--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォンビン最新情報!ウォンビン、13年ぶりのテレビ劇場復帰霧散!

2012年09月19日 01:45

ウォンビン最新情報!ウォンビン、13年ぶりのテレビ劇場復帰ついに霧散‘ドラマはいつになったら...?’

13年ぶりのテレビ劇場復帰に関心を集めたウォンビンの復帰が、残念ながら失敗に終わった。
ウォンビンのテレビ劇場復帰に放送街が内外で出演可否に熱い注目を集めたが、今回の作品で見ることができなくなったのだ。

俳優、ウォンビン最新情報によると、来年放映予定作のノ・ヒギョン作家とキム・ギュテPDの新作ドラマ出演提案を受けて前向きに検討したが、最終的に出演を差し置いたことと知られた。
放送関係者によると、“ウォンビンが作品に出演しないことに決定した。これにドラマ製作陣は現在、他の韓流スターとキャスティングを議論している”と伝えた。

ウォンビンは去る2010年600万人の観客を動員した映画‘アジョシ’で好評を受けた後、2年以上ドラマ復帰作を検討してきた。

ウォンビン映画‘アジョシ’

ウォンビン映画‘アジョシ’

ウォンビン映画‘アジョシ’

ウォンビン映画‘アジョシ’

今回のドラマ出演が成事になったら、2000年に放映されたKBS 2TV韓国ドラマ‘秋の童話’以来13年ぶりであり、2002年日韓合作ドラマ‘フレンズ’以来、11年ぶりのテレビ劇場復帰でファンはもちろん、芸能関係者たちの関心が大きかった。
 

ウォンビンドラマ‘秋の童話’

ウォンビンドラマ‘秋の童話’

ウォンビンドラマ‘フレンズ’

ウォンビンドラマ‘フレンズ’

特に、‘言語の錬金術師’と呼ばれるノ・ヒギョン作家の作品だけに、韓流スターウォンビンにもう一編の代表作が誕生するという期待を集めてきた。
ウォンビンのお茶の間カムバック説は去る2010年から出回り始めたが、文字通り、噂だけに終わった。
映画だけに集中してきたウォンビンが、ドラマのシナリオにも積極的に関心を見せている状況が伝えられて、お茶の間にカムバックを予感されたもの。

そしてノ・ヒギョン作家の作品に特に関心を見せたウォンビンが、いよいよ13年ぶりにテレビ劇場カムバックを遂げると確実視されているようだったが、今回も結局現実化されなかった。
これにより、ウォンビンの復帰霧散が知られてお茶の間で、ウォンビンを待っていた視聴者たちの期待が崩れた。
ある放送関係者は、ウォンビンの出演不発の理由について、“詳細については知らない。”と、“新作ドラマが内容上、男女主人公の比重の問題が議論されて調整するのに難しい面があったと思う”と、慎重に伝えた。

当初ウォンビン復帰に視聴者の関心が集められながら、女主人公も誰がキャスチングされるのかが話題になったことがある。
ノ・ヒギョン作家と呼吸を合わせたことがある‘彼らが生きる世界’のソン・ヘギョとJTBC‘パダムパダム-彼と彼女の心拍音’のハン・ジミン、韓国ドラマ‘アイリス’でキム・ギュテPDと一緒に撮影したキム・テヒが、ノ・ヒギョン作家の今回の作品にキャスティングラインナップに入ったというニュースが伝えたことがあって、アイドルグループ出身の女優たちも候補に上がったと伝えられた。

一方、ノ・ヒギョン作家はKBS2‘世界で一番美しい別れ’、‘嘘’、‘愛の群像 ~私たちは本当に愛したのだろうか’、‘花より美しい’、‘彼らが生きる世界’をはじめ、今年の総合編成チャンネルJTBC‘パダムパダム-彼と彼女の心拍音’などの韓国ドラマを通じて、愛と人生を暖かく、また繊細に描写して、視聴者たちを魅了させ、多数のヒット作を残した。
‘彼らが生きる世界’でノ・ヒギョン作家と呼吸を合わせ始めたキム・ギュテPDも、KBS2‘アイリス’と‘パダムパダム-彼と彼女の心拍音’を通じて、感覚的な映像美が引き立つスター監督に背伸びして、二人の新作に関心が集まっている。
ウォンビンをお茶の間で見られるのはいつになったら...???

関連記事


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/236-36e6d9ad
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。