栄光の才人、チェミョンギル、チョンジョンミョン母キャスティング‘イメージ変身’

2011年08月22日 19:03

栄光の才人、チェミョンギル、チョンジョンミョン母キャスティング‘イメージ変身’

栄光の才人、チェミョンギル、チョンジョンミョン母キャスティング‘庶民ママへイメージ変身’

俳優のチェミョンギルは、KBSの新しい水木韓国ドラマ‘栄光の才人’で、チョンジョンミョンの母親であり、そば屋の女主人の‘バククンジャ’にキャスティングされた。
チェミョンギルは、KBS 2TV韓国ドラマ‘姫の男’の後続で来る10月12日初放送されるKBS新しい水木韓国ドラマ‘栄光の才人’(脚本;カンウンギョン、演出;イジョンソプ/製作;キムジョンハクプロダクション)で、熱く、話し方良く、荒い言葉まで自然に吐き出す頑丈母、バククンジャ役を引き受けて破格変身を予告している。
パククンジャは貧しくてお金がない時を生きたのが癖になって“お金がない。節約すべきだ。”を叫ぶ超絶頂ケチ。
子供たちが洗顔した水で、本人の洗顔まで済まし、あれこれお金になるものならなんでもするがむしゃらさを示す。
家族を何とか守り、養うために最善を尽くす私たちの時代の典型的な庶民ママの姿を見せてくれるわけだ。
チェミョンギルは、しばらく前に放映終了した‘ミスリプリー’で表里不同な人物イファ役を演じ、冷酷なカリスマ演技を繰り広げて好評を受けた状況だ。

栄光の才人、チェミョンギル、チョンジョンミョン母キャスティング 
栄光の才人、チェミョンギル、チョンジョンミョン母キャスティング
栄光の才人、チェミョンギル、チョンジョンミョン母キャスティング 
栄光の才人、チェミョンギル、チョンジョンミョン母キャスティング

ジャンルを行き来する卓越な演技力でテレビ劇場を圧倒してきたチェミョンギルの完璧な演技力が今回の‘栄光の才人’では、またどのように光を輝かすのかに関心が集中している。
何よりも今まできちんとして清潔な姿を主に披露してきたチェミョンギルは、1990年に出演した韓国映画‘ウムクベミの愛’以来21年ぶりに破格変身、苦しいけど家族のためには何でも出来る私たちのお母さんたちの情緒を濃い味の演技で表現してくれる見込みだ。
‘栄光の才人’製作社キムジョンハクプロダクション側は“貫禄の演技者チェミョンギルが180度変身した完璧なイメージをお目見えする予定”とし“チェミョンギルは今まで、エレガントで上品な姿を主に演じてきたならば、‘栄光の才人’では、つらい生活に苦しみながら、ますますがむしゃらな真の母の姿に変身することになる。チェミョンギルが作り出すパククンジャの姿を期待してくれ”と伝えた。

栄光の才人、チェミョンギル、ミスリプリー イファ役 画像 
栄光の才人、チェミョンギル、ミスリプリー イファ役 画像

一方、‘栄光の才人’は、2010年の50%に迫る視聴率で‘韓国民ドラマ’班列に上がった‘製パン王・キムタック’のカンウンキョン作家とイジョンソプPDが再び団結して下半期テレビ劇場を彩る期待作として注目を集めている。
‘栄光の才人’には、ベテラン級の中堅演技者チェミョンギル以外にも、チョンジョンミョン、パクミニョン、イジャンウなどが出演を確定して嵐の関心を浴びている。
韓国ドラマ‘栄光の才人’は9月20日の初撮影を開始し、10月12日初放送を予定している。

関連記事
スポンサーサイト



栄光の才人、パクミニョンインタービュー内容(パクミニョン最新情報)

2011年08月22日 18:54

栄光の才人、パクミニョンインタービュー内容;栄光の才人のジェインについて(パクミニョン最新情報)

パクミニョン、シティーハンターのナナから栄光の才人のジェインへ“3倍は明るいと思います”

パクミニョンは休む間がない。
パクミニョンは最近の成功に放映終了したSBS韓国ドラマ‘シティーハンター’を終えるとすぐKBS2新水木韓国ドラマ‘栄光の才人’に主演でキャスティングされた。
パクミニョンに今、‘大勢’という言葉も遜色がないほどだ。
最近最も忙しい俳優の一人がパクミニョンだ。
パクミニョンが今のように‘ 乗勝長駆 ’だけだったわけではない。
2007年の‘思いっきりハイキック’で、‘彗星のように’に登場したパクミニョンは、KBS2韓国ドラマ‘伝説の故郷 - 九尾狐’で話題にされたが、‘アイアムセム’と‘ジャミョンゴ(自鳴鼓)’が低調な記録を残して下落傾向に乗っているようだった。
しかし、2010年の韓国ドラマ‘トキメキ成均館スキャンダル’で立ち上がった後、上昇の勢いがさらに恐ろしい。
‘シティーハンター’は、イミンホとパクミニョンの呼吸がかなり引き立って見えた作品だ。
しかし、撮影初盤にはイミンホとぎこちない間であったそうだ。

栄光の才人、パクミニョンインタービュー内容 
栄光の才人、パクミニョンインタービュー

“2005年くらいかな…ピザのCMを撮影するときに、パートナーとして初めて出会いました。また、2007年に‘アイアムセム’という韓国ドラマに一緒に出演したんです。しかし、会ったらあいさつする程度だったんですよ。‘シティーハンター’で初めて会ったが、その時は本当に知っているわけでもなく、知らないわけでもない程度?(笑)そうするうちに、現場でいつも会って仲良くなってるから、本当に優しくて熱心にする、学ぶことが多い人ですよ。”
イミンホは最近のインタビューで、パクミニョンに対して、“お互いに合わせようとするスタイルだから演技するのが本当に楽だった。”と述べている。
“本当にそうだったんです。お互いにリアクションがとても良かったです。しまいにはチンヒョク監督が“両方とも自分の撮影時より、リアクションしてあげるときより演技が上手だ。”と話したくらいだったから…”
撮影が終わって俳優、スタッフたちと行ったデブド(大阜島)MTでもミニョン&イミンホカップルは頭角(?)を示した。
“サバイバルゲームをしたんですが、イミンホさんはほとんど飛んでいました。五人なのか一発で捉えました。スタッフたちが“私たちがあまりにも多くのことを教えた”と言ったくらいですからね。私も最後まで生き残りました。”
韓国ドラマ‘シティーハンター’の中でも、パクミニョンは、身を投げる演技で関心を集めた。
特に、大統領の娘ダヘ(クハラ)を保護するために、卵の洗礼に合った演技は、見る人々も、“大変だったそう”を感じるほど。

栄光の才人、パクミニョンインタービュー 
栄光の才人、パクミニョンインタービュー


“その撮影をする時、本当に熱かったんですよ。しかも、黒のスーツだから熱を存分に吸収していたが、卵にトマトに小麦粉までかけられました。少しむかむかしました。スタッフたちは‘ナナジョン(ヂヂミ)’と呼びました。材料がそうじゃないでしょうか。 (笑)”
これで、パクミニョンは、‘シティーハンター’を後にし、‘栄光の才人’の中のジェインにならざるを得ない。
‘栄光の才人’は、‘女子キムタク’と呼ばれる作品だ。
‘製パン王・キムタック’のイジョンソプPDとカンウンキョン作家が再び意気投合したからだ。
“作品に本当に欲が出ました。時間がもう少しあったらもっと良かったでしょうが、私には挑戦意識が生じる作品です。ナナを早く空けてジェインを早く受け入れるしかないです。”
‘栄光の才人’中の、ジェインは‘シティーハンター’のナナとはまた違う。
‘ジェインはナナよりも三倍は明るいと思います。もちろん、明るいだけなら面白くないでしょう?感情線が両極端を行き来するキャラクターなので、興味津々です。実は私の声が女にしては重低音だが、ジェインとはうまく似合わなかったです。だから、トーンを存分に高めなければならないようです。‘思いっきりハイキック’を演じていたときのように。”
韓国ドラマ‘栄光の才人’は9月20日の初撮影を開始し、10月12日初放送を予定している

関連記事