--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九家の書あらすじ7話予告!九家の書イスンギとスジの切ない再会?

2013年04月29日 19:25

九家の書あらすじ7話予告!九家の書イスンギとスジの切ない再会?
九家の書あらすじ7話予告!九家の書イスンギとスジの真実と向き合う再会?

九家の書イスンギとスジが月光園で切ないデジャビュ(旣視感)再会を広げる。
4月29日に放送されるMBC月火特別企画韓国ドラマ九家の書7話では、自分が半人半獣と言う正体を知った後、苦しんでいるイスンギとイスンギが半人半獣に変身する姿を目撃したスジが月光園で再会する場面が盛られる。
九家の書6話においてスジは、イスンギが半人半獣であることを知った後、ショックに陥った状況。
しかし、未知の微妙な感情のためにイスンギを探して月光園に足を向ける。
そこで、自分のアイデンティティについて混乱を感じているイスンギを見るようになり、悩んだ末に暖かい手を差し延ばすようになること。
何よりも、イスンギとスジの月光園の遭遇はイスンギの母イヨニと父チェジンヒョクが奇跡的な出会いを持った場所である月光園で行われたという点で注目を集めている。
まるでデジャビュのようにカンチ(イスンギ)の親が愛を始めた状況と同じ場面を連想させるようになるわけだ。

九家の書あらすじ7話予告!九家の書スジはイスンギが半人半獣である姿を見ても暖かい手を差し延ばす。 
九家の書あらすじ7話予告!九家の書スジはイスンギが半人半獣である姿を見ても暖かい手を差し延ばす。

特に、スジは、ソジョン法師キムヒウォンから自分とイスンギの運命の悲劇的な予言を聞いた状態。
果たして二人が切ない運命を克服することになるか気がかりなことが増幅されている。
イスンギとスジの運命的なデジャビュ場面は4月16日済州島西帰浦市にあるアンドク谷で撮影が行われた。
早朝から始まった撮影だったが、イスンギとスジは美しく、神秘的な雰囲気がいっぱいの渓谷での撮影に精一杯鼓舞された状況。
しかし、撮影現場の雰囲気メーカーであり、エナジャイザーで活躍中のイスンギはこのシーンの撮影前は口数を減らし雰囲気に没頭しているプロらしい姿を見せた。
これから二人の関係に重要なきっかけになる場面だっただけに、イスンギとスジは雰囲気に心酔したまま真剣で熱意あふれる姿で演技に臨んだ。
二人は一緒に台本を読みながら、場面に対して長時間、頭を合わせて議論を広げ、強大呼吸で切ない雰囲気を精一杯高めた。

九家の書あらすじ7話予告!九家の書イスンギがユドングンと運命の再会

九家の書イスンギがユドングンと一生一帯の運命的な出会いを持つ。
来る4月29日放送されるMBC月火韓国ドラマ九家の書7話で、人生で最悪の瞬間、奇跡的にメンターイスンシン(ユドングン)と運命的な再会をするチェカンチ(イスンギ)の姿が描かれる。
韓国ドラマ九家の書において、イスンシンは、村の人々を苦しめるワルジャボンチュル(ゾゼユン)一党の膝をつかせるチェカンチを注意深く見守っていたことがある。
その後、巨商パクムソル(オムヒョソプ)から実の息子同然の子だとチェカンチを紹介してもらった後、さらに深みのある目つきで眺めて関心を表わした。
韓国ドラマ九家の書7話でチェカンチは捕縛されたまま興奮を沈めず、そのような彼のそばに立っているイスンシンは威風堂々とチェカンチの肩を掴んで制圧する。
イスンシンはチョグァヌン(イソンジェ)のために、命が危うくなるほど大きな危機に直面したチェカンチを“私の人”と称し触れることはできない穏やかなカリスマを現わす。
ユドングンと再会するようになったイスンギが時限爆弾のような自分の運命を変えることができるか帰趨が注目されている。

九家の書あらすじ7話予告!九家の書イスンギとユドングンの再会の意味は?これからな展開が気になる! 
九家の書あらすじ7話予告!九家の書イスンギとユドングンの再会の意味は?これからな展開が気になる!

九家の書7話予告画像で公開されたイスンギとユドングンの運命の出会いの場面は4月20日、京畿道龍仁のセット場で撮影が行われた。
イスンギの撮影が続く中でユドングンが穏やかな笑顔を構えたまま、撮影現場に入って来た状態。
ユドングンが撮影場に登場した瞬間、“ユーフォース”というニックネームのようにカリスマが撮影現場を巻き付けたと。
イスンギはユドングンを見るや否や90度のフォルダ挨拶で敬意を表わし、ユドングンは例の暖かい挨拶を渡して温かい雰囲気を造成させた。
また、二人はすぐに始まった撮影では尋常ではない目つきの演技を披露して撮影場を静まらせた。
途中、二人は常に台本を理解し、キャラクターに没入し、完璧なシーンを作り出した。
製作会社パクテヨン製作総括PDは、“イスンギとユドングンが再会することになる場面はイスンギの人生の中で運命的に最も重要な瞬間を盛り込むことになる。”としながら、“シスンシンを会うことになった後、イスンギに大きな変化が生じ、エキサイティングなストーリー展開が繰り広げられる。”と自信を示した。

*メンター(mentor)の意味は、優れた指導者。助言者。恩師。顧問。信頼のおける相談相手。ギリシャ神話で、オデュッセウスがトロイア戦争に出陣するとき、自分の子供テレマコスを託したすぐれた指導者の名前メントール(Mentor)から。

九家の書あらすじ7話予告!キムヒジョンも死ぬ?血に染まった姿?

九家の書7話予告画像で、キムヒジョンが血に染まった白い韓国伝統服(韓服/ハンボッ)を着ている画像が公開された。
キムヒジョン所属事務所は4月29日、報道資料を通じてMBC月火韓国ドラマ九家の書に出演中のキムヒジョンの写真を公開した。
写真の中キムヒジョンは、白い韓服を着て笑顔を浮かべている。
しかし、白い韓服に長く引かれている血痕と口の周りに流れる血によって一面愕然と思われる。

九家の書あらすじ7話予告!不意の死を迎えるユン氏婦人キムヒジョンの血に染まった姿! 
九家の書あらすじ7話予告!不意の死を迎えるユン氏婦人キムヒジョンの血に染まった姿!

キムヒジョン所属事務所側は、“チョグァヌン(イソンジェ)に殺される場面を撮る途中、休み時間に撮った写真だ。”と説明した。
これにより、九家の書7話でキムヒジョンは、不意の死を迎えることになる予定だ。
ネチズンたちは、“不本意ながらスポイラーデバック”、“キムヒジョンさん演技に感謝する”、“血と対比される明るい笑顔”、“ハッ!怖い!”などの反応を見せた。
一方、 韓国ドラマ九家の書は、毎週月、火曜日午後9時55分放送されている。
九家の書イスンギの危機を救うイスンシンとカンチの再会、月光園での切ないカンチとヨウルの再会、ユン氏夫人の死まで新しい展開への一歩を踏み出す韓国ドラマ九家の書7話は4月29日夜9時55分に放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/269-007edcbf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。