キムジェウォンの公式発表、韓国ドラマ‘私も花’下車

2011年10月14日 16:25


キムジェウォンの公式発表、韓国ドラマ‘私も花’下車“治療に集中して健康な体でまた帰って来る”

キムジェウォンはMBC 韓国ドラマ‘私も花’で下車することに最終決定された。
キムジェウォンの所属事務所は10月14日午前報道資料を通じて、キムジェウォンの韓国ドラマ‘私も花’降板を発表した。
この報道資料ではキムジェウォン側は“複数回にわたる担当医師の診察の結果とドラマの制作状況を考慮した末、撮影に速やかに取り組むことができないという判断で韓国ドラマ‘私も花’で下車するかどうかが決定された”と話した。
続いてキムジェウォン側は“これまで、韓国ドラマ‘私も花’の下車するかどうかで、視聴者の皆さんとファンに心配をおかけした点、心から申し訳なく思う”とし“治療に集中して健康な体で、新しい作品でまた戻ってくることを約束する”と話した。
また、キムジェウォンは、報道資料を通じて“初めての撮影で、予期せぬ事故が発生して作品を一緒にすることができなくなったが、最後まで私を信じて待っててくださった監督様、最高の台本を書いてくれたキムドウ作家、他の先輩、後輩俳優たちと一緒にした瞬間は最も記憶に残る時間だった”としながら“今、韓国ドラマ‘私も花’を一緒に作っていくことができないが、成功を誰よりも望んでおり、立派な監督様、作家様ともう一度作業をすることができる機会があることを願う”と下車心境を明らかにした。

キムジェウォンの公式発表、韓国ドラマ‘私も花’下車

キムジェウォンは韓国ドラマ‘私も花’初めての撮影の日だった10月4日の撮影シーンに使われたスクーターが突然、急発進しながら肩に負傷を負った。
精密検査の結果、キムジェウォンは、靭帯や軟骨が破裂され、肩の骨折まで発見され、3~4週間ほど安静を取らなければならないし、その後手術まで必要になるかもしれない状態であることが分かった。
そのために、韓国ドラマ‘私も花’でキムジェウォンの降板が有力視されたが、キムジェウォンは、ドラマ出演の意志を明らかにし続けて出演することを希望するという立場を知らせたし、韓国ドラマ‘私も花’製作陣側でもキムジェウォンの体の状態を確認して待っていた。
しかし、結局、キムジェウォンが下車が最終決定されることによって、韓国ドラマ‘私も花’は他の人の主演俳優を早急に探さなければならない状況だ。
韓国ドラマ‘私も花’は、11月初めに放映予定だ。


キムジェウォン側“イジア韓国ドラマ‘私も花’出演検討中、確定ではない”

俳優キムジェウォンが、MBCの新しい水木韓国ドラマ‘私も花’のキャスティング有力な候補に上がった。
キム・ジェウォン側関係者は9月19日あるメディアとの通話で“まだキャスティングが決定されたわけではなく、ずっと話中だ。近いうちに出演するかどうかが決定されるだろう。”と述べた。
関係者は“キムジェウォンがドラマ‘私も花’の主人公に有力な候補に上がって近いうちに製作陣と会って詳細についての議論を終える計画だ”と伝えた。

ニックン側“イジア韓国ドラマ‘私も花’に出演? 言われたことない”公式立場

2PMニックンが俳優イジアが出演することと知られて話題を集めたMBC新水木韓国ドラマ‘私も花’出演に対して事実無根であることを明らかにした。
ニックンの所属事務所JYPエンターテイメント側は、9月19日あるメディアと通話で“韓国ドラマ‘私も花’関連して話した事が無い”とし“10月から台湾コンサートを始まりにアジアツアーなども予定されているので、それを準備するだけでも、大忙しい状態だ”と出演できないという立場を明らかにした。

ニックン 韓国ドラマ  私も花 
2PM ニックン 韓国ドラマ  私も花

韓国ドラマ‘私も花’は、歌手のソテジとの秘密の結婚と離婚訴訟の衝撃と驚きを抱かせた俳優イジアの復帰作として知られて人目を引いた作品だ。
チェジウ、ユンサンヒョン主演の韓国ドラマ‘負けてたまるか’の後続で一旦、編成が決まっている。
また、韓国ドラマ‘私の名前はキムサムスン’を執筆したキムドウ作家がシナリオを引き受け、‘私の妻はスーパーウーマン(内助の女王)’のコドンソンPDが演出することになり、一層期待を集めている。
一方、ニックンと一緒に、韓国ドラマ‘私も花’にはビーストのイギグァン出演が議論されたが出演するかどうかはまだ未定だ。

ビースト イキグァン 韓国ドラマ  私も花 
ビースト イギグァン 韓国ドラマ  私も花

ビーストのイギグァンは韓国ドラマ、キムテヒ、ソンスンホン主演の‘マイプリンセス’を介して、演技者として活躍をした事がある。
また、男性主人公には先立ってMBC週末韓国ドラマ‘私の心が聞こえる’で熱演したキムジェウォンが有力な候補に上がっている。


キムジェウォン  私も花  
キムジェウォン 韓国ドラマ 私も花 
韓国ドラマ‘私も花’は、三人の女性と一人の男の複雑な愛の物語を描く予定だ。
ソジェヒは下着専門ブランドのオーナーだが、昼間は駐車要員として二重生活をしている人物。
自分の昼の顔である駐車要員として、恋をするのチャイレと若い財閥として華やかな夜の姿を愛する女性、キムダルの間で三角ラブラインを形成することになる。
当初、‘小娘たち’という仮題で知られている、韓国ドラマ‘私も花’は、三人の女と一人の男の複雑な愛の物語を盛る作品。
韓国ドラマ‘負けてたまるか’の後続で予定された韓国ドラマ‘私も花’は韓国ドラマ‘私の名前はキムサムスン’を執筆したキムドウ作家がシナリオを引き受けたし‘私の妻はスーパーウーマン(内助の女王)’コドンソンPDが演出を担当する期待作でイジアが女主人公に名を載せて話題を集めた。

キムジェウォン  私も花 
キムジェウォン 韓国ドラマ 私も花 
これまでトップ女優が有力な候補に上がって関心を集めてきた。
現在放映中の韓国ドラマ‘負けてたまるか’の後続で放送される予定だ。
韓国ドラマ‘私も花’女主人公の女子警察チャイレ役を俳優イジアが検討されていると伝えられた。
キムジェウォンは最近、韓国と日本でのデビュー10周年記念のファンミーティングを持って楽しい時間を過ごした。
韓国ドラマ‘私の心が聞こえる’以来、地上波とジョンピョンチャンネルから数多くのラブコールを受けている。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/108-14ad55b2
    この記事へのトラックバック