--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九家の書キャスト

2013年04月09日 17:33

九家の書キャスト

九家の書キャスト紹介と人物関係図を紹介します。
九家の書キャストは登場人物紹介から俳優を登場人物紹介は人物関係図を持って掲載します。

九家の書キャスト チェカンチ 俳優:イスンギ

“意を共にする友達一人と命を捧げる国一つ、そして、心を盛れる愛一つあれば、男として最高の人生だとあの方が話していたのに・・・僕が必ず人間になってそのような人生を一度歩んでみる!だから、そのような私の人生の上に君一人を大切に胸に抱いて生きて行く!”

九家の書キャスト チェカンチ 俳優:イスンギ 
九家の書キャスト チェカンチ 俳優:イスンギ

チリサン(智異山)の守護神獣であるクウォルリョンと人間の母、ユンソファの間で生まれた半人半獣。
しかし、本人は半人半獣という事実を夢にも思わず、母からさえ捨てられて江に流れていた時、百年客館を運営する巨商パクムソルの家で住むことになる。
江に捨てられたと言うことで江置(カンチ)と言う名前を得た彼は自分を引き受けてくれたパクムソルに対する忠誠心とパクムソルの家族のためと思う心一つで生きてきた。
生まれ付きで差しさわりなく我武者羅であり、頭よりは体が先に動くスタイル。
好奇心が旺盛だから気がかりなことを絶対に辛抱できず、一度思ったことはなにがあっても結末を見ないと気がすまない。

九家の書キャスト タムヨウル 俳優:ペスジ

“世の中の法道は私をだったの女だと区分して塀の中に閉じ込めようとする。しかし、私の心が決めた法道は自ら選んだ人生を堂々と生きろと言う。”

九家の書キャスト タムヨウル 俳優:ペスジ 
九家の書キャスト タムヨウル 俳優:ペスジ

タムピョンジュンの一人娘であり、無形刀館の教官。
思ったとおりに意を持ったことを成し遂げると信じる超肯定の結晶體であり、一度思ったことは最後まで熱情と最善で任じる誠実努力派!
また、どのような男よりも寛大で愛想がよく、物事に後を引くことがないクールな性格を持っている。
大人しいビョルタン( 別堂)のお嬢さんよりは、汗を流して男のように体を動かす方がより適性に合うため、その努力が認められてから、無形刀館の一番若い教育官の席を受けることになった。
父であるタムピョンジュンと共に、怪異な殺人事件の真相を調査するために暗行に出た時、カンチに出会う。
誰よりも深い心の傷と秘密を抱いているカンチから妙な憐憫を感じるようになり、その妙な憐憫は益々カンチに対する愛情へと変化する。
その時から、彼女だけの運命的な愛が始まるが・・・

九家の書キャスト パクムソル 俳優:オムヒョソプ

チェカンチには、父と同じ人物。
率直で力強くて徳が多い。
中国と日本の貿易に巨富になった巨商で全羅道湖南地域で最も大きく、設備が整った百年客観のオナーである。
江に流されてきたカンチに名前をつけて息子のように育ててくれる。

九家の書キャスト パクテソ 俳優:ユヨンソク

“チェカンチ!お前を必ず殺してやる!そうして、私の家族の恨みを払う!”

九家の書キャスト パクテソ 俳優:ユヨンソク 
九家の書キャスト パクテソ 俳優:ユヨンソク

パクムソルの息子、カンチの友達であり恋敵。
性格が荒くて毎時に冷徹で、固くて粘り強い性格の所有者。
常に、失敗した時をれんとうにおいて、傾いた視線で世の中を見る超絶頂、ペシミズム (厭世主義)の持ち主でシニカルさの結晶体!
それでも、誰よりも父を尊敬して家族に対する愛が凄い。
反対に、家族ではない者には世の中の誰よりも冷静で冷酷だ。
学問だけではなく武芸、特に、剣術に卓越な実力を持っている。
幼い頃から、一緒に育ったカンチとは兄弟のように友愛が良かった。
しかし、ある事件の以降に、カンチとは不倶戴天になってしまう。

九家の書キャスト パクチョンゾ 俳優:イユビ

“運命が私の離すと・・・そんな運命、私も捨ててやる!私を抗うものは決して許さない!それが愛であれ、運命であれ!”

九家の書キャスト パクチョンゾ 俳優:イユビ 
九家の書キャスト パクチョンゾ 俳優:イユビ

チェカンチの初恋。
パクムソルの一人娘。
才氣が幼く、好奇心が多く、欲しいものは必ず、自分のものにせねばならない。
意地っ張りで、幼いが権勢に対する妙な野心も持っている。
カンチとは兄と妹の仲のように過ごしている。

九家の書キャスト タムピョンジュン 俳優:チョソンハ

タムヨウルの父。
無形刀館を運営しながら後進養成に邁進する。

九家の書キャスト タムピョンジュン 俳優:チョソンハ 
九家の書キャスト タムピョンジュン 俳優:チョソンハ

武官だった時、北のえびすと山賊の群れを一網打所してその功を高く立てた者だったが、現在は、すべての官職から降りて、後進養成をしながら草野に住んでいる。
粘り強く知恵があり、武芸に対する偉大さに恐れを抱いている彼。
ある時は、融通性もなく堅苦しいくらい一筋だが、それでも、心は誰よりも人情が深く、他人を配慮する人物だ。

九家の書キャスト コン 俳優:ソンジュン

九家の書キャスト コン 俳優:ソンジュン 
九家の書キャスト コン 俳優:ソンジュン

ヨウルの護衛武士。
奴隷だったが、タムピョンジュンが彼の能力を見つけて、武術を教えてから、彼の能力を高く認め奴隷身分をなくしてあげた。
自由の身になった後も、彼はどこへも行かず、タムピョンジュンの家の家臣になって、タムピョンジュンとヨウルお嬢さんを守りながら従う武士になる。
心の中ではヨウルを愛している。

九家の書キャスト チョクァヌン 俳優:イソンジェ

武官、文官を経て引退後、百年客観まで手に入れてしまう野心家。

九家の書キャスト チョクァヌン 俳優:イソンジェ 
九家の書キャスト チョクァヌン 俳優:イソンジェ

だだ、立身揚名と出世のために、数多い人々を踏み躙って怖いものなしの人物。
お金が好きで、阿附に明け暮れる。
権力と財力を貪って、耐えなく悪人として、再び進化する彼は、カンチをめぐるすべての人物たちに、続けて波乱を起こすこのドラマの絶対悪役。


九家の書キャスト チョンスリョン 俳優:チョンヘヨン

九家の書キャスト チョンスリョン 俳優:チョンヘヨン 
九家の書キャスト チョンスリョン 俳優:チョンヘヨン

文と芸を兼ね備えた春華館の親方妓生(芸者)。
妓女を芸術人に昇華させようと不断な努力を傾けてきた。
若い頃から彼女の美しさと知恵に惚れたお客様が行列を作るほど、彼女の評判は凄いものだった。
そして、ヘンス妓生になった後には常に公平さを失わない賢明さを持ている。

九家の書キャスト ソジョンボプサ(ソジョン法師) 俳優:キムヒウォン

九家の書キャスト ソジョンボプサ(ソジョン法師) 俳優:キムヒウォン 
九家の書キャスト ソジョンボプサ(ソジョン法師) 俳優:キムヒウォン

クウォルリョンの一つだけの人間の友人。
頭が他の人より優れていたが、貴族家の庶出という身分のために、適者である兄たちから嫉妬を受けながら自ら俗世と縁を切って山に入る。
山の中でクウォルリョンに会うことになった後、クウォルリョンの存在に対して驚異と神秘さを感じるようになり、知ることができるすべての本を探して勉強することになる。

九家の書キャスト クウォルリョン 俳優:チェジンヒョク 特別出演

チリサン(智異山)の守護神獣。カンチの実の父。
人々には九尾狐と呼ばれる彼は、実は千年経った狐ではあるが、9つの尾のようなものは持っていない。
単に、森を害しようとする伐木人や山賊たちを追い出すため、尻尾を9つ持っている狐の幻影を見させ、魂飛完散させたのが、人々の口から口伝されながら九尾狐と呼ばれるようになっただけ。

人間の暮らしを憧れて人間のように暮らすことを渇望していた所、ソファに出会って、彼女を深く愛するようになる。
守護神獣としての永遠な命を捨てて、人間になってソファと百年回廊したくて、九家の書を得るために百日祈りを始めるが・・・

九家の書キャスト ユンソファ 俳優:イヨニ/クウォルリョン 俳優:チェジンヒョク 特別出演 
九家の書キャスト ユンソファ 俳優:イヨニ/クウォルリョン 俳優:チェジンヒョク 特別出演

九家の書キャスト ユンソファ 俳優:イヨニ 特別出演

カンチの実の母。
父が政権争いで犠牲になり、逆謀罪という濡れ絹を着せられたまま、非命横死して、18歳だった彼女と15歳だった弟はそれぞれ官妓と官奴へ売り飛ばされる。
そこで、父の友であったが、父に逆謀罪を着せられた死なせた敵、チョクァヌンに官妓の身分になって貞節まで奪われるところだったが、なんとか逃げ切って、クウォルリョンに出会い、彼と恋に落ちる。
しかし、クウォルリョンが人間ではない九尾狐であることを知った彼女は、彼を裏切る痛々しい失敗を起こしてしまうが・・・

九家の書人物関係図 
九家の書人物関係図

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/254-c36fec4f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。