--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペヨンジュン、ウォンビン、イヨンエ、コソヨンなど韓国ドラマ出演迫る

2011年09月10日 17:55

ペヨンジュン、ウォンビン、イヨンエ、コソヨンなど韓国ドラマ出演迫る

ペヨンジュン、ウォンビン、イヨンエ、コソヨンなど‘キングとクイーンの帰還’

‘キング&クイーン’ペヨンジュン、ウォンビン、イヨンエ、コソヨンなどが帰ってくる。
ペヨンジュン、ウォンビン、イヨンエ、コソヨンなどしばらく息を整えていたトップスターらが来年一斉にカムバックするものと見られる。
韓流スターのペヨンジュンは来年(2012年)上半期にテレビ劇場カムバックが期待される。
ペヨンジュンの所属会社キーイースト側は“まだカムバック作品が決まったことはないが、複数本の韓国ドラマと韓国映画のシナリオを受けて悩み中だ”と述べ、“早ければ来年(2012年)上半期中に新しい作品に入るつもりだ。”と明らかにした。
現在のところ最も有力な作品は人気裏に終映された韓国ドラマ‘ドリームハイ’の続編である。
ペヨンジュンは韓国ドラマ‘ドリームハイ’の一編のプロデューサーを務めたのと同時に、理事長役で特別出演した。
最近では‘ドリームハイ’プレミアイベントを、日本のさいたまスーパーアリーナで開き、相変わらずのファン心を確認し、自信を得たという裏話だ。
来年(2012年)にカムバックすると、過去2007年の韓国ドラマ‘太王四神記’以後5年ぶりだ。

ペヨンジュン 羽田空港 
ペヨンジュン 羽田空港  ‘ドリームハイ’プレミアイベント

ウォンビンも韓国ドラマ復帰が有力視されている。
昨年(2010年)の韓国映画‘おじさん’の興行大成功で、ウォンビンは最も次回作が期待されるスターになった。
アメリカのハリウッド進出の便りまで聞こえてきて来年には海外で活動する姿が予想された。
しかし、最近のハリウッド進出を保留し、韓国内でユーターンしたと伝えられた。
来年放送予定のスター作家の韓国ドラマ作品を置いて悩んでいることが分かった。
また、来年に本格的にスタートするジョンピョン放送の韓国ドラマ出演も真剣に検討している。

ウォンビン 韓国ドラマ カムバック迫る 
ウォンビン 韓国ドラマ カムバック迫る

今では双子のママになったイヨンエもカムバックを慎重に準備をしているという。
イヨンエと親交が厚い一忠武路(チュンムロ)製作者は“イヨンエさんが結婚と相次ぐ出産でしばらく休んでいるだけで芸能活動をやめたわけではないだけに、着実にカムバック作を検討していると聞いている。子供の最初の誕生日になる来年上半期頃には復帰が可能ではないかと思う”と耳打ちした。
もし、来年の韓国映画でカムバックすると、2005年の‘親切なクムジャさん’以後7年ぶりとなる。
やはり昨年(2010年)10月、一児のママになったコソヨンも、次回作を検討中だ。
イヨンエと同様に、既にCMでは、顔をのぞかせた。

イヨンエ 韓国ドラマ カムバック迫る 
イヨンエ 韓国ドラマ カムバック迫る

広告からわかるように、出産前、同様の美貌とスタイルが目立つ。
韓国映画や韓国ドラマの両方の可能性を開いたまま、来年には復帰を打診している。
最後の作品は、2007年の韓国ドラマは‘青い魚’、韓国映画‘お姉さんが行く’だった。
このほか、チャンドンゴン、ソンヘギョ、コヒョンジョンなどは、すでにカムバックが確定した。
チャンドンゴンは年末に封切り予定の韓国映画‘マイウェイ’で帰ってくる。
カンジェギュ監督が‘ブラザーフッド’以来7年間、精魂を込めた作品だ。
ソンヘギョは2008年、韓国ドラマ‘彼らが生きる世界’以後3年ぶりに韓国映画‘今日’でファンと会う。
‘家へ...’のイジョンヒャン監督がソンヘギョをキャストして、すごい満足感を示した作品だ。
ソンヘギョはその間、映画‘カメリア’、‘一帯従事 ’などを撮ったが、まだ公開されていないため、少なくない空白が生じただけに期待も大きい。
コヒョンジョンは、監督交代という内紛を経験した韓国映画‘ミスコプロジェクト’を年内に終え、来年には観客と会う予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://myprinces2.blog110.fc2.com/tb.php/101-821be99e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。