九家の書あらすじ4話!九家の書4話あらすじとレビュー

2013年04月25日 19:53

九家の書あらすじ4話!九家の書4話あらすじとレビュー
九家の書あらすじ4話!九家の書イスンギの魅力は?

韓国ドラマ九家の書4話も月・火韓国ドラマ視聴率の争いの中、1位を占めた。
現在、韓国ドラマ九家の書と職場の神が視聴率を競争中だが、キムテヒ主演のチャンオクチョン、愛に生きるも内容の面では、二つの韓国ドラマに比べて悪くはない。
チャンオクチョン、愛に生きるは、チャンオクチョンの生涯を朝鮮時代のデザイナーをコンセプトに政治と成功を描いている。
勿論、韓国ドラマおすすめは、九家の書である。
九家の書あらすじは、全体的な九家の書あらすじとレビュー、そして、韓国ドラマ九家の書あらすじは和訳中心になりそう。
韓国ドラマ九家の書あらすじ4話でもっとも見所は、ファンタジー武侠活劇であるため、半人半獣へと変身する九家の書イスンギの姿である。
半人半獣へと変身したイスンギの切ない初恋から新しい愛を手に入れる過程と時代劇で見逃せない悪役への罰を与える勧善懲悪を描くだろう。
下記は九家の書あらすじ4話内容とレビューであるため、韓国ドラマ九家の書4話あらすじの詳細な内容はもう少し時間がかかりそうだ。
今、九家の書あらすじを1話から書き直しているが、最近、面白い韓国ドラマが多いため、月・火曜日は時間があまりない。

九家の書あらすじ4話!九家の書で何でも出来る万能イスンギ?イスンギの魅力は?

なぜ、チョクァヌン(イソンジェ)は、東人出身なのに、同じ東人出身であるチョンヨリプの大同契(デソンゲ:朝鮮宣祖22年(1589)に、チョンヨリプが謀反を図るときに作った団体。毎月15日に係員が集まって武術を磨いて株式(酒食)を持ちながら李氏王朝を追い出す計画を構えており、全州で王様が生まれると噂を操作したりした。)を無惨に虐殺することに先き立ったのか?
韓国ドラマ九家の書は、単なるファンタジーメロドラマではなさそうだ。
九家の書序盤に少し言及がされた東人と西人の対立、李舜臣/イスンシン将軍(ユドングン)の登場で、政治と歴史まで含んでいるという点が興味深いだ。
半人半獣と人間女性の愛に焦点を置いて見て九家の書4話へ入ってから、このドラマが、単に武侠メローファンタジー物ではないということに虚を突かされた気分だ。

九家の書4話を見ていて、パクムソルの妻がチョンヨリプを言及する言葉を聞いて少し怪しげに思った。
チョンヨリプは、もともとは西人だったが、後に東人に背を向けた人物だ。
朝鮮の歴史を最も残酷な悲劇の1ページへ導いた己丑獄事(キチュクオクサ:朝鮮宣祖22年(1589)にチョンヨリプ(鄭汝立)の謀反をきっかけに起こった獄死。権力の核心から追い出されたチョンヨリプが全州、鎭安などでの大同契/テドンゲを組織して、毎月、弓術を身につけたが、これが逆謀だと告発されて組織員全てが逮捕ㆍ処刑された事件で、これで東人が没落して、西人が政局を主導するようになり、湖南出身の官職登用に制限を加えたきっかけとなった。)の出発点となった人物だ。

東人処断の先頭に立つ人物が西人の領袖チョンチョルであり、後にチョンチョルは宣祖に光海君(クァンヘクン)を王世子(皇太子)へ冊封すべきだと提案して失脚したが、チョンヨリプが帰郷して組織した大同契(テドンゲ)を中心に逆謀を図るという告発が出ると、義禁府(ウィクンブ)へ護送れていた途中、チョンヨリプは自決してしまう。
チョンヨリプの疑問な自決で逆謀の真偽を確認するのは事実上、困難だ。
歴史学界でもチョンヨリプの逆謀を置いて意見が分かれたりする。
濡れ絹を着せられたと言う意見と、彼の進歩的で革新的な思考を持って逆謀を図ったと言うことに手を上げる意見もある。

九家の書あらすじ4話!チョグァヌンとイスンギの悪縁が始まる? 
九家の書あらすじ4話!チョグァヌンとイスンギの悪縁が始まる?

ともかく、東人出身のチョグァヌンが同じ出身の東人を清算するために先頭に立ったという点で、彼は自分の利益のためには、いわゆる私利私欲が優先だった人物みたいに見える。
チョンヨリプと大同契(テドンゲ)処断に先に立って政界の重要な官職へ上がることができたようにも思われる。
前兵曹参判(ビョンゾチャンパン)を過ごしたということからも、当時、朝鮮は西人が権力を握っていた点を照らしてみると、東人出身だった彼が高い実勢座についたのは、それだけどんなことも構わず悪辣な方法を使っていたことを言っている。
友人のユンキジュ(ユンソファの父親)を逆謀に追い込んで家を全滅させてしまったことからも分かる。

チョグァンヌンは人間の顔を被った本物の怪物だが、彼の野心が南道一帯の商圏を受け入れるだけではないという点から、より大きな危険が感知される。
国の存亡の危機をもたらすような危険な人物ではないかとも思われる。
ついに姿を現わした李舜臣(イスンシン)将軍役のユドングンの登場でスケッチがはるかに大きく、膨大であることが感じられる。

チョグァンヌンは、この奴は党派を離れ、人間の顔を被った本物の怪物だ。
娘に違いなかった友人の娘を自分の女にしようと、怖いほどの執着を見せて、ユンソファを崖っぷちに追いやって、それでも足りず、すぐに死んでも可笑しくないお爺さんが孫娘年齢の幼いパクチョンジョにまで目を持っていくなんて・・・悪い奴!
こんな奴にはユンソファに対する異常な執着病気があるようだ(このような奴は本当に残酷で凄惨に死ぬべし!)。

九家の書あらすじ4話!謝るって?どうやって? 
九家の書あらすじ4話!謝るって?どうやって?
九家の書あらすじ4話!私がその罰を受けます。 
九家の書あらすじ4話!私がその罰を受けます。


息子パクテソとチェカンチの無礼を謝りに来たパクムソルに娘をくれということを言うなんて人間ではないとしか言う言葉がない。
でも、悪役が活躍をするほど、主人公を応援する視聴者が増えるはずなので・・・
人間とは言えない獣と向き合ったパクムソル、息子とチェカンチの無礼は自分のせいだとカンチに棍棒200回を下すと言うチョグァヌンの前にひざまずいて、代わりにその棍棒を変わりに受けると言う人柄に本当に惚れた。
居酒屋でクッパを食べながら、本のちょっとの登場にも、“存在感というのがこういうことだ”を確認させるユドングン(この方が、李舜臣将軍役だといいます。本当によく合います^^)の内面の深い演技もなるほど!という感嘆詞が自然に出てきた。

九家の書あらすじ4話!イスンシン将軍の初登場! 
九家の書あらすじ4話!イスンシン将軍の初登場!

徐々にあらわれるチョグァヌン(イソンジェ)の野心、兵曹参判を過ごした人が帰郷して商圏を手に入れて、彼の雇っている不思議な奴らの正体も奇怪極まりない。
ソジョン法師の姿をしてパクムソル前に現れた護衛武士の正体も気になるし、チェカンチを囲むソジョン法師(キムヒウォン)とパクムソル(オムヒョソプ)の20年前のことを知っていたのかそれも気になる。

会うべき縁は必ず遭遇することは、カンチとタムヨウルが避けられない運命のようだ。
ソジョン法師がそんなに心配して防いでみようと努力するが、思い通りにならないことが人の歴史であり、彼らの運命のようだ。
人命は天意によると言うように、ソジョン法師がタムヨウル(スジ)にした予言が深い意味を持っていた。

“もし、その縁を避けないとどうなりますか?その縁を避けることができないような場合は?”
市場通りで商人たちから高利を奪ったマボンチュルとその連れたちに罰を与え、高く奪った高利を商人たちに返すカンチを見たタムヨウル、彼との縁が避けられない縁であることを感じ始めた。

九家の書あらすじ4話!二人中、一人が死ぬかもしれない! 
九家の書あらすじ4話!二人中、一人が死ぬかもしれない!
九家の書あらすじ4話!避けられない縁ならどうなりますか? 
九家の書あらすじ4話!避けられない縁ならどうなりますか?

幼い頃、オオカミから救ってくれた少年、その聞き慣れた言葉、“心配しないで、私の隣で守ってあげるから”、世界でオニグモを最も恐れていると言ったその男の子がチェカンチであることを知ったタムヨウル。
幼い時に一度結んだ縁が必然なって再び現れたのようだ。
何よりもチェカンチ、あいつに対して益々気になって知りたくなるのタムヨウルだった。
強者に強く、弱者の痛みを包むことができる男、彼はタムヨウルが望んでいた縁人、本当に強く温かい男だったから。
この人が縁の主人公なら避けたくないタムヨウルだ。
彼が他の女性を心に抱いていることを知りながらも。

九家の書あらすじ4話!一人が死ぬかもしれない? 
九家の書あらすじ4話!一人が死ぬかもしれない?
九家の書あらすじ4話!覚えてない縁は意味がない! 
九家の書あらすじ4話!覚えてない縁は意味がない!

“どちらかが死に至るかもしれません。人の生死与奪とその運命の終始は、天の権限です。私が話してあげられる言葉はここまでです、それでは。”
ソジョン法師の予言には、希望的な伏線が敷かれている。
‘死ぬ’でなく、‘死ぬかもしれない’と言ったから。
避けないと、誰かが死ぬかもしれないという話にかしげるタムヨウル、それでも、その言葉に耳を傾けるタムヨウルでは無さそうだ。
誰かに心が行ってしまって目が先に行ってしまって胸が躍るのは防ごうとしても防げないものだ。
だから、愛なのだ。
虫が良く、ハンサムで、義俠心も強く、責任感も強い、男の中の男であるチェカンチに惚れないとそれが可笑しいだろう。
もちろん、タムヨウル(スジ)も男が惚れないと異常だと思われるほど超きれい。
まだ、チェカンチはタムヨウルが女であることを知らずにいるが女であることに気づいたら変わるだろう。

九家の書あらすじ4話!正義に燃えるカンチ! 
九家の書あらすじ4話!正義に燃えるカンチ!
九家の書あらすじ4話!弱者のために力を貸す。 
九家の書あらすじ4話!弱者のために力を貸す。
九家の書あらすじ4話!カンチって。チェカンチ。 
九家の書あらすじ4話!カンチって。チェカンチ。
九家の書あらすじ4話!理由なしで人をいじめる男ではありません。 
九家の書あらすじ4話!理由なしで人をいじめる男ではありません。

カンチがオニグモを恐れていることを知っているタムヨウル、しかし、カンチはまだタムヨウルを思い出していない。
覚えのない出会いであれば意味もないと言うヨウルに思い出したら意味もまた生じてくるのかと尋ねるカンチ。
意味と言うのは会う縁であり、その縁が運命的な縁分であることをカンチも知っていくことになるだろう。
チェカンチと言う人物がこんなに魅力的で愉快なキャラクターなんて、ドラマ全体に敷かれている暗鬱で悲しい運気にもチェカンチの反転の魅力はもの新しい。
事故多発地域、世間知らずだというが、芯がまっすぐで男気強いチェカンチ、九家の書4話においては彼の濃い悲しみを覗き見できた。
20年を表現せずに明るくが育ってきたようなチェカンチがパクムソル(オムヒョソプ)家族の睦まじい姿を少し離れた場所で嬉しそうに眺める姿がいたわしくやるせない。
“ただ眺めているだけで幸せを感じます。見ているだけでも私はパク家族の一部になったような、そんな感じを受けるからね・・・”。

九家の書あらすじ4話!家族団らん?幸せそうなパクムソル家族! 
九家の書あらすじ4話!家族団らん?幸せそうなパクムソル家族!
九家の書あらすじ4話!羨ましいより見ているだけでも幸せです。 
九家の書あらすじ4話!羨ましいより見ているだけでも幸せです。

言葉の最後に流れる生みの親に対する恋しさ、そして、彼を引き取って育ててくれたパクムソルに対する愛情がそのまま伝わった。
パクムソル家族を見ながら浮かべる微笑にはチェカンチの痛みが忍んでいた。
若い俳優がこのような複合的な感情を表現するのが容易ではないものだ。
心から嬉しく思っているのに、自分も知らないうちに流れてくる痛みを、第3者に感じさせることは。
イスンギの感情が豊富であると言うのがこのような場面で明らかになってくる。
月光園の悲しい伝説、ユドングンの重量感のあるナレーションに流れる悲劇の運気にもイスンギとスジの組み合わせは、おしゃれな現代劇に劣らず甘くて爽やかだ。
賢く見えない部分と真剣なメロ、さらに、叙情的な感じを持ったイスンギの多様な魅力が毎回贈り物のように溢れ出てくる。

九家の書あらすじ4話!アッ!何者だ? 
九家の書あらすじ4話!アッ!何者だ?
九家の書あらすじ4話!どうして、避けられないの?瞬発力はどこへ行った? 
九家の書あらすじ4話!どうして、避けられないの?瞬発力はどこへ行った?
九家の書あらすじ4話!私を知ってるの? 
九家の書あらすじ4話!私を知ってるの?
九家の書あらすじ4話!覚えてないなら意味がない! 
九家の書あらすじ4話!覚えてないなら意味がない!

パクムソル妻の命令に兄のように一緒に過ごしてきたジキミ(守人)たちに叩かれても、百年客館に問題が起きると、遊び心の表情を一瞬に消すチェカンチ、百客客館を出て行けと言うパクムソルの妻ユン氏婦人の警告にも関わらず、客館に向かって走って行く。
彼が受けた恥と侮蔑にもプライドを捨てる。
カンチにとって、百年客館とパクムソルは命をかけて守るべき家であり、家族だから。
パクムソル妻からは、幼い頃から一度も微笑んでくれたことのない理由を尋ねるカンチ、返ってくる答えはカンチを混乱させる。
賤出なんかが誰を心に抱いているのかと言う言葉よりもっと苦しく胸を押してくる。
“私は君が不吉だ。元来、生まれから君は不吉な子だった。君が私のテソとチョンジョに危害を及ぼすかが心配で私は君が嫌いだ。目障りで不便だ。”

九家の書あらすじ4話!客館を空けて! 
九家の書あらすじ4話!客館を空けて!
九家の書あらすじ4話!先に泊まったものが勝ちだ! 
九家の書あらすじ4話!先に泊まったものが勝ちだ!
九家の書あらすじ4話!人間かどうかも知れない君が恐ろしい。 
九家の書あらすじ4話!人間かどうかも知れない君が恐ろしい。
九家の書あらすじ4話!命をかけてもテソとチョンジョは守ると誓います。 
九家の書あらすじ4話!命をかけてもテソとチョンジョは守ると誓います。

命をかけてでもテソとチョンジョを必ず守ることを誓うという言葉にもユン氏夫人は冷たい表情のままだ。
“人間なのか何ものなのかも知れない奴の誓いなどを私がどうやって信じるのか!・・?”
カンチも自分から出てくる怪力の正体を知っていない。
しかし、成長して行きながら他の人とは、他の気運を本人も感知して可笑しいと思ったことはあるはず。
野の獣(オオカミ)も制圧する気を。
幸いにも、カンチから出てくるオーラは魔除けのブレスレットの効果のためなのか、悪いことや自分の私欲のためには使っていない。
パクムソルのもとで見て、学び、育ったカンチが人間の良い素養だけを受けたようでもある。
自分の力を弱者を苦しめることに使う人間も胎盤なのに、カンチはその力を唯一、弱者を苦しめる悪者と殺気を持った者たち、そして、百年客館に害を与える人だけに使って来ているから。

九家の書あらすじ4話!おい!久しぶり。 
九家の書あらすじ4話!おい!久しぶり。
九家の書あらすじ4話!昨夜の50ニャンは全部使ったのか? 
九家の書あらすじ4話!昨夜の50ニャンは全部使ったのか?

しかし、否定できない真実は、カンチの正体は完全な人間ではないということだ。
誰よりもまっすぐな心と恩恵を知っている人の心を持ったカンチだが、半人半獣と呼ばれる正体は人間にとっては退治すべき怪物に照らされるだけだろう。
カンチの父、クウォルリョンがそうだったように、人間を愛した理由だけで、愛する人を守りたいという心が宿命のように続いている。
チョグァヌンと立ち向かわなければならない必然的な運命も。

婚礼を控えた初恋パクチョンジョ(イユビ)を見て心、胸が裂けるほど痛いはずなのに、寂しく足を引き返していくチェカンチ、カンチにとって愛は幸せでありながら痛みだ。。
許されない愛、チョンジョもカンチが好きだということを知りながらも、あえてチョンジョをもらうためにお願いに出られることさえ許されない立場を誰が知っているだろうか?
おそらく、カンチの初恋は、苦しみ以上の悲劇に終わるようだ。
チョグァヌンが送った部下がパクムソルに害を与え、その濡れ絹をカンチに被せることが明確だから。

九家の書4話あらすじ!もう少しで嫁に行くチョンジョ。 
九家の書4話あらすじ!もう少しで嫁に行くチョンジョ。
九家の書4話あらすじ!初恋を胸に潜めて隠れて見るしかないカンチ。 
九家の書4話あらすじ!初恋を胸に潜めて隠れて見るしかないカンチ。

母乳を一度も飲むことができず、生まれてすぐ江に捨てられるしかなかったチェカンチ、パクムソルの妻が言った生まれから不吉な子ではなく、チェカンチは生まれから悲しみに満ちた子だった。
パクムソルの愛を受けて真っ直ぐに育ったとはいえ、彼の妻はずっと冷たく、差別を受けていたカンチだった。
パクムソルからもらった恩恵を少しでも返しながら百年客館を守ることが使命だと思いながら、悲しみを表現せずに育ってきたカンチ、麗水では知らない人はいない江に捨てられた子という生まれの悲しみも、パクムソル家族の団欒な表情で忘れられていたカンチだった。
しかし、その幸せが粉々に壊れようとしている。
百年客館に向かって近寄ってくるチョグァヌンの恐ろしい陰謀が待っているから。

九家の書4話あらすじ!カンチのブレスレットについて聞くソジョン法師の顔をしたチョグァヌンの部下。 
九家の書4話あらすじ!カンチのブレスレットについて聞くソジョン法師の顔をしたチョグァヌンの部下。
九家の書4話あらすじ!君は誰だ?何者だ? 
九家の書4話あらすじ!君は誰だ?何者だ?

チェカンチと言う人物は様々な顔を持っている。
豪快ながらも、ふてぶてしくて、ある面では馬鹿な物足りなさも持っていて、遊び心も多く、男気も強く、性格は直ぐに怒る。
麗水では、有名な自称純情派でもあって。
半人半獣の生まれは、ソジョン法師がくれたブレスレットのために、姿は封印されたが、反射的に出てくる彼の身のこなしは野性が読まれる。
手裏剣みたいな槍が飛んでくると反射的にタムヨウル(スジ)を保護して姿勢を低くさせて、“誰だ?”と叫ぶ姿は動物のように鼻の周りに神経を集中させる。
半人半獣と呼ばれるキャラクターを念頭とした表情演技ではないかと思って、その繊細さに褒め言葉を。

九家の書4話あらすじ!危ない! 
九家の書4話あらすじ!危ない!

アクション、コミック、メロー、できないジャンルがないイスンギは、虫の良さを見せようとするぎこちない演技さえも笑みを浮かばせる。
タムヨウルにふざけて足で容赦なく蹴られては、すぐに尾を下して、ロープで縛られて格好悪い屈辱を受けながらも、プライドを守って欲しいと願いに出たり、百年客館に問題が生じたという言葉に表情を一瞬に変えて丁寧にロープを外して欲しいと雰囲気を急反転させたりして、タムヨウルに竹で後頭部を無防備の状態で叩かれて驚いたりして、二人のこだこだしている姿がとても可愛い。

九家の書4話あらすじ!目を覚まして! 
九家の書4話あらすじ!目を覚まして!
九家の書4話あらすじ!なぜ?君がここに? 
九家の書4話あらすじ!なぜ?君がここに?
九家の書4話あらすじ!格好悪いから外してくれ。 
九家の書4話あらすじ!格好悪いから外してくれ。
九家の書4話あらすじ!親しい友達だ!遊び友! 
九家の書4話あらすじ!親しい友達だ!遊び友!

客館から出ていたことを追及するパクムソルの前では、なれない下手な嘘を並べ立てても、自分の嘘があまり上手だったかのように自分に感心している純粋な姿まで、笑みを消せないイスンギだった。
チョグァヌン一行が不意に押しかけて騒ぎが起こった時、カンチと客館を守る人たちはユン氏夫人のために客館を守ることができなかった。
色々な言い訳と嘘で客館を守る人(兄貴)とユン氏夫人が苦境にさらされないようにしようと、文字通り足掻きを打ってみる。
パクムソルがカンチを大切にしているのは、彼が持っている神秘的な力のためではなく、そのようなカンチの気さくで優しい性格、カッとなり勝ちだが、拳を惜しまない男気、周りの人を包み込むような温かい心のために本気で自分の息子同様に大切に思っているだろう。

九家の書4話あらすじ!大変申し訳ございません。旦那様! 
九家の書4話あらすじ!大変申し訳ございません。旦那様!
九家の書4話あらすじ!僕のせいです。私に罰を・・・ 
九家の書4話あらすじ!僕のせいです。私に罰を・・・
九家の書4話あらすじ!私が問題を起こしてせいで。 
九家の書4話あらすじ!私が問題を起こしてせいで。
九家の書4話あらすじ!話の通じつまが合わない。 
九家の書4話あらすじ!話の通じつまが合わない。

一つ一つ聞くパクムソルの質問に答えが出来なくなると、大きな声で“大変申し訳ございませんでした、旦那様!”だというので、その裏をかく演技に笑ってしまった。
例えば、パクムソルにずうずうしく、“一度だけお目に見てください。”と可愛いしぐさを見せるキツネのような演技だった。
九家の書を長い間準備してきたイスンギ、毎場面をモニターリングを忘れない姿が読まれるくらいだった。
コミック演技は自然で、メロは切なく、アクション演技まで出来ないことがない男、イスンギ、この人の反転魅力は終わりがない。
しかし、まだ大きなのが残っている。
野獣に変わるチェカンチの姿!
ダークチェカンチ、それも半人半獣の獣のような姿に変身することになるはずだが、実験的なものであることもあるイスンギの怪物演技(?)も期待される。

九家の書4話あらすじ!侵入者と戦うカンチとヨウル! 
九家の書4話あらすじ!侵入者と戦うカンチとヨウル!

父と同様だったパクムソルを殺した敵チョグァヌンと対立しながら、チェカンチは人間らしく生きるために険しい道のりを始めるだろう。
これまでは、百年客館の酔客と暴れ者、そして、市場通りの悪者(ワルチャ)に向かって拳を振り回したカンチだった。
愛する人を守ること、家であり家族である彼らを守ることが全てだったカンチの前に吹く血の風、その血の臭いにカンチの野生がどのように表出されるか期待される九家の書だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/267-cd4c4dea
    この記事へのトラックバック