紳士の品格キャスト、紳士の品格主演、チャンドンゴン、キムハヌル確定

2012年02月10日 17:19

紳士の品格キャスト、紳士の品格主演、チャンドンゴン、キムハヌル確定

紳士の品格キャスト、チャンドンゴン、キムハヌル、シークレットガーデン製作陳と意義統合

紳士の品格キャストが確定された。
韓国ドラマ、紳士の品格キャストにはチャンドンゴンとキムハヌルが確定された。
韓国において代表的な俳優であるチャンドンゴンとヒット作メーカーであるキムハヌルが紳士の品格キャスト、男女主人公に確定され話題になっている。
紳士の品格キャストに確定された、チャンドンゴンとキムハヌルは、来る5月放送予定の紳士の品格を介して最初の呼吸を合わせる予定だ。
韓国だけでなく、様々な海外活動を行い、グローバル韓流スターとして確固に位置づけたトップスターチャンドンゴンとテレビ劇場とスクリーンを行き来して、ヒット作を作り出したキムハヌルが描く幻想的な演技に焦眉の関心が集中している。
何よりもチャンドンゴンとキムハヌルが、2011年に放送され、大人気を得ていた韓国ドラマ、シークレットガーデンの名品韓国ドラマ製作スタッフ、キムウンスク作家とシンウチョルPDと意気投合する、紳士の品格は2012年上半期を席巻韓国最強のラインナップを構築することになった。

紳士の品格キャスト、チャンドンゴン 
紳士の品格キャスト、チャンドンゴン

紳士の品格は、愛と別れ、成功と挫折を経験し、この世のどんなことにも惑わされないような不惑を超えたロマンチックイケメン美中年、四人の男とかすかな初恋のように甘くて苦いながらも、ときめくロマンスが懐かしい4人の女が描く4人4色のカラフルなロマンスを本格的に描き出した次元が違うロマンチックコメディーを予告している。
韓国ドラマ、紳士の品格を通じて、MBC韓国ドラマ、イブのすべて以来12年ぶりにブラウン管に復帰するチャンドンゴンは、炎の毒舌を装着した建築事務所長キムドジン役を演じ、これまでチャン·ドンゴンのお茶の間への復帰を待っていた視聴者たちに新鮮な魅力を発散する予定である。

紳士の品格キャスト、キムハヌル 
紳士の品格キャスト、キムハヌル

主演女優賞を2回受賞してスクリーンで猛烈な活躍してきたキムハヌルは、気の強い性格ではないが断固として、冷たくは無いが、おまけは無い性格を持った高校の倫理教師であり、アマチュア社会人野球の審判ソンイス役を引き受けて、チャンドンゴンと一緒に次元の異なるロマンチックコメディーを描き出す予定だ。
紳士の品格キャスト、主演を演じるチャンドンゴンは、“中国映画のスケジュールのため難しかった環境が紳士の品格製作陣の努力と配慮のおかげで調整されて、何よりもシナリオや紳士の品格製作陣の信頼があったのでこの作品を決定した”と伝えた。
紳士の品格キャスト、主演を演じるキムハヌルも“韓国ドラマ、オンエアに引き続きもう一度キムウンスク作家とシンウチョル監督に会うことになってとても嬉しい”と新しい仕事への期待とときめきを示した。
韓国ドラマ、紳士の品格製作会社は“完璧な作品を放送するという製作陣の意志により、紳士の品格製作陣が最適の俳優たちをキャスティングするため、長い時間悩みを重ねていた。最高の努力を傾けて、紳士の品格キャストのキャスティングが確定された同様に多くの激励と期待をお願いしたい”とし“これまで、紳士の品格キャストに関連してうわさが繁茂しており、これにより、紳士の品格キャストを決めるまで多くの時間がかかったが、紳士の品格製作陣の努力を信じて待ってくれて感謝する”と述べた。
韓国ドラマ、紳士の品格キャスト確定の知らせに、紳士の品格初撮影の関心も高まっている。
紳士の品格は2012年5月に放送を予定している。

関連記事
スポンサーサイト



紳士の品格、チャンドンゴン、紳士の品格に出演決定した理由は?

2012年02月02日 21:48

紳士の品格、チャンドンゴン、紳士の品格に出演決定した理由は?

紳士の品格、チャンドンゴンインタービュー内容

紳士の品格、出演は拒否できない提案だった。スケジュールを調整するのに、多くの方が苦労した。
俳優チャンドンゴンがSBSの新しい韓国ドラマ、紳士の品格でテレビ劇場に復帰する。
チャンドンゴンが韓国ドラマに主演するのは、2000年MBC韓国ドラマ、イブのすべて以来12年ぶりのことだ。
紳士の品格の出演を決定したというチャンドンゴンの韓国ドラマ復帰の知らせは多くのファンの視線を注目させている。
チャンドンゴンがあるメディアの電話インタビューで紳士の品格、韓国ドラマ復帰の感想を初めて打ち明けた。

Q:紳士の品格、12年ぶりに韓国ドラマへ出演する気持ちがどうなのか?
A:信じ難いことだが、正直、緊張している。久しぶりに出演するけど・・・約12年ぶりだ。韓国ドラマの撮影現場がたくさん変わったと聞いた。韓国ドラマの撮影現場というのが非常に速く進行される知らされている。映画をしながらウォーミングアップをしている時間が長かったので、早く適応するのが急務だと思う。

俳優のチャンドンゴンがあるメディアの電話インタビューで12年ぶりのドラマ出演作、神社の品格の出演提案をめぐり、“拒否できない提案だった”と話した。

紳士の品格、チャンドンゴン 
紳士の品格、チャンドンゴン、紳士の品格に出演決定した理由は?

Q:紳士の品格で復帰をした理由は?
A:紳士の品格はトレンディーなドラマだけど、一般的な財閥2世の物語のような内容がなかった。男の話という内容が気に入った。紳士の品格のように作品を読んでみて、気軽くなったのは久しぶりだ。

Q:紳士の品格のキャラクターの年齢が実年齢とまったく同じだ。どう思うのか?
A:紳士の品格の製作陣から私を念頭に置いて書いたと言われ嬉しかった。 41歳の男性が主人公だけど…私と年齢が同じだ。
最初、紳士の品格の提案を受けた時、実際に拒否するのが難しかった。私は出演したかったが、中国で撮影する‘危険な関係’という作品とスケジュールが重なってしまった。所属事務所からスケジュール調整をするために、かなり苦労をした。

Q:今後、映画と韓国ドラマの出演を並行するつもりなのか?
A:パクチュンフン先輩が先日、激励の電話をくれた。 “ドンゴン、9回裏ツーアウトで打席に立たないで。あなたは、なぜ必ず成功しなければならない映画にだけ出演するの?”こんな話をしてくれた。作品性自体を越えて興行を先に考えなければならない映画に出演するのを置いて惜しく思い、言ってくれた言葉でした。私自らむち打ちになった。映画であれ、ドラマであれ、作品が必要な時に望んでいた韓国ドラマ、紳士の品格と出会った。最近、ドラマと映画の境界もあいまいになっている。

紳士の品格、チャンドンゴン 
紳士の品格、チャンドンゴン、紳士の品格に出演決定した理由は? 

Q:紳士の品格のシノプシスを妻のコソヨンも読んだはずだが、その反応は?
A:もちろん、一緒に読んだ。面白そうだと言った。韓国ドラマ、紳士の品格の撮影現場を楽しもうと応援してくれた。

Q:紳士の品格に似合うのはチャンドンゴンのほかには俳優を考えられないと断言したが、どう思うのか?
A:ヒョンビンが出演した韓国ドラマ、シークレットガーデンを非常に面白く視聴した。キムウンスク作家とシンウチョルPDの魅力を知ることになった。しばらく前にキャスティングのため、キムウンスク作家と数回会った。とてもユーモアあふれる方だった。キムウンスク作家がヒョンビンに続いて、チャンドンゴンを選んだのも面白いんじゃないか?軍に入隊したヒョンビンと時間が合わず、今回の作品と関連して別に話したことはないが、会えれば、お互い面白がると思う。

Q:今年のスケジュールはどうなるのか?
A:3月ごろに予定されていた韓国ドラマ、紳士の品格が5月に遅れて、中国の撮影が予定より早く終わり、急に出演する機会ができた。所属事務所でスケジュールの調整をするのにかなり苦労した。元来は、とても2月の初めまで、中国の作品の撮影を終えることができない状況だった。まぁ、緊張している。ハハ。

韓国ドラマ、紳士の品格は5月の放送を予定しており、現在、男子主人公のキャスティングは終えたが、ヒロインである女子主人公はまだ未定である状況だ。
紳士の品格のヒロインとして名を上げているのは現在、キムハヌルだ。
キムハヌルはチャングンソクと演じた韓国映画、きみはペットを通じて、日本においてもその人気を高めている状況だ。

関連記事

チャンドンゴン主演確定、韓国ドラマ紳士の品格、2012年5月放送予定

2012年01月31日 19:51

韓国ドラマ紳士の品格、チャンドンゴン主演確定、2012年5月放送予定

韓国ドラマ 紳士の品格 概要

紳士の品格 放映情報 :SBS  2012-05-00〜
紳士の品格 概要 :韓国 総20部作
紳士の品格 製作 :シンウチォル(演出)、キムウンスク(脚本)
紳士の品格 あらすじ :30代後半から40代前半の末中年の話を描いたメロドラマだ。
紳士の品格 出演 :チャンドンゴン、キムスロ、キムミンジョン、ユンセア

チャンドンゴン、紳士の品格で12年ぶりにお茶の間に復帰

トップスターチャンドンゴンが12年ぶりにテレビ劇場に復帰する見込みだ。
31日、所属事務所エイエムエンターテイメント関係者は“SBS韓国ドラマ、紳士の品格の出演を肯定的に再検討している”と明らかにした。
韓国ドラマ、紳士の品格は、韓国ドラマ‘シークレットガーデン’キムウンスク作家が新たに執筆するドラマ。
40代、中年の男のロマンスを扱う予定だ。

チャンドンゴン  韓国ドラマ 紳士の品格 
チャンドンゴン  韓国ドラマ 紳士の品格

チャンドンゴンがTV韓国ドラマに出演するのは、2000年のMBC韓国ドラマ‘イブのすべて’以来12年ぶりだ。
当初、チャンドンゴンは、キムウンスク作家の要請を受けて検討したが、ホジンホ監督の韓国映画‘危険な関係’リメイクの撮影などを理由に固辞した。
以後、韓国ドラマ、紳士の品格はチュジンモなど多くの俳優たちが有力な主演候補に名を上げた。
チャンドンゴンは、韓国ドラマ‘紳士の品格’側が当初、3月の放送を5月に先送りするなどの誠意を見せると、最終的に韓国ドラマ、紳士の品格への出演を決心した。
韓国ドラマ‘紳士の品格’は、近いうちに女主人公を確定する計画だ。

イナヨン‘SBS韓国ドラマ‘紳士の品格’前向き検討中’3月中に出演決定

SBS TV新しい週末韓国ドラマ‘紳士の品格’のヒロインとして有力視された女優イナヨンが、結局出演しないことに決定したというあるメディアの報道に対して“事実ではなく、肯定的検討中”と否認した。
イナヨンの所属事務所イドンナインのある関係者は31日午後TVリポートとの電話通話で“イナヨンは韓国ドラマ‘紳士の品格’への出演オファーを受けた後、仕事を継続して検討しており、今までに確定したことは何もない”と明らかにした。
この関係者は“現在、イナヨンは、来る2月16日に公開される韓国映画‘ハウリング’の広報のために忙しい日程を送っていて余裕がない状態だ。映画の広報が完了するとドラマ出演を決断する”とし“5月放映されるドラマだけに3月中に出演するかどうかを決断するので、もうちょっと待ってほしい”と慎重な立場を取った。

イナヨン 韓国ドラマ 紳士の品格 
イナヨン 韓国ドラマ 紳士の品格

韓国ドラマ‘紳士の品格’は、韓国ドラマ‘シークレットガーデン’のキムウンスク作家の次期作で30代後半から40代前半の末中年の話を描いたロマンチックメロドラマだ。
男主人公としては製作会社で首を長く念を入れたチャンドンゴンが苦心の末に出演を決定、MBC TV韓国ドラマ‘イブのすべて’以来12年ぶりにブラウン管に復帰してファンの心をときめかせている。
他にも、キムミンジョン、キムスロ、ユンセアがキャスティングを確定しており、韓国ドラマ‘紳士の品格’は5月に初放送される予定だ。

関連記事

ペヨンジュン、ウォンビン、イヨンエ、コソヨンなど韓国ドラマ出演迫る

2011年09月10日 17:55

ペヨンジュン、ウォンビン、イヨンエ、コソヨンなど韓国ドラマ出演迫る

ペヨンジュン、ウォンビン、イヨンエ、コソヨンなど‘キングとクイーンの帰還’

‘キング&クイーン’ペヨンジュン、ウォンビン、イヨンエ、コソヨンなどが帰ってくる。
ペヨンジュン、ウォンビン、イヨンエ、コソヨンなどしばらく息を整えていたトップスターらが来年一斉にカムバックするものと見られる。
韓流スターのペヨンジュンは来年(2012年)上半期にテレビ劇場カムバックが期待される。
ペヨンジュンの所属会社キーイースト側は“まだカムバック作品が決まったことはないが、複数本の韓国ドラマと韓国映画のシナリオを受けて悩み中だ”と述べ、“早ければ来年(2012年)上半期中に新しい作品に入るつもりだ。”と明らかにした。
現在のところ最も有力な作品は人気裏に終映された韓国ドラマ‘ドリームハイ’の続編である。
ペヨンジュンは韓国ドラマ‘ドリームハイ’の一編のプロデューサーを務めたのと同時に、理事長役で特別出演した。
最近では‘ドリームハイ’プレミアイベントを、日本のさいたまスーパーアリーナで開き、相変わらずのファン心を確認し、自信を得たという裏話だ。
来年(2012年)にカムバックすると、過去2007年の韓国ドラマ‘太王四神記’以後5年ぶりだ。

ペヨンジュン 羽田空港 
ペヨンジュン 羽田空港  ‘ドリームハイ’プレミアイベント

ウォンビンも韓国ドラマ復帰が有力視されている。
昨年(2010年)の韓国映画‘おじさん’の興行大成功で、ウォンビンは最も次回作が期待されるスターになった。
アメリカのハリウッド進出の便りまで聞こえてきて来年には海外で活動する姿が予想された。
しかし、最近のハリウッド進出を保留し、韓国内でユーターンしたと伝えられた。
来年放送予定のスター作家の韓国ドラマ作品を置いて悩んでいることが分かった。
また、来年に本格的にスタートするジョンピョン放送の韓国ドラマ出演も真剣に検討している。

ウォンビン 韓国ドラマ カムバック迫る 
ウォンビン 韓国ドラマ カムバック迫る

今では双子のママになったイヨンエもカムバックを慎重に準備をしているという。
イヨンエと親交が厚い一忠武路(チュンムロ)製作者は“イヨンエさんが結婚と相次ぐ出産でしばらく休んでいるだけで芸能活動をやめたわけではないだけに、着実にカムバック作を検討していると聞いている。子供の最初の誕生日になる来年上半期頃には復帰が可能ではないかと思う”と耳打ちした。
もし、来年の韓国映画でカムバックすると、2005年の‘親切なクムジャさん’以後7年ぶりとなる。
やはり昨年(2010年)10月、一児のママになったコソヨンも、次回作を検討中だ。
イヨンエと同様に、既にCMでは、顔をのぞかせた。

イヨンエ 韓国ドラマ カムバック迫る 
イヨンエ 韓国ドラマ カムバック迫る

広告からわかるように、出産前、同様の美貌とスタイルが目立つ。
韓国映画や韓国ドラマの両方の可能性を開いたまま、来年には復帰を打診している。
最後の作品は、2007年の韓国ドラマは‘青い魚’、韓国映画‘お姉さんが行く’だった。
このほか、チャンドンゴン、ソンヘギョ、コヒョンジョンなどは、すでにカムバックが確定した。
チャンドンゴンは年末に封切り予定の韓国映画‘マイウェイ’で帰ってくる。
カンジェギュ監督が‘ブラザーフッド’以来7年間、精魂を込めた作品だ。
ソンヘギョは2008年、韓国ドラマ‘彼らが生きる世界’以後3年ぶりに韓国映画‘今日’でファンと会う。
‘家へ...’のイジョンヒャン監督がソンヘギョをキャストして、すごい満足感を示した作品だ。
ソンヘギョはその間、映画‘カメリア’、‘一帯従事 ’などを撮ったが、まだ公開されていないため、少なくない空白が生じただけに期待も大きい。
コヒョンジョンは、監督交代という内紛を経験した韓国映画‘ミスコプロジェクト’を年内に終え、来年には観客と会う予定だ。

関連記事