九家の書あらすじ1話!イヨニの羞恥と怒りの演技が輝く!

2013年04月11日 19:59

九家の書あらすじ1話!イヨニの羞恥と怒りの演技が輝く!

九家の書あらすじ1話イヨニの羞恥と怒りの演技が輝く!では、九家の書1話あらすじとレビュー中心で、次回に掲載する九家の書あらすじ1話!九家の書1話あらすじ和訳版に置いては全体的な和訳を3-4回に分けて掲載するつもりです。
次回の九家の書あらすじ1話和訳版もよろしく!

イスンギ、スジ主演の九家の書がベールを脱いた。
The king 2hearts以降、イスンギの次期作を長い間待っていた私には恵みの雨のような便りだった。
カン·ウンギョン作家の作品を組んでいくスタイルを個人的には好きだが、出生の秘密コードで始まった九家の書!
大引けといわれるドラマ定番メニュー出生の秘密は、九家の書では、人間と智異山神霊の愛でフュージョンファンタジーを加味した新概念の出生の秘密コードを用いた。
百年も生きてきた蛇が人間になりたいと願うとか、九尾狐が人間になるために人間の肝臓を食べると言う伝説の故郷でよく登場する素材はあったが、智異山の守護領 と人間の愛は、それ自体だけでドラマを作っても面白いそうな新鮮な素材だ。
今までの九尾狐は、通常女性キツネだったが、男というのも観念を破った設定だ。

九家の書あらすじ1話!運命は助けから芽生える? 
九家の書あらすじ1話!運命は助けから芽生える?
九家の書あらすじ1話!避けられない運命なら私が守る! 
九家の書あらすじ1話!避けられない運命なら私が守る!

特に、九家の書の主題になる愛と人間についての質問は、単にフュージョンファンタジー史劇を超えて、何が人を人らしくするかの質問に対する答えを探し、私たちの心の中、様々な姿を覗かせするようなので、多分、自己反省の時間になるかも知れないという気がする。
私は個人的に面白く見た、見ている好きなアニメ犬夜叉と夏目友人帳に置いても、似たような考えをしてたりしたが、妖怪たちよりも変化の激しい、あるいは残忍な動物が人間ではないかと思った。
九家の書の主人公チェカンチ(イスンギ)の出生過程を描くようになる序盤、クウォルリョン(チェジンヒョク)とユンソファ(イヨニ)の善男善女のビジュアルは、シン·ウチョル監督が盛りだした映像の中で輝いていた。
イヨニは時代劇でもきれいに映っていた。

九家の書あらすじ1話!切々たる運命は拒否できないものなのか? 
九家の書あらすじ1話!切々たる運命は拒否できないものなのか?
九家の書あらすじ1話!運命と戦っているイヨニ 
九家の書あらすじ1話!運命と戦っているイヨニ

いつも指摘されるイヨニの演技は、九家の諸1話で身を投げる熱演で議論から少し自由になっているようだ。
正直、イヨニの演技を見ながら悲しみを感じたのは初めてだったので、演技の発展を褒めてあげたい。
ユンソファという人物の感情にイヨニ、自ら没頭していることが見えた。
悪役で出てくるチョグァヌン役のイソンジェ、残酷で、卑劣なチョグァヌン役にぴったりだった。
イソンジェの悪役演技は初回だったのにも関わらず、叩いてやりたいと思うほど極悪非道に表現していた。
信じてみるイソンジェの演技はやっぱりがっかりさせなかった。
どっしりとしたカリスマのタムピョンジュン役のチョソンハも劇の中心を取ってくれた。

九家の書あらすじ1話!ソファを抱いてやる! 
九家の書あらすじ1話!ソファを抱いてやる!

九家の書あらすじ1話!運命は拗れていく。 
九家の書あらすじ1話!運命は拗れていく。
九家の書あらすじ1話!私が心から愛していた人のために。 
九家の書あらすじ1話!私が心から愛していた人のために。
九家の書あらすじ1話!私の初恋は終わった? 
九家の書あらすじ1話!私の初恋は終わった?
 


特に、九家の書1話で目立った演技者はユンソファの小間使いに出てきたダム(キムボミ)というキャラクターだったが、ユンソファの代わりにチョグァヌンと初夜を過ごし、チュノクン(追奴)につかまってきたユンソファの弟が東欧外絞首刑に処されるのを見て、春華館の大梁に首をつって自決をしてしまって残念だと思った。
初めて見た演技者だったが演技が上手で注視していた。
父が逆賊の汚名を被って友達だったチョグァヌン(イソンジェ)の剣に打たれ、殺される場面を目の前で見るしかなかったユンソファ、父を叫ぶ彼女の悲鳴と全身に弾く父親の血、ユンソファのひどい運命の始まりを示していた。

九家の書あらすじ1話!運命に屈するな?! 
九家の書あらすじ1話!運命に屈するな?! 

九家の書あらすじ1話!弟の命を助けて! 
九家の書あらすじ1話!弟の命を助けて!
九家の書あらすじ1話!お父さん!信じられない。 
九家の書あらすじ1話!お父さん!信じられない。
九家の書あらすじ1話!君は僕が抱いてやる。 
九家の書あらすじ1話!君は僕が抱いてやる。

彼女の予告された悲劇は官妓になる運命で終わりそうではない。
人間ではなく、人間には九尾狐と呼ばれる智異山守護領クウォルリョンとの愛は、彼女はもちろん、彼女が産んだ息子チェカンチ(イスンギ)に継がれる。
半人半獣を愛したユンソファ、人間の女を愛したクウォルリョン、彼らの息子チェカンチ(イスンギ)は、人間の手で育ちながら、父のように人間の女タムヨウル(スジ)を愛し、自分が半人半獣という事実を知ることになりながら、完全な人間になろうと父クウォルリョンが探し続けていた九家の書を見つけようとするだろう。
九家の書を見つけようとすることを見ると、父クウォルリョンと息子チェカンチは蛙の子は蛙のように、愛にすべてを捨てることができる、いいえ、愛にすべてをかける男のように見える。

九家の書あらすじ1話!助けて!あなたは誰? 
九家の書あらすじ1話!助けて!あなたは誰?
九家の書あらすじ1話!運命かもしれない!彼女が私の胸の中にいる! 
九家の書あらすじ1話!運命かもしれない!彼女が私の胸の中にいる!

カン·ウンギョン作家が九家の書というの秘策を探すクウォルリョンとチェカンチを通じて見せたがるテーマは堅固な愛と何が人間らしいものなのかという、人間についての質問であるだろう。
彼らがそのようになりたい人間、その人間の千態万象を介して人間に生まれたのが一番大きな祝福ではないかという・・・
それでも私たちは人間らしくない人々を見て、時には獣よりも劣る人間を見ることもある。
半人半獣チェカンチがなりたい人間はどんな人間なのか?
人間らしい、人間がどんな人間なのかをチェカンチの目を通じて見る私たちは韓国ドラマ九家の書を通じて悩むはずだろう。
完璧な人間ではなく、半人半獣の目に映った人間の赤裸々な姿の中でチェカンチは時には私たち自身になるだろう。
私たちが追求する人間らしい人間をチェカンチの目を通って見ることになるようだから。

九家の書あらすじ1話!後日を約束しよう!逃げて! 
九家の書あらすじ1話!後日を約束しよう!逃げて!
九家の書あらすじ1話!早く行って!必ず会えるから。 
九家の書あらすじ1話!早く行って!必ず会えるから。

官費として春華館の官妓にならなければならない境遇に置かれたユンソファ(イヨニ)、死んでも妓樓の入り口を超えないと粘っていたユンソファは春華館のヘンス妓女、チョンスリョン(チョンヘヨン)が下った過酷な罰を受けることになる。
羞恥木と呼ばれる木に下着姿で縛られて羞恥に耐えなければならなかった。
この様子を見ていた智異山守護領クウォルリョン(チェジンヒョク)、三日夜間、ユンソファを見守りながら葛藤する。
助けるべきか、助けまいかについて。
求めてくれる否かを置いてね。
人間の物事に関与すべきではないと引き止める人間の友達、ソジョン法師の引き止めにも、結局、助ける決心をしたが、瞬く間に消えてしまったユンソファだった。
三日を木に縛られていて気を失ってしまったユンソファをチョンスリョンが部屋に入れろと命じたからだった。

九家の書あらすじ1話!どんな羞恥心を持たしても負けまい! 
九家の書あらすじ1話!どんな羞恥心を持たしても負けまい!
九家の書あらすじ1話!助けるべきなのか?助けまいか。 
九家の書あらすじ1話!助けるべきなのか?助けまいか。

それで、人間の女性との縁は作らないと思ったクウォルリョン、森に帰ったクウォルリョンは山が動揺することを感じる。
チョグァヌンと初夜を過ごさなければならなかったユンソファがタムの犠牲で逃げることになり、弟ジョンユンと逃げていたユンソファは弟だけでも救いたいと思い、自決するつもりで隠してきたかんざしで自分を刺そうとしていた瞬間、クウォルリョンはソファの自決を防ぎ、彼女​​を救う。
人間の女に惚れたクウォルリョン、ユンソファとの愛のために人間になる方法が書かれている秘書、九家の書を探すことになるが・・・

九家の書あらすじ1話!弟は無事だろうか?タムは無事だろうか? 
九家の書あらすじ1話!弟は無事だろうか?タムは無事だろうか?
九家の書あらすじ1話!あなたは笑顔が一番綺麗だから笑って! 
九家の書あらすじ1話!あなたは笑顔が一番綺麗だから笑って!

二人の愛は悲しい伝説で終わることを九家の書1話で予告していた。
二人の間で生まれたチェカンチを残して。
チェカンチをバスケットに入れて、江に流して行かすユンソファ、九家の書2話予告編を見ながらちょっと十戒という映画を思い出した(モーセがバスケットに盛られてファラオの娘に救出されて育ったから)、チェカンチを江に流して送った理由は、おそらくユンソファの母情だったようだ。
春華館の人たちが出没したと述べた九尾狐(クウォルリョン)と逃げた官妓の身分から、息子チェカンチを育てるのは難しいと思い、息子だけは人間らしく人生を歩んで欲しい思っていた母の愛だったのでは。
九家の書1話の中心のストーリーは、ユンソファの数奇な運命が主軸になった。
目の前で父の死を見て、父を殺したチョグァヌンに身を渡さないといけない過酷な運命、イヨニの涙に胸が切なくなり、ユンソファの驚異的な運命に胸が痛み、下着姿で木に縛られ通り過ぎる通行人たちの見世物にされる羞恥と飛んでくる石にも歯を食いしばって堪えて立っているユンソファの講壇ある姿に、九家の書1話から感情移入できた。

九家の書あらすじ1話!運命に負けない!運命と戦おう! 
九家の書あらすじ1話!運命に負けない!運命と戦おう!
九家の書あらすじ1話!運命に負けない!しかし、弟は助けないと! 
九家の書あらすじ1話!運命に負けない!しかし、弟は助けないと!
九家の書あらすじ1話!お父さん!! 
九家の書あらすじ1話!お父さん!!
九家の書あらすじ1話!運命に負けるなら自ら命を絶つ! 
九家の書あらすじ1話!運命に負けるなら自ら命を絶つ!

逃げたユンソファを見つけるために、死んでいるなら死体でも探そうとするチョグァヌンが下した追捕令、よりによってトポサ(討捕使:各陣営で泥棒を掴まる事を引き受けていた官職)がチェカンチが愛するようになるスジの父ダムピョンジュン(チョソンハ)だった。
父を殺した人がダムピョンジュンになるようだから、これも数奇な運命が始まっているのか・・・
クウォルリョンとユンソファの悲しい伝説になってしまった愛、二人の息子チェカンチも悲しい愛が伝説に繰り返されるのか、最後まで胸をはらはらしながら見守らなければならないようだ。
個人的には、ハッピーエンディングを追及する人だから、九家の書1話からハッピーエンドでないといけない!を心の中で叫んでいるけど。
九家の書1話で、とりわけ、イヨニから悲しみがたくさん見えた。

その悲しみはカンチにそっくり継がれるだろう。
父クウォルリョンの人間の友達、ソジョン法師のブレスレットが半人半獣チェカンチを封印しているようだが、その封印が解けて、彼が苦しむ混乱が胸痛く寄ってくるようだ。
出生の秘密、自分が人間ではないという衝撃的な事実、母の家の敵、父を死に至らせた人々、復讐と怒り、そして、親に対する懐かしさ、タムヨウル(スジ)との険しい愛への道、チェカンチが苦しまなければなら苦難と逆境が。

チェカンチは人間になるために苦難を誰よりも厳しく激しく受けるかもしれない。
チェカンチに比べると、我々はどんなに、簡単に人間に生まれたのか・・・
チェカンチとクウォルリョンに取っては、それほど大変なことなのに。
ところで、私たちは本当に人間らしく生きているのかを反問し反省もすることになるようだ。

九家の書あらすじ1話!九家の書キャストイスンギの活躍が期待される九家の書3話! 
九家の書あらすじ1話!九家の書キャストイスンギの活躍が期待される九家の書3話!

九家の書2話予告編で何も知らないような明るく天真爛漫に見えるチェカンチ(イスンギ)にすでに悲しみという人間の感情がざくざく歩いていくようで、一方ではもう胸が重荷に押されているようだ。
内面演技に強いイスンギ、チェカンチと言うキャラクターをどのように描いていくか、今からワクワクする。
九家の書2話予告編にちょっとだけ登場したイスンギ!
初めての史劇にもフュージョンファンタジー史劇だから大きな負担は感じなかったが、イスンギの初めての時代劇演技も心配にはならない。
あまりにも作品の研究とキャラクター分析を入念にするイスンギだから・・・
アクション演技のために努力したという記事も読んだが、徹底的に準備して作品に臨んでいるイスンギ、カンチアリ、スンギアリがすでに始まったようだ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/258-15e066cd
    この記事へのトラックバック