君の声が聞こえるキャストと登場人物詳細

2013年05月31日 22:13

君の声が聞こえるキャストと登場人物詳細
君の声が聞こえるキャストと登場人物詳細で先に読む君の声が聞こえるあらすじ

君の声が聞こえるキャストと登場人物詳細では、韓国ドラマ君の声が聞こえる公式ホームページに乗せられている君の声が聞こえるキャストと登場人物紹介を和訳したものである。
ここからは、ユンサンヒョン、イボヨン、イジョンソク、イダヒなど主演を演じる人物の紹介と法曹界の人々、事件主要人物など助演を演じる人物紹介を載せている。
韓国ドラマ君の声が聞こえるあらすじは、幼いヘソン(キムスヒョン)は、ドヨンの目を失明される危機に立たせたという濡れ絹を脱ぐために、ドヨンを尋ねた時、偶然に、スハ(イジョンソク)の交通事故に偽装した殺人事件を目撃してしまう。
ドヨンは証人として法廷に立つ勇気がなく、ヘソンは恐怖と戦いながら法廷で立って証言することになる。
その縁で、スハの初恋はヘソンになる。
しかし、10年後。
ヘソンは全く異なる人になっていて、スハは失望するが、守ってあげると誓っていたあの時の約束を胸にヘソンの協力者になる。
ヘソンの天敵ソドヨン!
弁護士になったヘソンと人の心を読める超能力を持った少年スハと力を合わせて、検事になったドヨンと戦うことになる。
また、ヘソンに正義に対する刺激を与えるチャグァヌとの縁で、ヘソンが思っていた弁護士の人生は変わってしまう。
チャグァヌとパクスハ、そして、チャンヘソン!
3人が広げる貧しくて悔しい人々の助けが主なあらすじとなる。
韓国ドラマおすすめ!君の声が聞こえるは6月5日夜9時55分に放送される予定だ。

君の声が聞こえるキャストと登場人物詳細

君の声が聞こえるキャスト:イボヨン チャンヘソン役(子役:キムスヒョン)

君の声が聞こえるキャスト:イボヨン チャンヘソン役(子役:キムスヒョン) 
君の声が聞こえるキャスト:イボヨン チャンヘソン役(子役:キムスヒョン)

順序が間違ってんじゃないの。
真実は裁判で勝つのではなく裁判で勝つのが真実なんだ。
礼儀もなく、控えめもない。
人と絡み合うのを嫌がって友達もなく、干渉を嫌うので先輩も後輩もいない。
‘とびが鷹を生む’ということわざを身をもって実践した立志的な人物。
家政婦である片親の一人娘として生まれ、一生懸命に勉強して貧しい人々と悔しい人々を弁護する人権の守護者国選専担弁護士になった。
しかし、法廷で弁論するヘソンの声には使命ではなく、毒気が満載だ。
相手検事がソドヨンだから。
ドヨンは過去、ヘソンに濡れ衣を着せてヘソンの夢を枯れさせた不倶戴天の仇だ。

しかし、ヘソンは国選専担弁護士であり、ドヨンは検事だ。
国選の被告人は無罪率が1%にも満たない、検事の有罪率は99%を超える。
貧しい上に善良でもない被告人は、ヘソンに非協力的でさえある。
このまま巨大で恐ろしい検事ドヨンを相手にすることは、足に砂袋を着用してウサインボルトとレースをするようなものだ。

そのようなヘソンの前に現れた謎の少年、スハ・・・
その少年に出会ってからヘソンはドヨンを相手にする強力な力を持つようになる。
その力は、即ち、スハが相手の心を読むことができる能力を持ったということ・・・
スハを得たヘソンの弁護は熱く、激しくなり始める。

君の声が聞こえるキャスト:イジョンソク パクスハ役

君の声が聞こえるキャスト:イジョンソク パクスハ役 
君の声が聞こえるキャスト:イジョンソク パクスハ役

私は他人の心を読むことができる。
それが証拠だ!
相手の目を見て心を読む能力を持つ少年。
人々には秘密である。
言ったところで精神病者扱いになるから。

子供の頃から知ってはならない数々の嘘、加飾を直接見て、聞いてきたので、不意は正義を勝ち、嘘が真実に勝つのが世の中の摂理と言うのを誰よりも早く知ってしまった。
世界の不合理を正したいが、高校生の身分では出来そうもない。
ハンサムな上に、スマートで、そこにテコンドー有段者であるこの少年を、どの女が好きにならないのか。
しかし、スハの心を奪った女性はだった一人。
10年前、父を殺した犯人ミンジュングクを逮捕できるように助けてくれた人・・・
その女性はヘソンである。

恐怖に勝ち、自分のために法廷で勇敢な証言をしてくれたヘソンの姿が、今までもヒーローの姿でスハの心の中に深く刻印されていた。
いつかまた会えば必ず守ってあげると誓った。

そして、10年後。
また会ったヘソンの姿が10年前とは別の情けない姿だった。
不意を見ても目を閉じて、悔しい人の言葉には耳を閉じるひどい弁護士になっていた。
彼女を守ってあげると言うスハの誓いも、今はとても冷たい塵になって、ただため息が出てくるだけだ。

しかし、このままあきらめるには彼女を探してきた10年と言う歳月があまりにももったいない。
スハの人生に唯一だった灯り・・・
その消えてしまった火種を生かしてみることにする。
10年前、法廷で恐怖に対抗して証言していた‘チャンダルク’チャンヘソンはまだ生きているだろうと信じているからだ。

君の声が聞こえるキャスト:ユンサンヒョン  チャグァヌ役

君の声が聞こえるキャスト:ユンサンヒョン  チャグァヌ役 
君の声が聞こえるキャスト:ユンサンヒョン  チャグァヌ役

世界の人が皆信じなくても弁護士は被告人を信じなければならなるんじゃないですか?
警察出身の国選専担弁護士。
根性さえあれば、世の中に登れない山はない、ナンパできない女はいないと信じている。
そして、その信念を実践してきた。

司法試験を受ける時から、グァヌの目標は、国選専担弁護士であった。
貧しくて悔しい隣人のために、走ることができるやりがいのある仕事をしたかったから・・・
それが自分に与えられた使命だと固く信じていた。
国選を長く続けた先輩たちはグァヌに時間が経過すると、‘人々を助けること’に対する幻想が割れるだろうと警告するが、まあ・・・

白い靴下に黒い靴、とんまに見えるメガネまでファッション感覚はゼロだ。
混乱した状況が近づけば髪の毛を乱す癖がある。
田舎っぽいファッションのおかげで隠れているが、それなりにドレスアップすると、ハンサムな外貌でもある。
問題は、そのハンサムな外貌を発見できる人が誰もいないこと・・・

事件を分析する際は弁護士の目と警察の目、両方を使用して見る。
そのため、他の弁護士が探せない争点を見つける出す能力が優れている。
また、書類だけ読む弁護ではなく、足で走る弁護で被告人の無罪を証明している。

君の声が聞こえるキャスト:イダヒ  ソドヨン役

君の声が聞こえるキャスト:イダヒ  ソドヨン役 
君の声が聞こえるキャスト:イダヒ  ソドヨン役
うみに薬を塗ったて肌にならない。
悪魔が服を着替えっても天使にはなれない。
絶対・・・
ソウル大学首席入学、司法試験首席合格、司法研修院首席卒業等・・・
人生の中で常に“首席”をつけて生きてきた。
そこに、裁判官の父、医師の母の間で欠けることなく育ったエリートだ。

任官してから1年後に部長検事の認定を受ける有能な検事になった。
判事出身の父、ソデソクの影響で悔しい被告人よりも悔しい被害者を作ってはいけないと信じる検事だ。
そのため、被告人に冷酷な死神検事と呼ばれている。
美貌、能力、財力すべてを備えた財源。
ドヨンが完璧、そのものだ。
少なくとも表面では・・・

ドヨンをここまで来させた力は不安感だった。
父の期待に及ばないのかという不安。
高校の同級生であるヘソンが貧しい母親の希望になりたかったこと以上に、ドヨンも完璧な父の傷になりたくなかった。
だから、自分をいつもそのように泡立ててきた。

そのようなドヨンの事情を知らない競争相手ヘソンが恨みを浴びせ、ついに花火を目に当てて、片方の目を失明寸前まで持っていた。
ヘソンが自分がやったことではないと強く否定したが、ドヨンは確信した。
明らかにヘソンが犯人だ!

そのようにヘソンとの悪縁が続いた。
ヘソンとドヨンが一緒に殺人事件を目撃し、証人として法廷に立たうとしたが、ドヨンは恐怖に包まれて逃げてしまった。
そして、その瞬間を消したかった。
挽回したかったので検事の道を選択した。
しかし、その疲れ切った競争相手・・・

自分が最も恥辱の瞬間を知っている唯一の目撃者であるヘソンを10年後、法廷で再会する。
検事と弁護士として。
この程度なら、悪縁を超えた運命である。
そう、避けることができない場合は、徹底的に対抗して戦ってやる!!
そして、勝ってやる!!

◆法曹界の人々

君の声が聞こえるキャスト:ユンジュサン シンサンドク役

君の声が聞こえるキャスト:ユンジュサン シンサンドク役 
君の声が聞こえるキャスト:ユンジュサン シンサンドク役

“被告人を信じようと努力はする。ところで時々・・・その信頼が毒になる時がある。”

40年キャリアの弁護士。
現在ではヘソン、グァヌと同じ事務所の国選専担弁護士だ。
年齢のために耳暗く補聴器を着用し、不十分な歯のために入れ歯をして通っている。
今はただ後味炸裂のちっぽけな老人のように見えるが、かつて無罪率15%という驚異的な記録を達成した弁護士であった。
今はちっぽけな退物の弁護士のように見えるが重要な瞬間、洞察力を見せて青二才なヘソンとグァヌと方向舵になってくれる。

40年の間サンドクが引き受けた事件は、なんと5千件を超える。
ため、様々な判例や、弁護方法に対するデータが誰よりも豊富である。
自分が認めている人には丁寧でない言葉を、認めていない人には敬語を使う。

君の声が聞こえるキャスト:キムグァンギュ  キムコンスク役

君の声が聞こえるキャスト:キムグァンギュ  キムコンスク役 
君の声が聞こえるキャスト:キムグァンギュ  キムコンスク役

功名心があり、ショーマンシップがある。
他人の目を意識して、マスコミが好きな裁判官だ。
法廷で惰性に濡れた進行をするが、誰か見学も来る日には、法服をはためくて裁判官のカリスマを見せようと努力する。
ヘソンの国選選抜を決定した裁判官なので、ヘソンを特別に注視する。
陪席判事たちと一緒にグルメ探訪するのが好きな美食家。


君の声が聞こえるキャスト:チェソンジュン  チェユチャン役

君の声が聞こえるキャスト:チェソンジュン  チェユチャン役 
君の声が聞こえるキャスト:チェソンジュン  チェユチャン役

ヘソンとグァヌがいる国選専担弁護士事務所の事務員。
一日に数千枚のコピーと数十本の電話も無理なく消化する能力者。
サンドクと長く仕事を一緒にしてサンドクの気分をよく理解している。
事務所で数々の事件を経験したので、普通の弁護士より法的知識に優れ、判例をたくさん知っている。

君の声が聞こえるキャスト:ジョンドンファン  ソデソク役

君の声が聞こえるキャスト:ジョンドンファン  ソデソク役 
君の声が聞こえるキャスト:ジョンドンファン  ソデソク役

ドヨンの父。
刑事部部長裁判官出身。
現在は、国内屈指の法律事務所の代表である。
裁判官時代には、清廉で剛直だということで有名な法曹界の大父であった。
裁判官時代、一人の罪のない者が生じても、10人の犯罪者は必ず掴まるべきだと言う信念で被告人たちに厳しい判決を下してきた。


◆事件主要人物

君の声が聞こえるキャスト:キムヘスク  オチュンシム役

君の声が聞こえるキャスト:キムヘスク  オチュンシム役 
君の声が聞こえるキャスト:キムヘスク  オチュンシム役

メイドとして他人の家の家事を行ってヘソンを大学まで行かせた不屈の母親。
高校中退という試練とドヨン一家に対する恨みのためにヘソンの性格が益々きつくなるようで常に心が軽くない。
ヘソンが国選専担弁護士であることを大統領にでもなったように誇りに思っている。
現在は、小さなフライドチキン店を運営している。
ヘソンに幸運なことが起こるたびに、非定期的な‘チッキンセール’を乱発する。
ヘソンが弁護士になった今、ヘソンを嫁に行かせることが一生の最後の宿題だと思っている。

君の声が聞こえるキャスト:チョンウンイン  ミンジュングク役

君の声が聞こえるキャスト:チョンウンイン  ミンジュングク役 
君の声が聞こえるキャスト:チョンウンイン  ミンジュングク役

スハ父を殺害した犯人。
交通事故を装った殺人で釈放されることがあったが、ヘソンの証言で10年の刑を受ける。
刑務所で過ごす10年間ヘソンに対する憎しみと怒りに復讐の刃を研ぎてきた。
出所後、ボランティア活動などをして善良な顔を装ったまま、ヘソンの周りをぐるぐる回りながら虎視眈々と復讐の機会だけを狙っている。

君の声が聞こえるキャスト:キムカウン  コソンビン役

君の声が聞こえるキャスト:キムカウン  コソンビン役 
君の声が聞こえるキャスト:キムカウン  コソンビン役

成績も悪く、口も荒く、髪も黄色く染めて通う確なコギャル。
派手なネイルのケアをして通って、そちらに才能がある。
両親もなく孤児で育った。
友人もなく味方ということを生涯持ったことがない。
こっそりと同じ学校に通うスハに片思いをしているが、スハはそんなソンビンを見向きもしない。

君の声が聞こえるキャスト:キムビョンオク  ファンダルジュン役

君の声が聞こえるキャスト:キムビョンオク  ファンダルジュン役 
君の声が聞こえるキャスト:キムビョンオク  ファンダルジュン役

妻を殺した容疑で25年目服役中である。
ふてぶてしく親和性に優れ、被収容者の間で人脈がかなり広い。
過去、自分の弁護を引き受けてくれたサンドクと深い関係を持っているし、受刑者たちの様々な情報を伝達する役割をする。