(キムヒウォン)を通じてユンソファが死んだという知らせを聞くようになった。

韓国ドラマ九家の書チェジンヒョク、ソファの裏切りに悲しむ! 
韓国ドラマ九家の書チェジンヒョク、ソファの裏切りに悲しむ!

これに、クウォルリョンは自分が直接ユンソファを殺さなかったことを惜しんで彼女への反感を表出した。
すなわち、クウォルリョンがジャホンミョンの正体を知ることによって、また異なる悲劇をもたらすだろう。
しかも、クウォルリョンとジャホンミョンとの間の息子であるチェカンチ(イスンギ)がいる事実は予測できない話を作り上げる。
世界の消滅を宣言したクウォルリョンがジャホンミョンとチェカンチ母子をどのような破局に運んで行くのか帰趨が注目される。

ユンソファがカンチを産んだ後、ソジョン法師から聞いた話、ソファを殺せばウォルリョンは千年悪魔にならずに済んだが、愛する人を殺すことが出来なかったウォルリョンは千年悪魔になる道を選んだと言う。
最後までソファを愛していたウォルリョン、ソファはウゾルリョンのために命を投げるようになるのか?
カンチ、ソファ、ウォルリョン、ヨウルに幸せな結末はあるのか?
韓国ドラマ九家の書結末は、ハッピーエンドになるのか?
ソファがウォルリョンを救い、カンチはヨウルを救うのが韓国ドラマ九家の書結末なのか?
韓国ドラマ九家の書15話は5月27日月曜日夜9時55分に放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/290-dde6d21a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。