--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九家の書あらすじ7話予告!怪物?誰だ?

2013年04月27日 20:10

九家の書あらすじ7話予告!怪物?誰だ?
九家の書あらすじ7話予告!九家の書イスンギの姿を目の当たりにしたスジの選択は

九家の書予告7話!今、私の目の前にいる怪物は・・・誰だ?

目の前で半人半獣と化したカンチ(イスンギ)を見て、大きな衝撃を受けたヨウル(スジ)。
この事実をタムピョンジュン(チョソンハ)に知らせる。
カンチは自分に隠された神獣の姿を否定して苦しむ。
一方、チョンジョは、春華館(チュンファカン)へ官妓として移送されたが、妓生(芸者)になることを拒否する。
チョンスリョン(チョンヘヨン)は20年前のユンソファ(イヨニ)を思い浮かべながら、清朝の羞恥木に縛ることを命じるが・・・

九家の書あらすじ7話予告!今、私の目の前にいる怪物は・・・誰だ? 
九家の書あらすじ7話予告!今、私の目の前にいる怪物は・・・誰だ?

九家の書予告7話!九家の書スジ4時間の雨の中の撮影!NGなし!

九家の書スジが4時間降り注ぐ水に打たれながら熱演を繰り広げた。
スジが雨に打たれるシーンは、韓国ドラマ九家の書予告7話の場面だ。
スジは、4月29日放送されるMBC月火韓国ドラマ九家の書(脚本:カン·ウンキョン/演出:シン·ウチョル、キム·ジョンヒョン)7話で苦悩に満ちた表情で降り注ぐ大雨に耐えている節制された感情演技を披露する予定だ。
スジは、過去九家の書6話で半人半獣に変身するイスンギを目撃した後、大きな衝撃を受けた。
イスンギが人間ではないという事実に戸惑ったが、むしろそのようなイスンギに対する微妙な感情に包まれることになる。
感情の渦が発生した瞬間に吹き荒れる大雨に会ったスジが静かに雨に打たれながら悩んでいること。

九家の書予告7話!九家の書スジ4時間の雨の中の撮影! 
九家の書予告7話!九家の書スジ4時間の雨の中の撮影!

一寸先も見えない冷たい水の流れの中で弱々しい瞳を表現しているスジのため、これからイスンギとの関係がどうなるか、イスンギとの運命的なストーリー展開に関心が集められている。
スジの大雨熱演の撮影は、去る4月20日、京畿道龍仁にあるセット場で進行された。
よどみなく浴びせる雨を生き生きと表現するために大型散水車まで動員された。
スジは冷たい夜の空気の中でも4時間強く降り注ぐ水の流れに打たれながら強度の高い撮影を続けた。

九家の書予告7話!九家の書スジはいつも笑顔で明るく! 
九家の書予告7話!九家の書スジはいつも笑顔で明るく!

また、複雑な感情を演技で表わさなければならない状況にも関わらず、NG一度なしで監督のOKサインを受けてスタッフらの絶賛を受けた。
スジは、一緒に登場するソンジュンの感情線のために自分がカメラアングルに盛られない撮影の部分でも継続して大雨に打たれながら呼吸を合わせてくれるなど、情熱的な姿を現わした。
特に、スジは撮影が中断される途中、毛布を覆ったまま、温かいお茶を飲んで冷えた体を温めながらも、顔いっぱいに明るい微笑を失わない姿で撮影場を暖かくした。
製作会社パクテヨン製作総括PDは、“スジは、長時間降り注ぐ大雨に打たれる大変なシーンにも関わらず、顔を一度も嫌な表情を浮かべず明るい笑顔で撮影に任じ、闘魂を燃やした。”とし、“最善を尽くしているスジの情熱が撮影をしている製作陣にも大きな力になっていた。”と伝えた。

九家の書予告7話!九家の書スジ豪雨熱演NGなし! 
九家の書予告7話!九家の書スジ豪雨熱演NGなし!

スジ大雨の熱演に対してネチズンたちは、“スジ豪雨熱演、風邪はひいてないのかな?”、“スジ豪雨熱演、スジの闘魂に拍手”、“スジ豪雨熱演、このまま俳優として成長して欲しい・・・”、“スジ豪雨熱演したので、良い演技を見せてくれるだろう。”、“スジ豪雨熱演!期待される”、“スジ豪雨熱演4時間もの撮影が続いたなんて苦労しただろう。”などの反応を見せた。
一方、過去MBC韓国ドラマ九家の書6話放送分では、慈愛深く、慈しみ深い父であり、正義の百年客館の首長としての姿を見せてくれたパクムソル(オムヒョソプ)が死を迎えて視聴者たちを泣かせた。

九家の書予告7話!九家の書イスンギ初恋、イユビが官妓になるのか?

九家の書イスンギの初恋、イユビが官妓になる危機に処した。
4月23日放送されたMBC月火韓国ドラマ九家の書(脚本:カン·ウンギョン/演出:シン·ウチョル)6話では、反逆罪なの娘という濡れ衣を着せられ官妓に売られるパクチョンジョ(イユビの)の姿が描かれた。
パクムソル(オムヒョソプ)はチョグァヌン(イソンジェ)の手下の剣に打たれ、その場で息を引き取った。
夫と父の死にユン氏夫人(キムヒジョン)、パクテソ(ユヨンソク)、チョンジョは嗚咽した。
しかし、悲しみを感じる間もなく、チョグァヌンはパクムソル家族に謀逆罪をかぶせてすべて逮捕した。
テソは、ひどい拷問を受けて半死状態になった。
刑務所で息子の悲鳴を聞いたユン氏夫人は、“代わりに私を殺せ!”と悶絶し、お使い人たちは、奥様を叫んで涙の海になった。
これに、チョンジョは、“皆、静かにしろ。泣かないで。我々はすべて生きて出て行ける!”と強い姿を見せた。
しかし、チョンジョも心中では恐怖に震えて涙を流した。
チョンジョは、父が亡くなった日、夜に突然姿を消したチェカンチ(イスンギ)の名前を呼んで、“カンチヤ・・・助けて・・・.カンチヤ・・・怖い・・・”心の中で叫んだ。
数日後、官軍が入ってパクムソル一家の罰が下されたと述べた。

九家の書あらすじ7話予告!九家の書イスンギ初恋を救出できるのか? 
九家の書あらすじ7話予告!九家の書イスンギ初恋を救出できるのか?

テソは斬首刑が下され、ユン氏夫人は官奴に、チョンジョは官妓に売られた。
獄から引き出されたチョンジョは、泣き叫ぶ母親と兄を後にしたまま、足を移さなければならなかった。
その時、チョンジョの前にカンチが現れた。
カンチはすぐにチョンジョを救おうとしたが、チョンジョは、“兄が先だカンチ。明日、日が昇ると兄を斬首すると言った。万が一ここで君が捕まると我々には希望がない。だから、早く行って兄から助けてくれ。”と懇願した。
チョンジョの頼みを断れないカンチは、“待っていて。すぐに戻ってくるから。何があっても君を必ず迎えてくるから。”と約束した後、チョンジョの額に口を合わせては足を向けた。
しかし、九家の書6話放送末尾、チョンジョの兄、テソを助けた後カンチがチョンジョを助けに行こうとした時、官軍に捕えられて体のあちこちを切られて危機を迎えた。
九家の書あらすじ7話予告内容を見ると、九家の書イスンギの初恋チョンジョが春華館の羞恥木に縛られるとかかれているが、カンチはチョンジョを助けることが出来るのか?

九家の書あらすじ7話予告!ソファとチョンジョの似たような運命? 
九家の書あらすじ7話予告!ソファとチョンジョの似たような運命?

チョグァヌンの部下にブレスレットを切られたカンチは怒りに満ちて、獣へと化けてしまった。
獣へと化けてしまったカンチを驚いた瞳で体を固めて眺めているヨウル!
自分の本当の姿を知らなかったカンチ!
自分の姿に驚いたカンチとヨウルの恋の行方が気になる。
九家の書予告7話では、ヨウルがカンチの存在をタムピョンジュンに知らせることになるが、今後、カンチの運命との戦いはどのように広げられるのか?
4月29日夜9時55分に放送を予定している韓国ドラマ九家の書7話で確認できるだろう。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/268-1087f51d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。