--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九家の書あらすじ1話!九家の書1話あらすじとレビュー

2013年04月11日 17:46

九家の書あらすじ1話!九家の書1話あらすじとレビュー
九家の書あらすじ1話、チェカンチ(イスンギ)の悲劇的な運命は既に始まった?

九家の書あらすじ1話、チェカンチ(イスンギ)の悲劇的な運命は既に始まった? 
九家の書あらすじ1話、チェカンチ(イスンギ)の悲劇的な運命は既に始まった?

九家の書あらすじ1話で主人公チェカンチ(イスンギ)はまだ、生まれてはないが、彼の悲劇的な運命は既に始まっている。
チェカンチはまだこの世に最初の息も吐き出してないが、父クウォルリョン(チェジンヒョク)の心の中に母ユンソファ(イヨニ)に対する愛が芽生える瞬間、すでに彼の過酷な運命は孕胎されたもの。

九家の書あらすじ1話、チェカンチ(イスンギ)の人間的な歩みは? 
九家の書あらすじ1話、チェカンチ(イスンギ)の人間的な歩みは?

しかし、多分、これは初めからあらかじめ計画されたことだったかも分からない。
最も熱い勇気と肯定の力で絶対禁忌を超えて愛を成すチェカンチの姿を通して、神様はこの地の弱い人間を覚醒させるつもりだったかも知れないと言う話だ。
この世の中のどんな禁忌も障壁も愛よりも強いものはないことを、身分の上下も、男女の差別も、さらに、人間と獣の区別さえも愛よりも優先することはできないことを、この世に生まれたすべての生命は、最終的に愛のために存在するということを。

そう見れば、チェカンチの人生そのものを悲劇とする理由はないだろう。
しかし、人間でもなく動物でもない、半人半獣に生まれた彼の運命に対して、どうやって悲劇という単語を除外することができだろうか?
これから彼が愛を得るために、越えるべき険しい壁は数多く高いものだろう。

九家の書あらすじ1話!伝説の恋が始まる。 
九家の書あらすじ1話!伝説の恋が始まる。

クウォルリョンは人間ではなく獣だ。
もちろん、平凡な獣ではなく、智異山の守護領として九尾狐よりもあらたかな神獸だが、やはり人間ではなく、4つ足を持つ獣であることは仕方ない現実だ。
人間と獣の間の境界、これを越える行為は大自然の摂理に逆らうものとして大きな怒りを招いすることをクウォルリョンは間違いなく知っているはずだ。
好奇心多くて自由な魂のクウォルリョンがなんと千年もの間、人間の世界を覗きながらも、ただ黙々と見物しただけで、あえて人間のことに関与していなかったのは、まさにそのためだっただろう。
しかし、たった一回の恋に落ちる瞬間、千年の境界は崩れてしまった。
ユンソファが絶体絶命の危機から自ら命を絶とうとする瞬間、天地は青い光に包まれて、気を失った彼女は、クウォルリョンの胸に抱かれていた。

九家の書あらすじ1話!悲しい伝説の結末は? 
九家の書あらすじ1話!悲しい伝説の結末は?
九家の書あらすじ1話!助けてください。 
九家の書あらすじ1話!助けてください。

ユンソ化は両班(ヤンパン:朝鮮の高麗(こうらい)、および李氏朝鮮時代の特権的な官僚階級、身分。文官は東班(文班)、武官は西班(武班)に分けられていたのでこの名がある。官位・官職を独占世襲し、種々の特権・特典を受けた。ヤンバン。)の娘であった。
しかし、彼女の父ユンチャムパンは親友だと思っていたチョグァヌン(イソンジェ)の謀陷を受けて逆謀の濡れ衣を着ることになり、チョグァヌンはユンソファの目の前で彼女の父を殺してしまった。
父の首からほとばしる熱い血が十八歳、華奢なユンソファの顔と服に振り撤かれた。
まもなく、チョグァヌンはユンソファを官妓にさせ、彼女の体を陵辱しようとするので、これよりも極悪非道な人物は古今をひっくるめて見つけるのが難しいようだ。
チョグァヌンが持つ悪辣さの原因の一つは、彼の身分が通引(トンイン)出身という自激之心から見つけることができる。
通引(トンイン)とは、朝鮮時代の各地方首領配下の使喚(サファン)に該当する低役職の管理だが、時には仲良い首領に賄賂を渡して、その力を最大限に利用して身分を改善することが少なからずあったようだ。
事情がこうなると、チョグァヌンは自分が通引(トンイン)出身という理由で、常時ユンギスに無視されたと思い込み、ここに出世欲まで加わって、長い間の友とその家族にやってはいけないことを犯してしまう。

九家の書あらすじ1話!人間の欲は罪になる? 
九家の書あらすじ1話!人間の欲は罪になる?
九家の書あらすじ1話!父の死の前で何も出来ないソファの悲しい運命? 
九家の書あらすじ1話!父の死の前で何も出来ないソファの悲しい運命?

士大夫家の箱入り娘であったが、官妓という身分に落とされたユンソファは、十五歳の弟ユンジョンユン(イダウィッ)と小間使いのタミが(キムポミ)と一緒に妓生ハウス春華館に連れて行かれる。
妓生ヘンスであるチョンスリョン(チョンヘヨン)は死んでも妓女になることができないと、粘るユンソファの気を落とすために、彼女の服を脱がせて春華館前大通りに位置する羞恥樹という木に、三日間や縛っておくが、水一口も飲まず気を失うまで妓女になる運命を拒否するくらいユンソファの決心は揺れることなかった。
しかし、官奴となった弟が目の前でむしろ巻きを受け、血まみれになって息を引き取る状況に至ると血縁の情に勝つことができず屈服してしまった。
しかし、すべてのことを諦めて運命を受け入れる予定だった刹那、自分が初夜を過ごす相手が、他でもない父の天敵、チョグァヌンであることを知らされ、自ら命を絶つ決心をした瞬間、小間使いタミの犠牲で服を着替え弟と一緒に脱出を敢行する。

九家の書あらすじ1話!羞恥の木に縛られたソファ、逃げ切れず死んでしまうジョンユン! 
九家の書あらすじ1話!羞恥の木に縛られたソファ、逃げ切れず死んでしまうジョンユン!

しかし、幼い兄妹の運命は苛酷だった。
数日も続いた飢えと鞭打ちでくたびれた身を導いて逃げるには、智異山の山勢はとても険しく、チュノ(追奴)たちの追撃はあまりにも激しかった。
足首に負傷を得たユンソファは弟と一緒に逃げることが難しいと思い、弟ジョンユンを説得して後日を約束して別れるが、弟を見送って再び死のうとした瞬間、彼女はクウォルリョンの助けで命を救われる。
しかし、一人で逃げていたユンジョンユンは日が昇る前にチュノたちに捕まれる。
逃げた官奴の例として町真ん中で容赦なく絞首刑にあうジョンユン・・・

九家の書あらすじ1話!初恋と絶望、ありがとう、そして、ごめんなさい。 
九家の書あらすじ1話!初恋と絶望、ありがとう、そして、ごめんなさい。

その姿を見て泣き叫んで坊っちゃんを叫んで呼んでいたタミは哀れにしばらくして自分の首をつって自ら命を絶つ。
ユンソファの代わりに、チョグァヌンに陵辱をされても屈せず生き残ったタミを自決へと導いたのは、おそらくジョンユン坊っちゃんへの深い思慕の情では・・・
チュノのテギル(チャン·ヒョク)とオンニョン(イ·ダヘ)のように、ジョンユンとタミはお互いに恋をしたようだ。

九家の書あらすじ1話!運命と宿命 
九家の書あらすじ1話!運命と宿命

ジョンユンとタミの切ない犠牲を乗り越えて生き残ったユンソファは今、自分を救ってくれた恩人であり、神秘的な目つきを持ったクウォルリョンと恋に落ちるだろう。
しかし、彼の正体が人間ではないという事実を知っていながらもしっかりと愛することができるかは疑問だ。
ユンソファはよく見れば清らかで竹を割ったような女性だが、他の方向から見ると、すべての人や物事を偏見なしに公平な気持ちで接することができる人物ではなさそうだから。
自分の両班の身分に対する自負心がすごいだけに、人間でもない獣と、一時でも恋に落ちたことに驚き、クウォルリョンを裏切って、間もなく生まれる赤ちゃん、チェカンチまで捨てる可能性が高い。

九家の書あらすじ1話!悲しい伝説は悲しい運命を生み出すのか? 
九家の書あらすじ1話!悲しい伝説は悲しい運命を生み出すのか?

果たして、クウォルリョンとユンソファはどのような運命の渦を迎えることになるだろうか?
九家の書1話は深い山を背景にした神秘的な雰囲気の中で、非常に緊迫感あふれて活気のある展開を見せてくれた。
チョグァヌンがタミの体を求める場面とか、生々しい絞首刑の場面など、刺激的なシーンにより、議論の余地がないわけではないが質や完成度の面では十分に立派だったと思う。

九家の書あらすじ1話!悲しい運命と戦わなければならないチェカンチ(イスンギ)の選択は? 
九家の書あらすじ1話!悲しい運命と戦わなければならないチェカンチ(イスンギ)の選択は?

九家の書は、数千年の間、九尾狐一族に伝わる密書で、桓雄が降りてきた当時、この土地を守っていた多くの守護領に人間になることができる機会を与えようとした契約書だという。
この契約書を受けるためには、3つの禁忌事項を百日間、守らなければならのに(まず一つ、人間を殺生してはいけない。第二に、人間が助けを求めるとき知らないふりをしてはいけない。第三に、人間に守護領という正体をバレてはいけない。)どんな理由かは分からないが、実際に九家の書を見たものは誰もいないそうだ。
九家の書1話のエンディングでは、恋に落ちたクウォルリョンが人間になるために一生厳命に九家の書を探し始めたが、絶対に達成できないだろうし、その望みを後代のチェカンチへと続いてくるだろう。
今後の展開とThe king 2hearts以来、1年ぶりにテレビ劇場で鑑賞することになるイスンギの演技もとても期待される。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/257-12504b91
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。