韓国ドラマ「ブラッド(Blood)」あらすじは?なぜPD・作家が有名なの?

2016年11月20日 15:40


韓国ドラマ「ブラッド(Blood)」あらすじは?なぜPD・作家が有名なの?

「グッドドクター」PD・作家の「ブラッド(Blood)」、来年2月放送予定?

韓国ドラマ ブラッドのあらすじは、ヴァンパイア医者の活躍と愛を扱ったファンタジーメディカルドラマだそうだ。
KBS 2TV「グッドドクター」キミンスPDとパク・ジェボム作家が再び団結して話題を集めた「ブラッド(Blood)」が「ヒーラー」の後続で編成が確定的である。
KBSドラマ局の関係者は「ブラッド」を「ヒーラー」の後続として見ているとし、来年2月放送が確定的だと口をそろえた。 
「ブラッド」が「ヒーラー」の後続として確定されると、来年2月KBS 2TV月火ドラマで放送される。

グッド・ドクター キャスト チュウォングッド・ドクター キャスト チュ・ウォン

「ブラッド」は、ヴァンパイアの医師が主人公のファンタジーメディカルドラマだ。 
病院を背景に繰り広げられる善と悪の対立、ヴァンパイア素材で欠かせない不滅の愛などを扱うと知られている。 
特に、パク・ジェボム作家はこれまでOCN「神のクイズ」シリーズ、「グッド・ドクター」などの医学(メディカル)ドラマジャンルで能力を認められただけに、「ブラッド」を通じてどのような話を広げて見せるか興味が集まっている。 
キミンスPDも「グッド・ドクター」の童話的な演出で一風変わった医学ドラマという評価を受けて二人の再会に関心が集まっている。

グッド・ドクター あらすじ

KBS2「グッドドクター」のパク・ジェボム作家とキミンスPDがメディカルドラマを企画中だ。 
8月30日KBSドラマ関係者によると、パクジェボム作家とキ・ミンスPDはメディカルドラマ「ブラッド」を準備している。 
しかし、この作品が2015年初めKBS編成を確定したという報道と関連しては、まだ確定されたことは何もないという立場である。 
「ブラッド」の制作会社IOKカンパニー側も2015年初めの放送を計画しているが、日程がまとまったわけではないと述べた。 
現在、製作会社は男主人公のキャスティングを始めている段階だ。

グッド・ドクター(Good Doctor) あらすじは、サヴァン症候群(自閉症や知的障害を持ちながら、ある特定の分野で卓越した才能を発揮する症状)を持つ自閉症の患者。
小学生程度の人格を持つ発達障害の青年パク・シオン(チュウォン)が世の中の偏見を克服し、小児外科専門医へと成長していく過程を描くヒューマン・メディカル・ドラマと紹介できるだろう。

KBS「グッドドクター」、ソウル・ドラマ・アワード(SDA)優秀賞ですでに5冠王!

KBS 2TVドラマ「グッドドクター」(脚本:パク・ジェボム、演出:キ・ミンス、キム・ジンウ)が2014ソウルドラマアワードで優秀賞を受賞した。 
KBSによると、「グッドドクター」はこの日、ソウル国立劇場ヘオルム劇場で開かれたソウルドラマアワーズでミニシリーズ部門、ドラマ優秀賞を受けた。 
「グッド・ドクター」は、今回の受賞で5冠を達成した。 
「グッドド・クター」は、既に韓国PD対象作品賞と百想芸術大賞作品賞をはじめ、6月、世界3大国際賞の一つである第35回バンフワールドメディアフェスティバルでドラマシリーズ部門の最優秀賞であるバンフロッキー賞(The BANFF Rockie Awards)、韓国放送大賞のドラマ部門作品賞を受賞している。

グッド・ドクター キミンスPD

チュ・ウォン、ムン・チェウォン主演「グッドドクター」は、2013年8月から10月まで放送され、視聴率20%以上を記録するなど人気を集めた作品だ。 
自閉症という障害を持った主人公が周囲の偏見と懸念を乗り越え、小児外科医になって堂々と自分の夢を実現していく過程を描いたドラマだ。 
自閉症の症状と一緒に「サーバント症候群」を持った主人公が、小児外科医として小児患者を介して生じ得るさまざまな物語を通して、疎外階層に対する大衆の関心を幅広く牽引するきっかけを提供したという評価を受けた。

「グッドドクター」パク・ジェボム作家、「アメリカCBSリメイクも、SDA受賞もすべてうれしい」

KBS2ドラマ「グッドドクター」のパクジェボム作家がソウルドラマアワーズでの受賞の感想や最近の米国CBSでのリメイク決定などに対する嬉しい心境を伝えた。 
パクジェボム作家は9月4日午後、ソウル中区奨忠洞国立劇場ヘオルム劇場で開かれた第9回ソウル・ドラマ・アワード(Seoul International Drama Awards)2014で、自分が執筆したドラマ「グッドドクター」がミニシリーズ部門優秀賞を受賞した直後、受賞の感想を伝えた。

パク作家は感謝して嬉しい。
また、最近、米国でのリメイクまで決定が決まって感謝して嬉しい気持ちだけだと述べた。 
続いて、実際には、8月までは嬉しい心だけだったが、最近は肩が重くなっていると言いながら笑った。

グッド・ドクター パクジェボム 作家

パク作家は最近、米国CBS側の関係者と会うことになったと言って、アメリカにメディカルドラマはとても多いが、それらとは別の「グッドドクター」で見せてくれた温かいヒューマニズムを特に印象深く見ているようだ。 
その部分については良い言葉をたくさんしてくださったと伝えた。
パク作家は、現在は企画の初期段階だし、米国側と継続的にコミュニケーションをするつもりだと付け加えた。

パクジェボム作家は、ケーブルチャンネルOCNでシーズンを重ねてしっかりとした作品性と、ジャンル的特殊性でマニア層を従えた「神のクイズ」シリーズを執筆した。
それに続き、2013年KBS2で放映された「グッドドクター」を通ってはサーバント症候群を診断された天才医師、パク・シオンを中心とした心温まる物語でメディカルドラマの新しい地平を開いたという評価を受けた。 
「グッドドクター」は、最近メディカルジャンル大国、米国CBSのリメイクが決定したことに続き、ソウル・ドラマ・アワードでは、そうそうたる外国作品狭間の中で受賞に成功するに至った。 
パク・ジェボム作家は2015年初めKBSで新作「ブラッド」(仮題)の放送を控えている。

「グッドドクター」韓国放送大賞短編ドラマ賞受賞、無限の底力

KBS 2TV月火ドラマ「グッドドクター」が作品賞部門短編ドラマ賞を受賞した。 
「グッドドクター」のキミンスPDは9月3日午後3時、ソウル永登浦区汝矣島洞KBSホールで開かれた第41回「韓国放送大賞」授賞式に出席し、放送が終わって1年間を続けて賞を受けて通うようだと受賞所感を明らかにした。 
キミンスPDは、「私たちが主人公シオンに発見したものを多くの方々が一緒に発見してくださったようだ。一緒に努力したPDとチーム長、作家に感謝する。家族にも​​感謝する。家事を手伝えず演出者、監督のように指示だけうる監督ぶりをちょっとでも止める。感謝している」と述べた。 
2013年10月放映終了した「グッドドクター」は、自閉症という障害を持った主人公が周囲の偏見と懸念を乗り越え、病気の子供の世話をする小児外科医になって堂々と自分の夢を実現していく過程を描いた作品である。

グッド・ドクター キ・ミンスPD 
自閉症の症状と一緒にサーバント症候群を持った主人公が、小児外科医として小児患者を介して生じ得るさまざまな物語を介して疎外階層のための国民の関心を幅広く牽引するきっかけを提供した。
韓国PD対象作品賞、百想芸術大賞作品賞などを受賞して放映終了後も続く無限の底力を立証した。 
一方、「韓国放送大賞」は、第51回放送の日を迎え、韓国放送協会が主催、優れた放送番組制作を図り、放送人の創作意欲と士気高揚のために開催された授賞式である。 
授賞式は、作品賞と個人賞に分けて進行され、作品賞28部門ではKBS「時事企画ウィンドウ」の「高位公職者の再就職レポート」など総30編、 
個人賞21部門でKBS 1TV大河ドラマ「鄭道伝(チョン・ドジョン)」チョン・ヒョンミン作家など合計22名が受賞の栄誉に輝いた。

韓国ドラマ「ブラッド(Blood)」あらすじは?なぜPD・作家が有名なのかへの疑問がとれましたか?
神のクイズ、ヴァンパイア検事など、ヒーローを求めている韓国社会の一面が見える傾向でもあるが、ブラッドを通じて人々が癒されて欲しい。
リュドクファン主演の神のクイズやヨンジョンフン主演のヴァンパイア検事も魅力的な作品なので、機会があったらどうぞ。
関連記事