--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマおすすめ!九家の書VSチャンオクチョン愛に生きるVS職場の神の見所は?

2013年03月29日 19:38

韓国ドラマおすすめ!九家の書VSチャンオクチョン愛に生きるVS職場の神の見所は?
韓国ドラマおすすめ!九家の書?チャンオクチョン愛に生きる?職場の神

九家の書VSチャンオクチョン愛に生きるVS職場の神、月・火韓国ドラマのパーティーが始まる。
一言で言うと、丁寧に企画されたパーティーだ。
来る4月地上波放送局3社では、フュジョン時代劇、フェクション時代劇、ロマンチックコメディーという多様なザンルを準備した。
特に、新鮮な素材と人気ある俳優陳たちをはじめ、ドラマが始まる前から幅広い関心を得ているMBC韓国ドラマ九家の書、SBSチャンオクチョン、愛に生きる、KBS2TV職場の神が視聴者たちの期待感を満足させるのか好奇心を高ませている。


韓国ドラマおすすめ!MBC九家の書、視聴率の男イスンギとスジの出会い


韓国ドラマおすすめ!MBC九家の書、視聴率の男イスンギとスジの出会い1 
韓国ドラマおすすめ!MBC九家の書、視聴率の男イスンギとスジの出会いだけで随分!!

最近、ネチズンの中で、視聴率の男と言われる歌手&俳優イスンギとスジの出会いで、始まる前からネチズンの好奇心を刺激したMBC韓国ドラマ九家の書(脚本:カンウンキョン、演出:シンウチョル)は、半人半獣として生まれたチェカンチ(イスンギ)が完全な人間になるために孤軍奮闘する武侠活劇だ。

韓国ドラマおすすめ!MBC九家の書、視聴率の男イスンギとスジの出会い2 
韓国ドラマおすすめ!九家の書主演イスンギがチェカンチ役のために3kg減量?
韓国ドラマおすすめ!MBC九家の書、視聴率の男イスンギとスジの出会い3 
韓国ドラマおすすめ!九家の書 主演ペスジは武士に変身?

SBS韓国ドラマ紳士の品格、シークレットガーデン、プラハの恋人、パリの恋人などを演出して、作品ごとにシンドロームを起こしたシンウチョルPDと、栄光のジェイン、製パン王キム·タックなどを執筆したカンウンキョン作家が呼吸を合わせて新しいスタイルのフュージョン史劇を広げる予定だ。
主人公であり猪突的な性格のチェカンチ役は歌手&俳優イスンギが引き受け、優れた武芸と弓術の武芸教官タムヨウル役はガールグループミスエースジが引き受け、お茶の間をひきつける予定だ。
特にイ·スンギとスジは、九家の書を通じて、史劇に初挑戦して期待がさらに高まっている。
また、イスンギとスジのほか、俳優イヨニ、チェジンヒョク、オムヒョソプ、ユヨンソク、イユビ、キムヒウォン、キムキバンなどが出演、神と人間の愛を予告して期待感を増幅させた。
韓国ドラマおすすめ、九家の書は4月8日午後10時に初放送を予定している。

韓国ドラマおすすめ!SBSチャンオクチョン愛に生きるは新しいチャンヒビン

韓国ドラマおすすめ!SBSチャンオクチョン愛に生きるは新しいチャンヒビン 
韓国ドラマおすすめ!チャンオクチョン愛に生きるキムテヒ、ユアイン

ニュータイプのチャンオクチョンが登場した。
これまで多くの韓国ドラマでチャンヒビンは権力に目が遠く、身分上昇のすべてを捧げるとげとげしい人物として描かれた。
だから、大衆にチャンヒビンとは悪役で劇の葛藤を高める人物として記憶された。
しかし、SBS 韓国ドラマチャンオクチョン愛に生きる(脚本:チェチョンミ、演出:プソンチョル)の中で、チャンヒビンは賎民として育ち、身分の限界を感じる人物ではなく、夢と希望を失わない新しいタイプのキャンディに登場する。
また、正常に扱われたことのないチャンヒビンの切ない愛の物語がドラマの主な内容で女性チャンヒビンの人生と愛を照明する計画だ。
特に、ネチズンたちは、チャンオクチョン役のキムテヒとスクゾン(粛宗:1661-1720)役のユアインの組み合わせに期待感を現わして合成写真や映像などをオンラインコミュニティに掲載している。
キムテヒは3月11日、韓国ドラマチャンオクチョン愛に生きる記者懇談会で、“ユアインは注意深く見てきた俳優だ。ユアインさんが6歳の年下だから負担にもなるけど問題ないと思う”とユアインとの呼吸に期待感を現わした。
韓国ドラマおすすめ、チャンオクチョン愛に生きるは4月8日午後10時に初放送を予定している。

韓国ドラマおすすめ!KBS職場の神は検証されたストーリーと俳優たち

韓国ドラマおすすめ!KBS職場の神は検証されたストーリーと俳優たち 
韓国ドラマおすすめ!職場の神主演キムヘス、オジホ

4月には、月火韓国ドラマの大戦の唯一の現代劇であり、ロマンチックコメディーを担当しているKBS 2TV 韓国ドラマ職場の神(脚本:ユンジヒ、演出:チョンチャングン)は、日本NTVのハケンの品格、万能社員大前をリメークした作品である。
放映当時、日本でも大きな人気を得たハケンの品格は、上司もたじろぐスーパー甲契約社員のミステリーな私生活と職場生活の話を扱っている。
職場の神はハケンの品格と同様にスーパー甲契約社員の話を扱っているが、原作よりも深みのあるメロと韓国の情緒に合っエピソードで20代から30代の会社員らに共感感をもたらすことが目標だ。
また、3年ぶりにお茶の間に復帰するキムヘスとオジホを置いて、“信じてみる二人の俳優。ロマンチックコメディからミステリーな演技までスーパー甲”という期待感を呼び起こした。
特に、低調な視聴率を記録した韓国ドラマ広告の天才イテベク(脚本:ソルズンソック、イジェハ、イユンゾン、演出:パクキホ、イソヨン)の後続作である韓国ドラマ職場の神は沈滞されたKBSドラマの牽引車の役割をすることができるかについての関心も高くなっている。
九家の書、チャンオクチョン愛に生きるより1週間先に放送を開始する予定だ。
韓国ドラマおすすめ、職場の神は4月8日午後10時に初放送を予定している。

関連記事
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。