--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けたたまるか 低調な視聴率、`負けてたまるか’韓国ドラマ それでも意味のある理由は?

2011年10月16日 20:03

‘負けてたまるか’韓国ドラマ、刺激的なドラマに慣れた視聴者たちの反応は?
‘負けてたまるか’MBC TV水木、韓国ドラマの10月13日、放送分が7.8%の視聴率で水木、韓国ドラマ中で最下位を記録している。
しっかりしたストーリーと立派な俳優たちの演技力のドラマでも視聴率がいつも良いとは言えない。
放映している視点や様々な外的要因によって、ウェルメイドドラマも視聴者にそっぽを向かれることができる。
MBC TV水木、韓国ドラマ‘負けてたまるか’がその一例だ。
それでも、‘負けてたまるか’が意味のある理由がある。
‘負けてたまるか’韓国ドラマは、視聴者たちに穏やかな感動を与えるヒューマンストーリーだ。
構成とつくりも繊細だ。
チェジウ、ユンサンヒョンなど主演の演技力はもちろん、助演として登場するチョミリョン、キムジョンテ、ソンドンイル、チュジンモ、ガドゥクフイなどの演技も欠点をつかみ出す所がなくて、ここで中堅俳優、パクウォンスク、キムジャオクなどの演技力は、論議の余地がないほど圧巻だ。
それでも、‘負けてたまるか’はそっぽを向かれている。
なぜ?
‘負けてたまるか’韓国ドラマには、視聴率確保するための公式‘シンデレラストーリー’がない!
‘負けてたまるか’韓国ドラマは、弁護士の夫婦が離婚して発生しているエピソードを暖かく、軽いタッチで繰り広げるロマンチックコメディーだ。
愛しているが、自尊心のために離婚までするようになったウンジェ(チェジウ 役)と、ヒョンウ(ユンサンヒョン 役)の結婚生活を現実的に淡々と解いている。
しかし時間が経つにつれて、彼らは、相手の傷をかばってあげて、配慮しながら、自分自身も治癒していく過程を非常に説得力を持って繰り広げている。
ここで、離婚専門の弁護士夫妻が訴訟を任せた依頼人たちに、‘許しと和解’の取り持ち役をしながら、また別の感動のストーリーでつながっている。
それにもかかわらず、‘負けてたまるか’韓国ドラマには大ヒットするドラマに必ずある‘シンデレラストーリー’の公式は出てこない。
問題のある夫のために妻は、思い切って離婚を選択して、この時妻の前には、いけマンで財閥家2世が求愛をして、ついに彼女は‘白馬乗って来た王子’と第2の人生を生きるという夢のような話が‘シンデレラストーリー公式’だが、このような根拠のないドラマの公式を拒否したのだ。
このような短時間ではあるが、現実では行われることが難しい、現実逃避用ストーリーを視聴者たちに見せることで視聴率を高めるという‘軽薄な視聴率商法’を、このドラマは完全に排除した。
主婦らが主な視聴者のテレビ劇場の視聴率を取るために準備したこのような公式を拒否することによって、‘負けてたまるか’韓国ドラマには、ドラマチックな逆転ではなく、離婚した後に起こりうる変化がぎっしりと満たされている。

‘負けてたまるか’韓国ドラマ、チェジウ&ユンサンヒョン画像
 
‘負けてたまるか’韓国ドラマ、チェジウ&ユンサンヒョン画像

‘負けてたまるか’韓国ドラマには視聴率を確保するための公式‘刺激的要素’を排除したドラマだ!
‘負けてたまるか’韓国ドラマは、繰り返される日常にくたびれた視聴者が望む刺激的な要素を排除したドラマだ。
また、‘負けてたまるか’韓国ドラマは、出生の秘密、不治の病、不倫関係などに絡み合った刺激的で食傷気味の主題のドラマとは次元が違う。
また、ドラマに必ずある偶然が重なることもない。
離婚して経験する後悔と痛みを穏やかに解いていくことにより、‘刺激’に強い耐性を示す視聴者の心を温かくなでている。
これにより、劇的な反転ではなく、離婚という重いテーマを平凡な日常に昇華させて解いていきたい‘真正性の妙手’を見せてくれた。

‘負けてたまるか’韓国ドラマは、私たちすべてに起こりうる事、現実を直視させようとする!
実際に‘負けてたまるか’韓国ドラマ序盤のチェジウとユンサンヒョンの夫婦喧嘩を見ながら、‘てっきり、うちの話だ’と共感している主婦たちも多かった。
視聴者たちは‘負けてたまるか’韓国ドラマの中、チェジウとユンサンヒョンの姿を見て結婚した相手や、あるいは結婚相手のありのままの姿を受け入れることの重要性に気付いている。
多くの視聴者は“他人の離婚の過程を見ていれば私の問題が見えるんじゃないか?”“離婚を考えるとぜひ、このドラマを見てなさい”という意見を上げている。
多くの視聴者たちは今からでも刺激的なドラマよりは温かく叙情的なドラマに関心を持って見なさいと言う。
ある視聴者は“どん詰まりドラマに慣れた視聴者たちにドラマティックでもなく、反転もない‘負けてたまるか’韓国ドラマが残りの放送分でどれだけアピールできるか心配になる”とし“ただ忘れていた叙情的な感性を穏やかにもたらすこのドラマのために、我々の過去の傷と、現在の痛みも少しでも癒されたら良いだろう ”と話した。
当然、‘負けてたまるか’韓国ドラマの視聴率は高くない。
しかし、視聴者たちは暖かいドラマに共感を導き出すという、最初の企画意図だけをよく生かすと、それで‘満足’という評価をしている。
このような呼応と好評が大勢を成しながら、当初16部作で予定された‘負けてたまるか’韓国ドラマドラマは、放映回数を2回延長、総18部作に仕上げされる予定だ。
‘負けてたまるか’韓国ドラマは、‘ジウ姫’、チェジウのまた成熟した演技力が光って、思考させるドラマで、今すぐではないとしても刺激的なドラマに慣れてきた、この頃のドラマに新しい章を開いてくれることを願いながら…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/145-cbea1631
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。