--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマおすすめ!韓国ドラマ放送予定新作情報!

2013年03月07日 19:43

韓国ドラマおすすめ!韓国ドラマ放送予定新作!‘最高だイスンシン(李舜臣)’、‘金よ、出てこい!さっさと’、‘グアムホジュン・許浚’など
2013年3月、4月にはどんな新しい韓国ドラマたちがスタートするか調べてみました。
放送予定の韓国ドラマおすすめは、KBS TVの‘最高だイスンシン(李舜臣)’と、MBC TV‘金よ、出てこい!さっさと(仮題)’、MBC TVの9時連続時代劇‘グアムホジュン・許浚’です。
韓国ドラマ放送予定新作‘最高だイスンシン(李舜臣)’は、劇中‘イスンシン’役で主演を引き受けた‘アイユ(IU)’を前面に出して撮影を始めました。

一方、韓国ドラマ新番組放送予定の‘金よ、出てこい!さっさと(以下 金よ)’は主人公のキャスティングが完了していないようです。
‘イジア’の出演説があったが、ただの噂で終わったんです。
‘パパ!どこ行くの?’でそれなりギャグ本能を見せた俳優‘イジョンヒョク’が有力な候補に上がったが出演をあきらめたそうですね。
月~金曜日まで連続放映予定の韓国ドラマおすすめ時代劇‘グアムホジュン・許浚’は‘キムジュヒョク’を主演に、順調に撮影が進行されるようです。
MBC TVは韓国ドラマ新番組放送予定で夜9時に連続ドラマを編成し、内心、大きな期待をしている雰囲気ですね!

アイユ&チョジョンソク-1 
韓国ドラマ放送予定新作‘最高だイスンシン(李舜臣)’で主演を引き受けた、
アイユ&チョジョンソク!

おすすめの韓国ドラマ放送予定新作!‘最高だイスンシン(李舜臣 )’
KBS TV 週末ドラマ
‘私の娘ソヨン(いとしのソヨン)’後続作
2013年3月9日初放送予定
韓国ドラマおすすめ!最高だイスンシンキャスト:アイユ(IU)、チョジョンソク、ソンテヨン、ユインナ、コジュウォン、コドゥシム、イミスクなど

最高の視聴率を誇る‘私の娘ソヨン(いとしのソヨン)’が和解モードに突入しながら最後の話が終わりました。
最終回50話を最後に自体視聴率47.6%で大詰めの幕を下ろした国民的なドラマでした。
韓国ドラマ‘私の娘ソヨン(いとしのソヨン)’の人気のおかげで‘最高だイスンシン’は、多少の負担を抱えることになりましたね!
おすすめの韓国ドラマ‘最高だイスンシン’は、島娘‘イスンシン(アイユ役)’がソウルに進出してスターになる成功記を扱ったドラマです。
‘最高だイスンシン’韓国ドラマあらすじは、家の末娘‘イスンシン’はしっかりしている二人のお姉さんの間で常にいびられる困り者。
これまで捨て子で知られたが、実は早く亡くなった父とトップスター‘ソンミリョン(イミスク役)’の間の私生児です。
つまらないフリーターで過ごしていた彼女は、突然、芸能企画社代表‘シンジュンホ(チョジョンソク役)’に出会い、一生に一度の機会を迎えることになります。

‘最高だイスンシン’おすすめの韓国ドラマあらすじは、フリーター‘イスンシン’と芸能界‘ミダスの手’シンジュンホが一緒に描く愉快な成功記と、父の死をきっかけに思わぬ運命の渦に巻き込まれた二人の母親と娘の‘幸せ探し’を描いた温かい家族成長ドラマです。
昨年、映画‘建築学概論’の‘ナップトギ’キャラクターと、MBC TV 韓国ドラマ‘ザ・キング2hearts(邦題:キング~Two Hearts)’の‘ウンシキョン’役でスターダムに上がった‘チョジョンソク’が‘シンジュンホ’役を引き受けて初めて正劇の主演に挑戦することになりましたね。
 ‘アイユ’と‘チョジョンソク’の演技呼吸がどうか気になりますね!
もう一つ、韓国ドラマ放送予定新作2013年3月9日初放送する‘最高だイスンシン(李舜臣)’は当代最高の俳優と呼ばれる‘コドゥシム’と‘イミスク’、二人の母親の演技対決が観戦ポイントの中の一つに数えられております。

韓国ドラマ新番組放送予定!2013年4月放送予定、‘金よ!(仮題)’、イジョンヒョク、イジア出演説があったが、不参加決定! 
韓国ドラマ新番組放送予定!2013年4月放送予定、‘金よ!(仮題)’
イジョンヒョク、イジア出演説があったが、不参加決定!

韓国ドラマおすすめ!‘金よ!(仮題)’
MBC TV 週末ドラマ
‘息子たち’の後続作
2013年4月放送予定
韓国ドラマおすすめ!金よ!(仮題)キャスト:ナムニ、チェミョンギルなど

‘金よ!’おすすめの韓国ドラマあらすじは、中産階級の虚勢と実像を風刺的に描き出しながら、結婚と家族の意味を捜そうとする家族ドラマ。
来月放送予定で編成してからも製作社の変更と一緒に、主演俳優たちのキャスティング不発が続き、問題が大きくなっていますね。
主演が確定されなくて、ドラマの重みや期待感の予測が難しくなりました。
イジョンヒョクが放送局の都合で製作社が変わり、出演しないことを決定したのに続いて、チェジウが韓国ドラマ新番組放送予定 ‘金よ、出てこい!さっさと(仮題)’の出演説を否定したんです。

おすすめの韓国ドラマ放送予定新作!2013年4月放送予定、‘金よ!’、チェジウも出演説があったが、不参加決定!

おすすめの韓国ドラマ放送予定新作!2013年4月放送予定、‘金よ!’
チェジウも出演説があったが、不参加決定!

チェジウの所属事務所側の関係者は3月5日、“チェジウが‘金よ!’側から出演依頼を受けたのは事実だが、出演しないことに最終決定した。2011年MBC韓国ドラマ‘負けたくない(邦題)’と共に呼吸した経験があり、時々提議が入って来たが、今回もそのようなことだけだ”と公式立場を明らかにしました。

続いて、今後の計画については“既にドラマと映画をおいて、他の作品に出演を検討中だ。映画よりドラマに重きを置いて今年上半期中に、早いうちに復帰作を選定する計画だ”と付け加えました。
チェジウはMBC週末ドラマ‘息子たち’の後続作で、来る3月30日初放送予定だった‘金よ!’の出演俳優として有力な候補に上がったが、最近深思熟考の末に他の次期作に出ることに決定したんですが、一日も早く良い作品でまた会える事を期待します。
次回作では再び‘冬のソナタ’韓国ドラマのような濃い恋愛メロ、胸がしみるほどの愛の物語ならいいですね!

韓国ドラマおすすめ時代劇 ‘グアムホジュン・許浚’
MBC TV 特別企画連続ドラマ
9時ドラマ新規編成
2013年3月18日放送予定
韓国ドラマおすすめ!グアムホジュン・許浚キャスト:キムジュヒョク、パクジニ、ナムグンミン、パクウンビン、ペクユンシク、コドゥシム、キムミスク、パクチョルミン、チョンウンピョなど

朝鮮時代の名医、許浚(ホジュン)の一代記を扱った‘チョングァンリョル’主演の人気時代劇‘ホジュン~宮廷医官への道’をリメイクした連続ドラマです。
ホジュン役には‘キムジュヒョク’が、イェジンアシ役には‘パクジニ’が出演します。
ペクユンシク、コドゥシム、キムミスクなど、安心して見られる演技力を持った演技派中堅タレントたちが出演して、パクチョルミン、チョンウンピョなどがコミカルなキャラクターで出ないか予想されます。

‘グアムホジュン・許浚’おすすめの韓国ドラマあらすじは、崇高な人間愛と不滅の業績に長く仰ぎ敬っている‘東医宝鑑(トンイボガム)’の著者、 許浚(ホジュン)のドラマチックな人生と東洋医学の世界を劇化するドラマです。

韓国ドラマおすすめ時代劇、3月18日‘グアムホジュン・許浚’韓国ドラマ放送予定新作、メインポスター前に企画されたティーザーポスター2種公開!

韓国ドラマおすすめ時代劇、3月18日‘グアムホジュン・許浚’
韓国ドラマ放送予定新作!
メインポスター前に企画されたティーザーポスター2種公開!

韓国ドラマおすすめ!総120部作、2013年版‘グアムホジュン・許浚’ティーザーポスター2種公開、キムジュヒョク&ペクユンシク!

韓国ドラマおすすめ!総120部作、2013年版‘グアムホジュン・許浚’
ティーザーポスター2種公開!キムジュヒョク&ペクユンシク!

‘グアムホジュン・許浚おすすめの韓国ドラマあらすじは、物静かで暖かい心を持ったイェジンアシは、早くに親を亡くし、父の友人であったユウイテ(ペクユンシク)に引き取られ後日、内医院医女に抜擢され、御医(御醫)の席に上がったホジュン(キムジュヒョク役)と医術を広げるようになります。
イェジンアシはホジュンを心に抱くが、ホジュンのそばには妻ダフイがいるので、彼のそばで切ない関係を引き続くようになりますが…

劇中ホジュンの師匠であるユウイテの息子、ユドジ役のナムグンミンは、御医(御醫)になろうと欲望だけを追って、内医院でホジュンとの熾烈な競争を繰り広げるホジュンの生涯のライバルです。
ホジュンだけを見つめるイェジンに恋い焦がれるが、彼女の心を得ることはできないようですね。
一方、ホジュンの妻、ダヒ役のパクウンビンは、ヤンパン(両班)の身分を脱ぎ捨てただ、ホジュンだけを愛する至高至純な女性で、苦難と逆境を知恵でかきわけて生きていきます。

韓国ドラマおすすめ時代劇‘グアムホジュン・許浚’の主演を引き受けたキムジュヒョク!

韓国ドラマおすすめ時代劇‘グアムホジュン・許浚’、
主演を引き受けたキムジュヒョク!

韓国ドラマ放送予定新作‘グアムホジュン・許浚’の主演を引き受けたキムジュヒョクが、2013年で5回目に再誕生する醫聖ホジュンの一代記、MBC特別企画ドラマに臨む覚悟を伝えました。

キムジュヒョクは“‘武神’以後、時代劇に出演するつもりがあったわけではない。しかし、父の(故)キムムセンが演じた役でなんとなく運命のような気がした”とし、“時代劇に出演するなら漠然と‘ホジュン役’をしたいと思っていた”と、口を開きました。
続いて“過去の先輩たちが演じてきたすべての‘ホジュン’と比較対象になると思う。人気の作品だから当然負担も大きいが、良い作品と配役、今でなければ、私の人生に‘ホジュン’が再び訪ねて来ないだろうと思って出演を決心した。過去の‘ホジュン’を補完した演技をしたい。チョングァンリョル先輩が演じた善良なホジュンとは少し違った姿も見えるだろう。庶子の身分に悲しかった事に、反抗心もあっていいかげんだったホジュンが正しい人に変貌する過程と、頑固で人間的なホジュンの面貌も見せてあげたい”と伝えました。

ホジュンの一代記は1975年ドラマ‘執念’、1976年映画‘執念’、1991年ドラマ‘東医宝鑑(トンイボガム)’、1999年ドラマ‘ホジュン~宮廷医官への道’で作られて、(故)キムムセン、イスンジェ、ソインソク、チョングァンリョルなど、当代最高の演技者を排出しました。
2013年韓国ドラマおすすめ時代劇‘グアムホジュン・許浚’も期待しています。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/241-700dbd22
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。