--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九家の書あらすじ13話予告!チェジンヒョクとユンセアの存在の意味?

2013年05月20日 20:16

九家の書あらすじ13話予告!チェジンヒョクとユンセアの存在の意味?
九家の書あらすじ13話予告!チェジンヒョクがダークウォルリョン?

韓国ドラマ九家の書チェジンヒョクが、シャドーウォルリョンに変身した姿を現わして力溢れるクウォルリョン帰還を知らせた。
チェジンヒョクは5月20日放送されるMBC月火特別企画韓国ドラマ九家の書13話でいよいよベールに包まれていた正体を現わすようになる。
九家の書1話と九家の書2話の放送分で見せた無邪気なロマンチストクウォルリョンとは180度変わった姿を広げられる見通しで関心を集めている。
九家の書チェジンヒョクは、九家の書1話と九家の書2話での姿とは異なり、冷ややかな目つきと頭からつま先までオールブラックで覆った姿で視線を集中させている。

九家の書あらすじ13話予告!九家の書チェジンヒョクダークウォルリョンに変身? 
九家の書あらすじ13話予告!九家の書チェジンヒョクダークウォルリョンに変身?

目がくらむほど真っ白な韓服を着て愛する女性に腕いっぱいの花束を渡しながら明るい微笑を浮かべたクウォリョンの姿の変わりに、冷酷な瞳と笑みが全くない表情で誰かをずっと眺めていること。
特に、帰ってきたクウォルリョンが想像を超越する、全く別の姿での登場を予告することによってどのような状況が発生することになるのか劇的緊張感が最高潮に向かっている状況。
クウォルリョンが今後どのような活躍を繰り広げることになるのか、もっと緊迫感あふれるストーリー展開が予想され、気がかりなことを増幅させている。
チェジンヒョクのダークウォルリョンの撮影は、去る5月14日、京畿道龍仁のセット場で進行された。

九家の書あらすじ13話予告!九家の書チェジンヒョク再登場の意味は? 
九家の書あらすじ13話予告!九家の書チェジンヒョク再登場の意味は?

チェジンヒョクの登場に次のシーンの撮影を待っていたイスンギをはじめ、チョ·ソンハ、ユ·ヨンソク、ソンジュンが嬉しい心を現わして挨拶を交わして温かさがあふれたという裏話だ。
また、シン·ウチョルPDはドラマの序盤、ユンソファ(イヨニ)がクウォルリョンを呼んでいた口調そのまま同じように、“ウォルリョン!ウォルリョン!”と愛情を込めて呼びながらチェジンヒョクを喜んで迎えた。
チェジンヒョクは、俳優だけでなく、スタッフの多くの歓迎を受けて撮影に意志を燃やした。
台本を繰り返し読みながら感情をすべて把握して行ったチェジンヒョクは一気にクウォルリョンに没頭し、NG一度なしで“OK”カットを受けて絶賛を受けたという話だ。

九家の書あらすじ13話予告!九家の書チェジンヒョクがイスンギに与える影響は? 
九家の書あらすじ13話予告!九家の書チェジンヒョクがイスンギに与える影響は?

製作会社パクテヨン製作総括PDは、“九家の書1話と九家の書2話分でのクウォルリョンを期待していたはずで、再登場することになったクウォルリョンの姿はどうか視聴者たちの知りたい事が集められている。”とし、“180度変身したクウォルリョンの活躍が予告されている。チェジンヒョクの再三の変身に注目してほしい。”と伝えた。
一方、九家の書12話放送分では、タムピョンジュン(チョソンハ)が絶対悪人チョグァヌン(イソンジェ)との全面対決を宣言し隠されていた四君子の登場を予告して関心を集めた。
これまで静かに剣を研ぎてきたタムピョンジュンだったが、チョグァヌンにより、チェカンチ、パクテソ、パクチョンジョまで多くの人々が苦しむと決断を下すことになった。
四君子の会合が予想されている状態で、“竹”の標識を持ったゴンダル先生他に、梅、菊、蘭に該当する人が誰なのか知りたい事を増幅させている。
一方、チェジンヒョクのダークウォルリョン姿を見ることができるMBC月火韓国ドラマ九家の書13話は、5月20日夜10時に放送される予定だ。

九家の書あらすじ13話予告!チェジンヒョクとユンセアはどんな存在なのか?

チェジンヒョクとユンセア、二人がイスンギにとってどんな存在なのか?
去る5月14日放送されたMBC月火韓国ドラマ九家の書12話でクウォルリョン(チェジンヒョク)とジャホンミョン(ユンセア)が登場した。
クウォルリョンはチェカンチ(イスンギ)の実父で不老長寿の神獣だ。
過去のクウォルリョンはタムピョンジュン(チョソンハ)が振り回した刀に当たって死を迎えるようになったが、しばらく休止期を持っただけで死ななかった。
ジャホンミョンは、クウォルリョンと一緒に登場したという情況上、チェカンチの実の母親だと言う推測が提起された。

九家の書あらすじ13話予告!チェジンヒョクとユンセアはどんな存在なのか? 
九家の書あらすじ13話予告!チェジンヒョクとユンセアはどんな存在なのか?

前に、チェカンチの実母ユンソファ(イヨニ)はチョグァヌン(イソンジェ)の部下が振り回した刀に当たって倒れた。
つまり、ユンソファの死を意味したが、確断するには早かった。
クウォルリョンが再登場した状況で、もし、ジャホンミョンがチェカンチの実母ユンソファであれば、二人は敵対関係になる可能性が高い。
過去のクウォルリョンは自分の九尾狐の姿に反感を抱いた妻ユンソファによって危機に置かれた。
ただし、クウォルリョンと婚姻関係であっても、ユンソファは夫の九尾狐の本性に恐れを抱きチョグァヌンを事件に引き込んでしまった。
結局、タムピョンジュンはチョグァヌンの号令によりクウォルリョンに剣を振り回して彼を除去した。
以来、ユンソファはクウォルリョンとの息子、チェカンチを産んだ直後、自分の父親を殺したチョグァヌンを暗殺しようとしたが失敗して、かえって命を失った。

九家の書あらすじ13話予告!ユンソファは生きていた? 
九家の書あらすじ13話予告!ユンソファは生きていた?

すなわち、クウォルリョンはユンソファに裏切られ、ユンソファはチョグァヌンに殺された。
これは、クウォルリョンとユンソファがそれぞれ進む道が明らかになったことを示唆した。
クウォルリョンはユンソファに裏切られた履歴があるから人間をもう信じないと思われる。
すぐにクウォルリョンの正体が人間には悪人とみなされることを意味した。
ユンソファは、父親を殺したチョグァヌンの命を取るために再び復讐の刀を持ち上げると見られる。
しかも、クウォルリョンとユンソファがチェカンチをどのように受け入れるかによって話が変わることもある。
現在、クウォルリョンは自分に息子がいること自体を知らない。
これは、クウォルリョンが消された後、ユンソファが妊娠事実を知ったからだ。

九家の書あらすじ13話予告!カンチにとってユンソファとクウォルリョンの存在が持つ意味? 
九家の書あらすじ13話予告!カンチにとってユンソファとクウォルリョンの存在が持つ意味?
九家の書あらすじ13話予告!カンチにとってユンソファとクウォルリョンの存在が持つ意味!   
九家の書あらすじ13話予告!カンチにとってユンソファとクウォルリョンの存在が持つ意味!

ユンソファは最初、クウォルリョンの子供を持つようになった時、怪物を妊娠したと驚愕した。
ユンソファは自ら命を捨てようとしたが、周りの人たちの引き止めに、最終的には息子のチェカンチを産むことになった。
すなわち、ユンソファは息子に対する愛情がない。
以来、20年以上、チェカンチに会ったことがなかったユンソファが、果たして自分の息子として受け入れることが出来るのか疑問を残す。
クウォルリョンも同じだ。

九家の書あらすじ13話予告!カンチがユンソファとクウォルリョンの存在に反応した理由は? 
九家の書あらすじ13話予告!カンチがユンソファとクウォルリョンの存在に反応した理由は?

存在自体を知らなかった息子のチェカンチを求めるクウォルリョンが出会ったら何が起こるか予測できない。
韓国ドラマ九家の書は、再登場と言うテーマを融合させ、物語に物語を覆った複合構造を形成させた。
今後、クウォルリョンとジャホンミョンはどんな姿を見せるのか、これはチェカンチの運命をどのように一変させるのか成り行きが注目される。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/285-574bf4de
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。