ザ・キング2Hearts 鑑賞ポイント、ザ・キング2Hearts 韓国ドラマの鑑賞ポイント6つとは?

2012年03月22日 21:46

ザ・キング2Hearts 鑑賞ポイント、ザ・キング2Hearts 韓国ドラマを楽しむ鑑賞ポイント6つとは?

ザ・キング2Hearts MBC TV新しい、水木韓国ドラマが3月21日、初電波に乗った。
‘北朝鮮女将校’と‘韓国の王子’の風変わりな出会いを披露することになる、ザ・キング2Hearts は、ハジウォンとイスンギのキャスティングから話題を呼んでいる状況だ。
その上、ユンジェムン、イユンジ、チョジョンソク、イスンジェ、ユンヨジョン、イソンミンなど演技派俳優たちが大挙登場して期待感を増幅させている。

ザ・キング2Heartsは、大韓民国が立憲君主制というユニークな仮想設定の下、紆余曲折を経て愛に陥ることになった、北朝鮮特殊部隊の教官、キムハンア(ハジウォン 役)と‘韓国の王子’イジェハ(イスンギ 役)が、お互いにに対する偏見や周辺で繰り広げられる妨害を乗り越えて愛を完成していくヒューマンメロブラックコメディだ。

2012年上半期テレビ劇場を強打する、新概念名品ドラマ‘ザ・キング2Hearts’韓国ドラマをもっと興味津津に視聴することができる鑑賞ポイントを調べた。

ハジウォン、イスンギ主演 、ザ・キング2Hearts

ハジウォン、イスンギ主演 、ザ・キング2Hearts


ハジウォン、イスンギ、ヒット作メーカーの出会い
何よりも、ザ・キング2Hearts 韓国ドラマが視線を集中させている理由は、放映前から話題を集めている二人の主人公ハジウォンとイスンギの出会いである。

ハジウォンは‘チェオクの剣(茶母)’、‘バリでの出来事’、‘ファンジニ(黄真伊)’、‘シークレットガーデン’など、出演するドラマごとに勢いに乗って高い視聴率をもたらす女優として真価を発揮してきた。
イスンギも芸能番組を通じて‘国民の弟’という愛称で幅広い愛を受けた上で、‘燦爛たる遺産’、 ‘僕の彼女は九尾狐’でドラマはもちろん、各種芸能番組でも大活躍を広げて興行の主役として期待感を呼び起こしている。
 

ハジウォン、イスンギ主演 、ザ・キング2Hearts 
ハジウォン、イスンギ主演 、ザ・キング2Hearts

この二人の出会いはそれで、ザ・キング2Heartsの人気を牽引すると言うことに期待を持たせる。

特にハジウォン特有の可愛らしいながらもしっかりしている演技と、ヒット作メーカーである、イスンギのさらに凛々しく男らしくなった姿が、幻想的な演技のアンサンブルを成すものと期待を集めながら、ザ・キング2HeartsがMBC水木、韓国ドラマの王座を継続して守って行くことができるか関心が集められている。

イジェギュPD、ホンジナ作家の華麗な帰還
ザ・キング2Hearts 韓国ドラマは、2008年、MBC TV ‘ベートーベンウイルス’を通じて好評を博したイジェギュPDとホンジナ作家が再び意気投合した作品で注目を集めている。

イジェギュPDは、2003年‘チェオクの剣(茶母)’、2005年‘ファッション70s’などで、独創的でありながら、感覚的な演出を認められた作品性と大衆性を兼備した監督となった。
また、ホンジナ作家は‘四捨五入(2003年〜2005年)’、‘オーバー•ザ•レインボー(2006)’などの作品で個性的な飛び跳ねるセリフとしっかりした構成力で認められてきた。

名前だけでも注目を受けるしかない二人の再結合が、MBC水木ドラマの王座を守り続けていくことになるのか関心が集中されている。

最高の演技派助演たちの大集合
ザ・キング2Hearts 韓国ドラマは、主演俳優たちと一緒に、ドラマの活力を吹き入れる、最高の演技派俳優たちの意気投合でも視線を集めている。

個性の強いキャラクターで、‘狂気の存在感’と呼ばれるユンジェムンは ザ・キング2Heartsで韓国の王室と激しい対立を広げて行く、致命的な悪役‘キムボング’役で、格別なカリスマを噴出する。

イユンジは、特権意識はなく、非主流文化に関心を持っている自由奔放な姫に、‘ミュージカルスター’チョジョンソクは、まっすぐな心を持った王室近衛中隊長‘ウンシキョン’に変身する。
 

ザ・キング2Hearts 出演俳優、ユンジェムン、イユンジ、チョジョンソク 
ザ・キング2Hearts 出演俳優、ユンジェムン、イユンジ、チョジョンソク

三人は、ザ・キング2Heartsを支える新しい組み合わせを作り出して、さらに鮮やかに興味津々なドラマを完成させてくれる予定だ。
これと共に貫禄を誇る俳優たちが一緒に出演して真正性を高める。

イスンジェは20年間を専ら王室を守ってきた判事出身の秘書室長‘ウンギュテ’役に、ユンヨジョンは王室で最も高い王大妃 ‘バンヨンソン’役を引き受けて味のある深い演技を加えることになる。

これと共に実力派俳優イソンミンは、国民の愛と信頼を一身に受けている、韓国の第3代国王‘イジェガン’役で、個性あふれる演技を見せてくれる見込みだ。
独歩的な存在感を発揮する貫禄の俳優たちで、ザ・キング2Hearts 韓国ドラマに対する期待感が急上昇している。

立憲君主制のユニークな設定、韓国と北朝鮮の敏感な素材まで話題満発
‘立憲君主制’という独特の設定と、多少敏感になる可能性がある南北の内容が登場するという点は、ザ・キング2Hearts 韓国ドラマだけの魅力である。

‘大韓民国王室’という仮想の背景の下で、王大妃 、王と王弟、姫など一度も触れたことがなかったロイヤル•ファミリーのストーリーは、関心を増幅 させるしかない状況だ。
また、南韓と北韓が対立している韓国の現実で、‘南男北女’の出会いというのは十分に緊張感を与えている。

これに対して演出者イジェギュPDは、“ザ・キング2Heartsは、南北の政治的な鋭敏な話ではなく、北朝鮮‘キムハンア’と韓国の‘イジェハ’がどのようにお互いに適応して理解していくのか、夢と理想をどのように描いていくかが話の中心だ”と“統一へのに対する関心が少ない最近の若者たちにいつかそんな時期が来た時、お互いがお互いを尊重することができるようになるのを希望する心が込められている”と特別な企画意図を明らかにした。

ヒューマニズム、メロー、愛、復讐、ミステリー、ブラックコメディまで...
ザ・キング2Hearts韓国ドラマは、見た目はただのロマンチックコメディーだと思われるが、実際にはヒューマニズム、メロー、愛、復讐、ミステリー、ブラックコメディーなど、多様で複合的な要素たちが入っているドラマだ。

価値観と育ってきた環境があまりにも違う二人の男女が、逆境と苦難を乗り越えて、愛を完成させていくという内容に、復讐の秘密が絡まって混ざったミステリーが加味されて、抱腹絶倒するほどの笑いを与えるが、社会的な内容を風刺したブラックコメディで、意味を持ったメッセージを伝える。

同時間帯競争作たち、3月21日一斉に初放送
ザ・キング2Hearts韓国ドラマが放送された、3月21日、同時間帯SBS TV‘屋根部屋の皇太子’とKBS 2TV‘赤道の男’が初放送された。
このため、三つのドラマが比較されるのは当然の事。

特に、屋根部屋皇太子の場合、ザ・キング2Heartsと同様に、王子が登場するという点、そして‘時間旅行’と‘立憲君主制’という仮想の素材を配置させたという点で競争を避けることができなくなった。
 

ザ・キング2Hearts、 屋根部屋の皇太子 
同時間帯競争作、ザ・キング2Hearts、 屋根部屋の皇太子

視聴者たちはイスンギとパクユチョンという、二人の王子と非現実的な素材を適用した、ザ・キング2Heartsと屋根部屋の皇太子、二つのドラマを比較しながら楽しむことができる。
しかし、それにもかかわらず、 ザ・キング2Hearts が優位に立つことができる要素がある。
まさに‘太陽を抱いた月’の後続作とのこと。

視聴率40%台を記録して国民ドラマで登極した‘太陽を抱いた月’の後続作であるだけに、その後光効果も無視できない。
もちろん、前作の負担感を完全に振り払うことはできないが、ザ・キング2Heartsが視聴者たちの期待に応じるだけで、水木ドラマのトップに上がることもそれほど難しくはない見通しだ。
ザ・キング2Hearts、韓国ドラマが‘太陽を抱いた月’の後に続いて、MBCに水木ドラマ戦争での勝利をもたらすことができるか今から期待を集める。

韓国ドラマ、ザ・キング2Heartsの製作会社である、キムジョンハクプロダクション側は、“ザ・キング2Heartsは、様々な年齢層の視聴者たちが一緒に見ることができる、完成度の高いドラマになることを確信している”とし“‘立憲君主制’という独特の設定と、‘南男北女’の出会いという新しい内容が、派手な見どころと一緒に視聴者たちを十分に魅了させるものだと思う。ザ・キング2Heartsへの期待と多くの呼応をお願いする”と伝えた。

‘太陽を抱いた月’韓国ドラマに続く、2012年の上半期MBC TV期待作、ザ・キング2Heartsは毎週、水、木曜日の 9時55分に視聴者たちを訪ねて行く。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/189-4eace6c7
    この記事へのトラックバック